最も近い・遠い天体の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最も近い・遠い天体の一覧(もっともちかい・とおいてんたいのいちらん)では、宇宙にある天体の中で、最近・最遠のものを挙げていく。

特に断りの無い限り、地球中心からの距離を基準とする。

最も近い天体[編集]

分類 天体名 見かけの距離 実際の距離 赤方偏移 備考
最も近い天体 地球 0
最も近い地球以外の天体 36万3304km 近地点距離。
最も近かった天体 2008 TC3[1]
2014 AA
2018 LA[2]
0 いずれも小惑星として発見された後地球に衝突[3]
衝突しなかった最も近かった天体 US19720810 57km[4] ただし火球として。地球表面からの距離。
衝突しなかった最も近かった小惑星 2011 CQ1[5][6] 5480km 2011年2月4日19時35分(UTC)に地球に最接近。地球表面からの距離。
最も近くなる惑星 金星 3962万km [注釈 1]
最も近くなる地球型惑星 金星 3962万km [注釈 1]
最も近くなる木星型惑星 木星 7億4054万km [注釈 1]
最も近い恒星 太陽 1億4709万km 近日点距離。
最も近い太陽以外の恒星 プロキシマ・ケンタウリ 4.243光年[7][8] 現在の位置。
最も近い太陽系外の天体 プロキシマ・ケンタウリ 4.243光年[7][8] 現在の位置。
最も近くなる恒星 ウォルフ424 1光年 今から7700年後の値。136万年後に接近するグリーゼ710(1.1光年)の方が近づく可能性がある。また、グリーゼ710の方が質量が重いため、重力的影響はグリーゼ710の方が大きい。
最も近い太陽に似た恒星 ケンタウルス座α星A[9] 4.366光年[10]
最も近い巨星 ポルックス 33.78光年
最も近い褐色矮星 WISE J104915.57-531906.1[11] 6.52 ± 0.49光年
最も近い太陽系外惑星 ケンタウルス座α星Bb 4.366光年[12] ただし、存在が疑問視されている[13]
最も近い地球型惑星の太陽系外惑星 ケンタウルス座α星Bb 4.366光年[12] ただし、存在が疑問視されている[13]
最も近い木星型惑星の太陽系外惑星 エリダヌス座ε星b 10.489光年 ラランド21185には、3つの木星型惑星が存在する可能性がある。
最も近い生命がいる可能性のある太陽系外惑星 くじら座τ星e 11.905光年[14]
最も近い惑星が複数ある惑星系 くじら座τ星 11.905光年 ラランド21185系には3つの惑星が存在する可能性がある。
最も近い白色矮星 シリウスB 8.60光年
最も近い中性子星 RX J1856.5-3754[15] 400光年 発見当初は150~200光年と考えられていた。
最も近いブラックホール いっかくじゅう座X-1 3000光年[16] 超高エネルギー宇宙線大気の原子の衝突でマイクロブラックホールが順次生じている可能性がある。
最も近い超新星残骸 ベラ・ジュニア 650 - 700光年 1250年頃超新星爆発を起こしたと推定されている。
最も近い球状星団 ω星団 1万5800光年
最も近い銀河 銀河系 0
最も近い銀河系以外の銀河 おおいぬ座矮小銀河 2万5000光年[17]
最も近い銀河系以外の大銀河 アンドロメダ銀河 254万光年
最も近い電波銀河 ケンタウルス座A 1300万光年
最も近いセイファート銀河 ESO 97-G13 1300万光年
最も近いスターバースト銀河 M82 1150万光年
最も近いブレーザー マルカリアン421 4億3400万光年 4億4100万光年 0.0308
最も近いクエーサー 3C 273 20億4000万光年 21億9600万光年 0.158339[18]
最も近いガンマ線バースト GRB 980425 1億2200万光年 1億2200万光年 0.0085 1. GRB 101225Aは約1万光年で発生した可能性がある。
2. 3万5000光年先にあるW 49Bガンマ線バーストの残骸である可能性がある。
最も近い銀河群 局部銀河群 0
最も近い局部銀河群以外の銀河群 マフェイ銀河群 930万光年 銀河群に属する最も近い銀河であるマフェイ1の距離。
最も近い銀河団 おとめ座銀河団 5800万光年 0.004
最も近い超銀河団 おとめ座超銀河団 0
最も近いおとめ座超銀河団以外の超銀河団 うみへび座・ケンタウルス座超銀河団 1億7600万光年
最も近い銀河フィラメント ペルセウス座・ペガスス座フィラメント 1億7600万光年

