曽根平野古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

曽根平野古墳群(そねへいやこふんぐん)は、福岡県北九州市小倉南区にある古墳群で荒神森古墳、円光寺古墳、丸山古墳の3つの古墳を合わせた呼び名である。

荒神森古墳は全長70mの前方後円墳で市内最大規模で周濠もあり、須恵器埴輪も出土している。

円光寺古墳は最近発見され42mの前方後円墳と判明した。

丸山古墳は全長60m前方後円墳で市内で2番目の規模を持っていたが、開発により消滅してしまっている。