曹長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

曹長(そうちょう)とは、主に軍隊等(自衛隊消防等を含む)における下士官中の最上級の階級。また、Sergeant Major(サージェント メージャー)等の日本における訳語でもある。

旧日本陸軍[編集]

明治3年9月18日太政官布達第604号を以て兵部省に設けられた、陸海軍大将乃至陸海軍權曹長の11等級の10番目として陸軍曹長及び海軍曹長が設けられたのが最初である。これらは四等官に倣って官位と分掌事務がセットとなった職員の等級であったが、明治6年5月8日太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級呼称として引き続き用いられ、西欧近代軍の階級呼称の序列に当てはめられることとなった。

大日本帝国陸軍では、曹長は特務曹長軍曹伍長と合わせて下士官のひとつである。同期兵は伍長から軍曹には同時に進級できたが、軍曹から曹長への進級には個人差があった。官吏の等級では、判任官二等にあたる。

日本軍の階級も参照。

旧日本海軍[編集]

旧日本海軍では一等兵曹(1942年からは上等兵曹)がこれに相当した。

自衛隊[編集]

自衛隊では、曹長はの最上級である。陸海空各自衛隊でそれぞれ、陸曹長、海曹長、空曹長と呼称される。准尉(准陸尉、准海尉、准空尉)の下で、1曹(一等陸曹・一等海曹・一等空曹)の上。自衛隊では、長らく1曹を下士官相当階級の最上級として旧陸軍の曹長や旧海軍の上等兵曹に相当する階級とされてきたが、人事運用の改善のため准尉が置かれたのに続き、定年が54歳に延長されたため、1980年(昭和55年)11月29日に曹長の階級が新設された[1]。このため、自衛隊の曹長は旧軍の曹長や上等兵曹のひとつ上位にある階級にあたり、諸外国軍隊における上級曹長や上級上等兵曹に相当するといえる。 なお、2010年平成22年)に「上級曹長階級の新設とともに准尉階級を廃止する」という案があった[2][3]が、2016年現在は白紙に戻っている。

一般隊員が曹長に任じられるのは1曹からの昇任によるが、防衛大学校や一般大学を卒業して幹部候補生を命ぜられた者はこの階級から始まる[4][5]

曹長の階級章及び英訳
区分 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
英訳 陸曹長:Sergeant Major (SGM) 海曹長:Chief Petty Officer (CPO) 空曹長:Senior Master Sergeant (SMSgt)
甲階級章
(海自の右は丙)
JGSDF Sergeant Major insignia (a).svg JMSDF Chief Petty Officer insignia (a).svgJMSDF Chief Petty Officer insignia (c).svg JASDF Senior Master Sergeant insignia (a).svg
乙階級章 JGSDF Sergeant Major insignia (b).svg JMSDF Petty Officer 1st Class insignia (b).svg JASDF Senior Master Sergeant insignia (b).svg

消防曹長[編集]

消防曹長とは、太平洋戦争大東亜戦争終戦直後における消防吏員の階級のひとつ。消防士補の下、消防手の上。5階級中第4位。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「防衛庁設置法等の一部を改正する法律」(昭和55年法律第93号)昭和55年11月29日公布
  2. ^ 防衛大臣指示(「検討の柱」)に基づく具体的検討項目2010年8月26日 防衛省
  3. ^ 我が国の防衛と予算、平成23年度概算要求の概要2010年8月 防衛省
  4. ^ 陸自戦力最前線p86、93
  5. ^ 1980年(昭和55年)11月29日以前は1曹から始まる。

参考文献[編集]

  • 『陸自戦力最前線!! : 陸上自衛隊最精鋭部隊』イカロス出版〈イカロスMOOK. J Ground特選ムック〉、2013年。ISBN 978-4-86320-716-5。

関連項目[編集]