曹整

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

曹 整(そう せい、? - 218年)は、中国後漢末期の人物。の皇族。父は曹操。母は李姫。従父は曹紹

郎中であった従父曹紹の後を継いだ。

建安8年(203年)、曹操は袁譚袁紹の長子)と講和した際、袁譚の娘を曹整の妻に迎えた。翌9年(204年)、袁譚が約束違反を起こしたとして、曹操は曹整と袁譚の娘を離縁させ、袁譚の娘を袁譚の元に送り返して講和を破棄した。

建安22年(217年)、郿侯に封じられたが、翌23年(218年)に死去した。

黄初2年(221年)、爵位が郿公に進められ、戴公の諡号を追贈された。このとき、兄弟の曹據の子の曹範が曹整の後を継いだ。

小説『三国志演義』には登場しない。

曹整