智照院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

智照院(ちしょういん、生年不詳 ‐ 文化十年(1813年))は、江戸時代の女性。徳川家斉側室。名は八百。父は安部正芳。

経歴[編集]

文化十年(1813年)、奥五郎を出産した後、産後の肥立ちが悪く死去。奥五郎も翌文化十年(1814年)に早世。

法名は智照院晧月慧忍大姉。

また、没日については諸説があり十一月八日と十月二日があり、墓碑に十月二日とある。

墓碑にある十月二日は徳川諸家系譜に、お八百が産後、桜田御用屋敷にて療養を始めた日とある。

墓地は東京都文京区伝通院

出典[編集]

  • 徳川家墓碑総覧