曾我尚助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
曾我尚助
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄元年(1558年
死没 寛永3年2月10日1626年3月8日
別名 又六郎、兵庫頭、主計頭、又左衛門
戒名 踈雪
墓所 海禅寺
幕府 江戸幕府
主君 足利義昭織田信雄豊臣秀次秀吉徳川家康秀忠
氏族 曾我氏
父母 曾我助乗、沼田常陸介の娘
滝川雄利の娘、酒井忠次の養女
古祐、俊助、包助、木造俊宣室、松下述久室、渡辺仲室、三宅長利室

曾我 尚助(そが なおすけ)は、戦国時代から江戸時代初期の武将

略歴[編集]

代々室町幕府幕臣の家に生まれ、自身も最初足利義昭に仕えたが、天正元年(1573年)義昭が没落した際にはまだ若かったために従わなかった。その後は織田信雄に仕え、天正18年(1590年)信雄の出羽秋田への配流にも従った。のち信雄の命で徳川家康の元に赴いて信雄の雪免運動を行った。信雄が伊予に移された時にも従ったが、後に豊臣秀吉の命で豊臣秀次の配下となる。文禄4年(1595年)秀次が処刑されると旧領の近江土山に閉居。のち伊勢滝川雄利領に移り、程なく細川藤孝の推挙により伊勢飯野郡に400石を与えられる。

慶長5年(1600年)徳川家康に召され、足利家の故実などを教授する事を求められて1000石で出仕。徳川秀忠配下となり、昼夜問わず近侍するようになる。尚助は足が悪かったが、登城の際には御台所付近までの乗輿を許された。また旧知の覚印周嘉を、博識かつ故実に明るい人物として秀忠に推挙している。覚印は尚助の菩提寺である海禅寺の開基でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]