智鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

智鳳(ちほう、生没年不詳)は、飛鳥時代から奈良時代にかけて日本で活動した新羅の僧。

703年大宝3年)に智鸞智雄などとともに入唐し、慈恩大師(或いは窺基)の法孫で法相第3祖の濮陽(ぼくよう)大師智周に師事して法相宗を学んだ。

奈良法興寺に住して法相宗を広め、日本における法相宗の第3伝とされる。706年慶雲3年)藤原不比等維摩会を復興した折にはその講師をつとめた。

弟子に義淵がいる。