書簡集 10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さだまさし > さだまさしのディスコグラフィ > 書簡集 10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ
書簡集 10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ
さだまさしライブ・アルバム
リリース
録音 1982年10月7日 - 1982年12月28日
ジャンル ニューミュージック
レーベル フリーフライト
プロデュース さだまさし
チャート最高順位
さだまさし 年表
風のおもかげ
(オリジナル・アルバム)
(1983年11月)

夢ライヴ
谷村新司、さだまさし・ジョイント・ライヴ)
(1982年10月)
書簡集 10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ
(1984年)
Glass Age-硝子の世代-
(オリジナル・アルバム)
(1984年12月)

親展 さだまさし10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ
(ライヴ・アルバム)
(1985年5月)
テンプレートを表示

書簡集 10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ』(しょかんしゅう)は、1984年6月25日にアナログLPで発売されたさだまさしライブ・アルバムである。

解説[編集]

10枚組ライブ・アルバムである。1983年10月7日 - 10月17日24日フェスティバルホール(大阪)、11月23日 - 12月2日10日愛知厚生年金会館および名古屋市民会館12月14日 - 12月28日東京厚生年金会館普門館および昭和女子大学人見記念講堂にて行われたコンサート「10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"」を抜粋・任意に選曲されたライブ・アルバムである。CD化された際にはセットでなくバラ売りされ、それぞれ第一信-第十信と銘打たれた。後に『親展 さだまさし10th ANNIVERSARY 八夜連続コンサート"時の流れに"ライヴ』と銘打たれた2枚組抜粋盤がリリースされた。またこの3公演を合わせたトーク集『時の流れに〈噺歌集Ⅲ〉』(文春文庫)が出版されている。なお大阪公演と名古屋公演の間に当時のバックバンド「ふりーばる~ん」のリーダーでエレキギターの福田幾太郎が交通事故死しており、名古屋公演と東京公演は急遽メンバーに加わった立山健彦による演奏となっている。噺歌集Ⅲにはそのことに触れているトークも入っている。

収録曲[編集]

DISC 1[編集]

SIDE 1[編集]

  1. 無縁坂
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 笑顔同封
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  3. 19才
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. 雪の朝
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  5. 春への幻想
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。

SIDE 2[編集]

  1. 殺風景
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 朝刊
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  3. ひとり占い
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. 女郎花
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  5. 追伸
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。

DISC 2[編集]

SIDE 1[編集]

  1. あこがれ
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 残像
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  3. ほおずき
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. 告悔
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  5. 1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。

SIDE 2[編集]

  1. さよならコンサート
    クラフトへの提供作品のセルフ・カヴァー
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. フレディもしくは三教街〜ロシア租界にて〜
    1983年10月8日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  3. 縁切寺(with 吉田政美
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. 精霊流し(with 吉田政美)
    1983年10月7日 大阪フェスティバルホールでの収録。

DISC 3[編集]

SIDE 1[編集]

  1. きみのふるさと
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 絵はがき坂
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  3. 異邦人
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. 指定券
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  5. 吸殻の風景
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。

SIDE 2[編集]

  1. 多情仏心
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 線香花火
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  3. 童話作家
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. 転宅
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  5. 夕凪
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。

DISC 4[編集]

SIDE 1[編集]

  1. 最后の頁
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  2. 天文学者になればよかった
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  3. パンプキン・パイとシナモン・ティー
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  4. 惜春
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  5. フェリー埠頭
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。

SIDE 2[編集]

  1. 風の篝火
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  2. 歳時記(ダイアリィ)
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  3. 加速度
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  4. 療養所(サナトリウム)
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。

DISC 5[編集]

SIDE 1[編集]

  1. なつかしい海〜My little shore〜
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。
  2. 距離
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。
  3. 検察側の証人
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。
  4. たずねびと
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。
  5. 推理小説(ミステリー)
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。

SIDE 2[編集]

  1. 木根川橋
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。
  2. 関白宣言
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。
  3. 空蝉
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。
  4. 聖夜
    1983年12月24日 東京・普門館での収録。

DISC 6[編集]

SIDE 1[編集]

  1. 分岐点
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  2. 第三者
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  3. 明日檜(あすなろ)
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. 博物館
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。

SIDE 2[編集]

  1. 住所録
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  2. 鳥辺野
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  3. 昔物語
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. 生生流転
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。

DISC 7[編集]

SIDE 1[編集]

  1. あなたが好きです
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  2. 桃花源
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  3. 晩鐘
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. セロ弾きのゴーシュ
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。

SIDE 2[編集]

  1. 虫くだしのララバイ
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  2. 人買
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  3. 片おしどり
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. ひき潮
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。

DISC 8[編集]

SIDE 1[編集]

  1. 北の国から〜遥かなる大地より〜 - 蛍のテーマ-
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  2. 極光(オーロラ)
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  3. 不良少女白書
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. 小夜曲
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂ての収録。

SIDE 2[編集]

  1. 前夜(桃花鳥(ニッポニア・ニッポン))
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  2. 望郷
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  3. 償い
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. 祈り
    1983年12月27日 東京・人見記念講堂での収録。

DISC 9[編集]

SIDE 1[編集]

  1. 道化師のソネット
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 案山子
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  3. 安曇野
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. つゆのあとさき
    1983年10月12日 大阪フェスティバルホールでの収録。

SIDE 2[編集]

  1. 驛舎(えき)
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  2. 天までとどけ
    1983年12月23日 東京・人見記念講堂ての収録。
  3. 胡桃の日
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  4. まほろば
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。

DISC 10[編集]

SIDE 1[編集]

  1. 交響楽(シンフォニー)
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 檸檬
    1983年12月23日 東京・普門館での収録。
  3. しあわせについて
    1983年12月26日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. 黄昏迄
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。

SIDE 2[編集]

  1. 向い風
    1983年10月24日 大阪フェスティバルホールでの収録。
  2. 飛梅
    1983年12月28日 東京・人見記念講堂での収録。
  3. 秋桜
    1983年12月28日 東京・人見記念講堂での収録。
  4. 防人の詩
    1983年12月28日 東京・人見記念講堂での収録。