書智徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
書智徳
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 持統天皇6年5月20日692年6月9日)?
別名 知徳、氏:文
官位 直大壱
主君 天武天皇持統天皇
氏族忌寸
父母 父:倭漢書県
兄弟 倭漢智由、智徳
塩麻呂
テンプレートを表示

書 智徳(ふみ の ちとこ)は、飛鳥時代の人物。氏は、名は知徳とも書く。のち忌寸倭漢書県の子とする系図がある[1]冠位直大壱。子に塩麻呂がいた。壬申の乱の大海人皇子(天武天皇) 方功臣。

経歴[編集]

弘文天皇元年(672年壬申の乱の勃発時、書智徳は大海人皇子の舎人であり、6月24日に皇子が挙兵を決意して吉野を発った際、草壁皇子忍壁皇子や20人ほどの他の舎人と共に智徳は皇子に当初から従った[2]

天武天皇10年(681年小錦下冠位を与えられる[3]。天武天皇14年(684年八色の姓の制定に伴い、書氏は連姓から忌寸姓に改姓している。また、持統朝に入ってから、壬申の乱の功労により100戸の封戸を与えられている[4]

持統天皇6年(692年)5月20日に直大壱正四位上相当)の冠位と賻物(葬儀の際の贈り物)を贈られた[5]。この日か直前に死んだと推定される。

大宝元年(701年大宝律令が施行された際、大宝令の功封条に従って、かつて智徳に与えられた封戸100戸の1/4が子息に相続され[4]元正朝の霊亀2年(716年)には壬申の乱の功臣の子息として、智徳の子の塩麻呂(位階従七位上)が功田を与えられている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻10,倭漢氏,弟腹
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇元年6月24日条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇10年12月29日条
  4. ^ a b 『続日本紀』大宝元年7月21日条
  5. ^ 『日本書紀』持統天皇6年5月20日条
  6. ^ 『続日本紀』霊亀2年4月8日条

参考文献[編集]

  • 宇治谷孟『日本書紀 (下)』講談社学術文庫、1988年
  • 宇治谷孟『続日本紀 (下)』講談社学術文庫、1995年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年