曹徽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

曹 徽(そう き、生年不詳 - 242年)は、中国後漢末期から三国時代の人物。の皇族。字は不明。父は曹操。母は宋姫。叔父は曹玉

建安22年(217年)、歴城侯に封じられた。

黄初2年(221年)に公へと爵位が昇進した。翌3年(222年)に廬江王となり、さらにその翌年(223年)に寿張王へ国替えとなった。黄初5年(224年)に寿張県王となった。

太和6年(232年)、東平に国替えされ、東平王となった。青龍2年(234年)には、属官に寿張県の役人を鞭打たせていたことが問題となり、所管の役人に上奏された。1県500戸が削られることになったが、同年の内に元通りとされた。

正始3年(242年)、死去。東平霊王と諡された。後は子の曹翕が継いだ。

小説『三国志演義』には登場しない。