景皇后朱氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

朱皇后(しゅこうごう、? - 265年)は、三国時代の景帝孫休の皇后。諡号景皇后揚州呉郡呉県(現在の江蘇省蘇州市)の出身。母方の祖父は孫権(大帝)。父は朱拠。母は孫魯育(朱公主)。異母兄は朱熊・朱損。

経歴[編集]

呉郡の名門朱氏と公主の娘として生まれる。赤烏年間末、孫休の妃(正室)となった。

太元2年(252年)には孫休が琅邪王として虎林に移ったため朱妃も同行した。同年、孫権の崩御後諸葛恪が政権の中枢に就くと、軍事的要所の虎林に孫休がいることを嫌った諸葛恪によって丹陽に移され、郡役所で生活することになった。翌年、諸葛恪が孫峻によって誅殺されると、諸葛恪派の李衡が保身の目的で丹陽太守に着任し、孫休をしばしば圧迫するような態度をとったという。夫婦は丹陽からの移住を懇願し、会稽郡に移った。

五鳳2年(255年)、孫儀・張怡・林恂らによる孫峻暗殺未遂事件が起き、母が連座して殺害された。孫休にも災いが及ぶ危険があったため、やむなく朱妃は建業に戻り、孫峻の元に出頭した。夫婦は手を取りあい涙ながらに別れたという。しかしこの出頭が功を奏し、朱妃は咎めなく会稽に無事戻ることができた。

永安元年(258年)、孫休が即位すると建業に入り。永安5年(262年)8月16日に立后された。

永安7年(264年)7月に景帝の崩御後、皇太后となった。その遺児が幼少であったので、濮陽興張布が朱太后に相談した際、朱太后は「私は未亡人にすぎず、呉を存続できる人物であれば構いません」と述べ、2人に判断を一任した。

結局2人は、烏程侯の孫皓を擁立した。同年(264年)9月、即位した孫皓によって皇太后の位を落とされた、景皇后、安定宮とも称される。さらに甘露元年(265年)7月、孫皓は彼女を迫害し死に追いやった。人々は死去した場所や葬儀の仕方などから、景皇后の死が病死でないことを知り悲しんだという。定陵にある孫休の陵墓に合葬された。

人物[編集]

おっとりで、優しい淑女風の美人と評されている。また名前が佩蘭と記載されている(『老狐談歴代麗人記』)。

参考文献[編集]