曽於弥五郎インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
曽於弥五郎インターチェンジ
2015年3月撮影(鹿屋方面)
2015年3月撮影(鹿屋方面)
所属路線 E78 東九州自動車道
IC番号 38
本線標識の表記 曽於弥五郎
起点からの距離 40.6 km(夏井IC起点)
野方IC (11.2 km)
(11.1 km) 末吉財部IC/TB
接続する一般道 鹿児島県道71号垂水南之郷線
供用開始日 2010年3月14日
通行台数 x台/日
所在地 899-8102
鹿児島県曽於市大隅町岩川
テンプレートを表示

曽於弥五郎インターチェンジ(そおやごろうインターチェンジ)は、鹿児島県曽於市大隅町岩川にある東九州自動車道インターチェンジ

概要[編集]

加治木JCT方面を望む(2015年3月撮影)

2010年3月14日17時に曽於弥五郎IC - 末吉財部IC間が開通し、供用を開始した[1][2]新直轄方式による開通となるため、下り方面は末吉財部ICまでの区間が無料で通行できる。上りの鹿屋串良JCT方面は2014年12月21日に開通した[3][4][5]

曽於弥五郎IC - 末吉財部IC間は2000年度着工。計画当初は大隅インターチェンジという仮称で、2009年4月28日に名称を曽於弥五郎ICに決定した[6]。「弥五郎」とは曽於市大隅町岩川に伝わる伝説の巨人「弥五郎どん」のこと。

歴史[編集]

周辺[編集]

インターチェンジから東に程近いところが旧・大隅町(岩川)の中心部。同地区には国・県の出先機関もおかれている。

接続する道路[編集]

ギャラリー[編集]

[編集]

E78 東九州自動車道
(37)鹿屋串良JCT - (37-1)野方IC/道の駅野方あらさの - (38)曽於弥五郎IC - (39)末吉財部IC

脚注[編集]

  1. ^ a b 東九州自動車道(曽於弥五郎IC-末吉財部IC)開通時間と開通式典のお知らせ (PDF) 大隅河川国道事務所、2010年3月9日。
  2. ^ a b [東九州道・曽於弥五郎-末吉財部が開通] 南日本新聞、2010年3月15日。
  3. ^ a b 東九州自動車道 鹿屋串良JCT~曽於弥五郎IC 平成26年内に開通します (PDF) - 国土交通省九州地方整備局 大隅河川国道事務所、2014年9月12日。
  4. ^ a b 鹿屋市企画財政部企画調整課『鹿屋市市勢要覧 2011』2011年、8頁。
  5. ^ a b 東九州⾃動⾞道(⿅屋串良JCT〜曽於弥五郎IC),大隅縦貫道(串良⿅屋道路)開通のお知らせ〜⿅屋市と⿅児島市が⾼速道路で繋がります〜 (PDF) - 国土交通省 九州地方整備局 大隅河川国道事務所 2014年11月13日
  6. ^ a b インターチェンジの名称決定! (PDF) 大隅河川国道事務所、2009年4月28日。

関連項目[編集]