曙川東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 八尾市 > 曙川東
曙川東
曙川東の位置(大阪府内)
曙川東
曙川東
曙川東の位置
北緯34度36分16.45秒 東経135度37分29.83秒 / 北緯34.6045694度 東経135.6249528度 / 34.6045694; 135.6249528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Yao, Osaka.svg 八尾市
面積
 • 合計 0.19km2
人口
2020年(令和2年)3月31日現在)[1]
 • 合計 2,037人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
581-0020[2]
市外局番 072(八尾MA[3]
ナンバープレート 大阪

曙川東(あけがわひがし)は、大阪府八尾市の地名。現行行政地名は曙川東一丁目から曙川東八丁目。住居表示は未実施[4]

歴史[編集]

令制国一覧 > 畿内 > 河内国 > 若江郡 > 柏村新田
令制国一覧 > 畿内 > 河内国 > 志紀郡 > 二俣新田ほか

宝永元年(1704年)の大和川付け替え後の新田開発により創生された地域である。現在の1,2丁目全域、4丁目北側が柏村新田、4丁目南側と3,5 - 8丁目が二俣新田の範囲。

町名地番改正により大字柏村の大阪外環状線より南側と大字二俣の北側の大半が整理統合されて曙川東となる。

地理[編集]

近鉄恩智駅付近より南側の玉串川の上流沿岸の地域で南北に細長い。天井川の旧河川敷だったため周囲より標高が若干高い。概ね住宅地化されている。

世帯数と人口[編集]

2020年(令和2年)3月31日現在(八尾市発表)の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
曙川東一丁目 50世帯 77人
曙川東二丁目 33世帯 72人
曙川東三丁目 132世帯 352人
曙川東四丁目 205世帯 403人
曙川東五丁目 123世帯 308人
曙川東六丁目 112世帯 246人
曙川東七丁目 92世帯 275人
曙川東八丁目 139世帯 304人
886世帯 2,037人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

2000年(平成12年) 1,738人 [5]
2005年(平成17年) 1,711人 [6]
2010年(平成22年) 1,782人 [7]
2015年(平成27年) 1,746人 [8]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

2000年(平成12年) 610世帯 [5]
2005年(平成17年) 638世帯 [6]
2010年(平成22年) 677世帯 [7]
2015年(平成27年) 672世帯 [8]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる(2020年5月時点)[9]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
曙川東一丁目 全域 八尾市立曙川東小学校 八尾市立曙川南中学校
曙川東二丁目 全域
曙川東三丁目 全域
曙川東四丁目 全域
曙川東五丁目 全域
曙川東六丁目 全域
曙川東七丁目 全域
曙川東八丁目 全域

事業所[編集]

2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[10]

丁目 事業所数 従業員数
曙川東一丁目 13事業所 73人
曙川東二丁目・三丁目 7事業所 14人
曙川東四丁目〜六丁目 4事業所 9人
曙川東七丁目 2事業所 34人
26事業所 130人

交通[編集]

主要道路[編集]

鉄道[編集]

  • 1 - 4丁目あたりは近鉄恩智駅の徒歩圏(1丁目は恩智駅すぐそば)、8丁目あたりはJR志紀駅のほうが近い。

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 町丁字別人口・世帯数(令和2年3月末日現在)” (日本語). 八尾市 (2020年4月9日). 2020年5月6日閲覧。
  2. ^ a b 曙川東の郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月15日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  4. ^ 住居表示の実施区域一覧” (日本語). 八尾市 (2014年5月19日). 2020年5月6日閲覧。
  5. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  6. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  8. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ 住所からの校区一覧”. 八尾市. 2020年5月6日閲覧。
  10. ^ 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果” (日本語). 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  11. ^ 郵便番号簿 2019年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年11月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 平凡社 大阪府の地名II (ISBN 4-582-49028-X) 1004ページ

関連項目[編集]