最も遠い天体[編集]

分類 天体名 見かけの距離 実際の距離 赤方偏移 備考
肉眼で見える最も遠い天体 さんかく座銀河 272.5万 ± 34.5万光年 アンドロメダ銀河(254万光年)の方が遠い可能性がある。
かつて肉眼で見えた最も遠い天体 GRB 080319B[19] 76億3300万光年 104億9900万光年 0.937 2008年3月19日に30秒間、肉眼で見える6等級を上回り、5.8等級に達する明るさとなった。
人類が到達した最も遠い天体 40万5495km 遠地点距離。
人類が手にした最も遠い物質の母天体 ヴィルト第2彗星 7億9399万km [注釈 1]スターダストが回収。
人工物が着陸した最も遠い天体 タイタン 18億1421万km [注釈 1]ホイヘンス・プローブ
最も遠い惑星 海王星 46億8610万km [注釈 1]
人工物が接近観測した最も遠い天体 冥王星 72億2350万km [注釈 1]ニュー・ホライズンズ
最も遠くなる小惑星 2013 BL76 3561億km
最も遠くなる太陽系内の天体 陳・高彗星 4.9光年 ただし、計算上の話。
最も遠い恒星 MACS J1149+2223 Lensed Star 1[20]
(通称:イカロス)[21]
93億4000万光年 144億光年 1.49 重力レンズで発見された青色超巨星
ガンマ線バーストGRB 090429B の母天体が恒星であると仮定した場合、こちらの方が遠くなる (赤方偏移 9.4、見かけの距離131億7400万光年、実際の距離307億2300万光年)[22]
最も遠い巨星 MACS J1149+2223 Lensed Star 1 [20][21] 93億4000万光年 144億光年 1.49
最も遠い褐色矮星 NGC 4349-127 b 7097光年[23]
最も遠い太陽系外惑星 MOA-2011-BLG-293Lb 2万3300光年[24] 1. ツインクエーサー(138億9000万)で発生した重力レンズ効果は、惑星によるものである可能性がある。
2. アンドロメダ銀河(254万光年)で発生した重力レンズ効果は、惑星によるものである可能性がある。
最も遠い岩石惑星型の太陽系外惑星 OGLE-2005-BLG-390Lb 2万1500光年[25] 質量が5.40MEスーパー・アース
最も遠いガス惑星型の太陽系外惑星 MOA-2011-BLG-293Lb 2万3300光年[24]
最も遠い生命がいる可能性のある太陽系外惑星 ケプラー22b[26] 620光年[27]
最も遠い惑星が複数ある惑星系 OGLE-2006-BLG-109L 4920光年
最も遠い中性子星 GRB 101225A 37億9500万光年 43億7200万光年 0.33 ガンマ線バーストの発生原因の天体としての推定[28]
最も遠いブラックホール ULAS J1120+0641 129億4400万光年 285億9600万光年 7.085 クエーサーの中心部のブラックホールとして。
最も遠い超新星 SN 1000+0216 121億1900万光年 234億9500万光年 3.90[29]
最も遠い銀河 z8_GND_5296[30] 129億9800万光年 290億5000万光年 7.51 分光観測が行われ銀河であることが証明された中で最も遠い天体。
最も遠い電波銀河 TN J0924-2201 125億8100万光年 260億3100万光年 5.19[31]
最も遠いブレーザー Q0906+6930 126億5200万光年 264億7900万光年 5.47
最も遠いクエーサー ULAS J1120+0641 129億4400万光年 285億9600万光年 7.085[32]
最も遠いガンマ線バースト GRB 090429B[22] 131億7400万光年 307億3200万光年 9.4
最も遠い原始銀河団[注釈 2] BoRG-58 131億光年 296億光年 ~8
最も遠い銀河団 ClG J1449+0856 105億5400万光年 175億2200万光年 2.07[33]
最も遠い超銀河団 やまねこ座超銀河団 88億3900万光年 130億2400万光年 1.27[34]
最も遠い銀河フィラメント ClG J2143-4423フィラメント 109億6700万光年 188億5200万光年 2.38 原始銀河団ClG J2143-4423を取り囲む銀河フィラメント。
最も遠い天体 GN-z11 134億光年 320億光年 11.09[35]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 計算上最も近く・遠くなる距離を計算。
  2. ^ ただし正確な距離決定のための分光観測が行われていない。分光観測が行われているものでは、2012年4月24日に発表した、すばる望遠鏡赤経13h14m04s赤緯+27°29′の方向に発見した原始銀河団のz=6.01である。

