曹君石甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

曹君石甫(そうくんせきほ)は、春秋時代の第10代の君主(在位前760年)。姓は姫、名は石甫。恵伯の子として生まれた。恵伯の後をうけて曹国の君主となったが、弟の穆公に殺害された。

参考文献[編集]

  • 史記』管蔡世家第五