曵地裕哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
曵地 裕哉 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヒキチ ユウヤ
ラテン文字 HIKICHI Yuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-02) 1990年9月2日(28歳)
出身地 北海道札幌市
身長 192cm
体重 84kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィアティン三重
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2013 コンサドーレ札幌 4 (0)
2014-2016 愛媛FC 0 (0)
2017-2018 鈴鹿アンリミテッドFC 25 (0)
2019- ヴィアティン三重
1. 国内リーグ戦に限る。2019年1月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

曵地 裕哉(ひきち ゆうや、1990年9月2日 - )は、北海道札幌市出身のサッカー選手。ポジションはGK

経歴[編集]

札幌市立厚別中学校時代にJFA主催の2005 GK+ストライカーキャンプの強化メンバーに選抜されるなど頭角を現し、中学卒業後は地元のコンサドーレ札幌U-18に入団した。恵まれた体躯もあって将来性を買われ2007年(高2)、2008年(高3)は2種登録選手としてトップチームの練習に参加していた。札幌U-18時代の同期には松本怜大鶴野太貴がいる。

2008年12月15日、1学年下の古田寛幸と共にトップチームへの昇格が発表された[1]。翌年の新加入選手会見では「数少ないチャンスをモノにしてJリーグデビューを果たしたい」とコメントしていたが、2009年荒谷弘樹2010年高原寿康2011年李昊乗2012年杉山哲が正GKに据えられ、度重なる怪我もあり、プロ入り後の4年間で実現する事はなかった。

2013年は背番号1を与えられ、札幌の選手会長を務める。5月3日J2第12節京都戦で念願の初先発初公式戦出場を果たすも敗戦。10月13日天皇杯3回戦磐田戦では格上となる相手に対し見事完封し勝利に貢献したが、この試合で右手中指骨折の怪我を負い離脱した。シーズン終了後、契約満了により退団[2]

2014年愛媛FCへ移籍。

2017年愛媛FCを退団、鈴鹿アンリミテッドFCに完全移籍。

2019年ヴィアティン三重に移籍[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 札幌 28 J2 0 0 - 0 0 0 0
2010 0 0 - 0 0 0 0
2011 0 0 - 0 0 0 0
2012 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2013 1 J2 4 0 - 2 0 6 0
2014 愛媛 21 0 0 - 0 0 0 0
2015 0 0 - 2 0 2 0
2016 0 0 - 0 0 0 0
2017 鈴鹿 1 東海1部 14 0 - 1 0 15 0
2018 11 0 - 0 0 11 0
2019 三重 JFL -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 4 0 - 4 0 8 0
日本 JFL -
日本 東海1部 25 0 - 1 0 26 0
総通算 29 0 0 0 5 0 34 0

脚注[編集]

  1. ^ コンサドーレ札幌ユースU-18 曵地裕哉選手 2009トップチーム昇格のお知らせ コンサドーレ札幌公式サイト 2008.12.15付ニュースリリース
  2. ^ 曵地裕哉選手 契約満了のお知らせ コンサドーレ札幌公式サイト 2013.11.29付ニュースリリース
  3. ^ 曵地 裕哉 選手 移籍先決定のお知らせ - 鈴鹿アンリミテッドFC公式サイト、2018年12月21日(2019年1月2日閲覧)

関連項目[編集]