出典[編集]

  1. ^ MPEC 2008-T50 : 2008 TC3 Minor Planet Center
  2. ^ 直径2mの小惑星がアフリカ南部に落下 アストロアーツ(2018年6月5日)、2019年4月5日閲覧
  3. ^ 隕石と小惑星の関係を初めて実証 ナショナルジオグラフィックス
  4. ^ US19720810 (Daylight Earth grazer) GSNA Archived 2004年3月7日, at the Wayback Machine.
  5. ^ [1]
  6. ^ 2011 QC1 JPL
  7. ^ a b [2]
  8. ^ a b arXiv
  9. ^ [3]
  10. ^ [4]
  11. ^ Discovery of a Binary Brown Dwarf at 2 parsecs from the Sun Penn State Science
  12. ^ a b An Earth mass planet orbiting Alpha Centauri B Nature
  13. ^ a b “太陽系から最も近い太陽系外惑星が消えた!”. ナショナルジオグラフィック. (2015年11月4日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/110200307/ 2016年6月13日閲覧。 
  14. ^ Tau Ceti's planets nearest around single, Sun-like star BBC
  15. ^ AstroArts
  16. ^ Black Hole Encyclopedia Archived 2012年4月1日, at the Wayback Machine.
  17. ^ SEDS
  18. ^ NASA
  19. ^ AstroArts
  20. ^ a b Kelly, Patrick L.; Diego, Jose M.; Rodney, Steven; Kaiser, Nick; Broadhurst, Tom; Zitrin, Adi; Treu, Tommaso; Pérez-González, Pablo G. et al. (2018). “Extreme magnification of an individual star at redshift 1.5 by a galaxy-cluster lens”. Nature Astronomy 2 (4): 334–342. doi:10.1038/s41550-018-0430-3. ISSN 2397-3366. 
  21. ^ a b これまでで最も遠方の単独の星の観測”. 東京大学大学院理学系研究科 (2018年4月3日). 2019年3月12日閲覧。
  22. ^ a b 宇宙の最初期、131億光年先で起きたガンマ線バースト”. アストロアーツ (2011年5月31日). 2019年3月12日閲覧。
  23. ^ Extrasolar Planets Encyclopaedia
  24. ^ a b Extrasolar Planets Encyclopaedia
  25. ^ Extrasolar Planets Encyclopaedia
  26. ^ BBC News
  27. ^ Extrasolar Planets Encyclopaedia
  28. ^ NASA's Swift Finds a Gamma-Ray Burst With a Dual Personality NASA
  29. ^ Superluminous supernovae at redshifts of 2.05 and 3.90 nature
  30. ^ A galaxy rapidly forming stars 700 million years after the Big Bang at redshift 7.51 nature
  31. ^ すばる望遠鏡、125 億光年彼方の銀河に炭素を発見 ~ 宇宙における炭素誕生の謎に迫る ~ - すばる望遠鏡
  32. ^ [5]
  33. ^ ClG J1449+0856 -- Cluster of Galaxies SIMBAD
  34. ^ NAME LYNX SUPERCLUSTER -- Supercluster of Galaxies SIMBAD
  35. ^ P. A.; Brammer, G.; van Dokkum, P.; et al. (March 2016). "A Remarkably Luminous Galaxy at z=11.1 Measured with Hubble Space Telescope Grism Spectroscopy". The Astrophysical Journal819 (2). 129. Bibcode:2016ApJ...819..129O. arXiv:1603.00461 . doi:10.3847/0004-637X/819/2/129.

関連項目[編集]