最上川司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最上川 司(もがみがわ つかさ、年齢非公開)は、日本演歌歌手。世界初の“ヴィジュアル系演歌歌手”として話題となっている[1][2]

2017年時点では、氷川きよし福田こうへいに続く若手男性演歌歌手の1人として注目されている[3]

略歴[編集]

山形県河北町出身[2]

父親の影響で幼い頃から演歌の魅力に引かれていた[4]。小学校低学年のころに出場したカラオケ大会の司会を務めていた大泉逸郎から歌を褒められた[2][5]。その後、大泉は『』で第51回NHK紅白歌合戦に出場を果たす。これが原動力となり、大泉同様に「紅白に出場する」ことが最上川の目標の1つとなっている[5]

高校になるとロックに目覚め[2][4]、ヴィジュアル系ロックバンドD'espairsRayでドラマーTSUKASA(つかさ)として活動する[4]。2011年にD'espairsRayが解散し、改めて演歌を歌いたいと思った最上川は作詞作曲、歌の練習に取り組むが、本格的な演歌歌手には対抗できないと挫折する[2]。そんな時に、THE MICRO HEAD 4N'Sに誘われて再びドラマーとして参加する。THE MICRO HEAD 4N'Sでの活動開始後、半年ほどたった時にリーダーのkazuyaに演歌志望だったことを打ち明けると、kazuyaは「面白い。バンドもやりながら頑張れ」と後押しをした。このことから、デビュー曲「まつぽいよ」が出来上がる[2]2015年6月10日にシングル「まつぽいよ」をリリースし、演歌歌手としてデビューした[6]

なお、演歌しか歌ってこなかったこともあり、自身が歌うとこぶしが回るため、バンド活動では歌唱を封印している[6]

芸名は地元である山形県最上川にちなんで、自らが命名している[6]

山形県のラジオ番組のレギュラーや、地元の自動車販売会社のCM出演もあり、山形での知名度は特に高い[1]

2017年6月11日には、ホテルメルパルク東京で初のディナーショー『最上川 司デビュー2周年記念ディナーショー 〜愛と浪漫をすこだま君に〜』を開催した[7]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • まつぽいよ
    • 2015年6月10日
    • 作詞・作曲:最上川司
    • iTunes歌謡曲演歌部門1位、有線月間お問い合わせ演歌部門1位[5]
    • 「まつぽいよ」は山形弁で「まぶしいよ」の意味。最上川が上京する際に、親から渡された手紙を汽車の中で開くと大金が入っており、親に無理をさせたと泣いた想い出から[2][5]
    • 収録曲(初回盤):まつぽいよ/デジタル慕情/北酒場/まつぽいよ・デジタル慕情・北酒場(オリジナルカラオケ)/まつぽいよ(MV)/ライブ映像/まつぽいよ(振り付けビデオ)
    • 収録曲(通常盤):まつぽいよ/さくらんぼ恋唄/北酒場/まつぽいよ・さくらんぼ恋唄・北酒場(オリジナルカラオケ)
  • ひとひらの桜
    • 2016年2月3日
    • 作詞・作曲:最上川司
    • 爺ちゃんっ子であった最上川が、死に目に会えなかった祖父を、散りゆく山形のの花と重ねる[8]
    • 収録曲(初回盤):ひとひらの桜/最上川慕情/恋の霞城/ひとひらの桜・最上川慕情・恋の霞城(オリジナルカラオケ)【DVD】ひとひらの桜(MV)/ひとひらの桜(振り付けビデオ)/メイキング
    • 収録曲(通常盤):ひとひらの桜/最上川慕情/ひとひらの桜・最上川慕情(オリジナルカラオケ)
  • 君の胸の中に
    • 2016年10月12日
    • 作詞・作曲:松本哲也
    • 収録曲(初回盤):君の胸の中に/あいたいよ/君の胸の中に・あいたいよ(オリジナルカラオケ)【DVD】一周年記念演歌歌謡ショー~真昼の月と闇夜の花~ダイジェスト映像
    • 収録曲(通常盤):君の胸の中に/今は花/君の胸の中に・今は花(オリジナルカラオケ)
  • 司の冷たい肉そば音頭
    • 2018年8月1日
    • 作詞:最上川司、作曲:新屋豊
    • 冷たい肉そばテーマソング。河北町でミュージックビデオの撮影が行われ、河北町の祭囃子チームと公募された河北町の有志約60名が参加している[9]
    • 食べる「そば」と「近く」の意味の「そば」を掛け言葉にしたコミカルな歌詞である[10]
    • 収録曲(初回盤):司の冷たい肉そば音頭/日本のおばけだよ/司の冷たい肉そば音頭・日本のおばけだよ(オリジナルカラオケ)【DVD】演歌歌謡ショー~ただいま故郷!まつぽい山形ぽいぽいぽい~ダイジェスト映像/司の冷たい肉そば音頭(MV)/司の冷たい肉そば音頭(振り付け指南ビデオ)
    • 収録曲(通常盤):司の冷たい肉そば音頭/恋の街/司の冷たい肉そば音頭・恋の街(オリジナルカラオケ)

アルバム[編集]

レギュラー出演[編集]

ラジオ
  • 最上川司 まつぽいらじお (エフエム山形、2016年4月19日〜、MAGIC内番組、第3火曜18:15-18:30)
  • 最上川司とSHUN.のさすけねぇ〜ラジオ! (YBC山形放送、2016年9月29日〜、毎週木曜11:30-11:50)

関連項目[編集]

  • 冷たい肉そば - 河北町名物。PR大使に任命されている[2]。2018年にはテーマソング『司の冷たい肉そば音頭』もリリースされた[9]

出典[編集]

  1. ^ a b 最上川司、世界初の“ビジュアル系演歌歌手”として山形に凱旋”. サンスポ (2016年12月18日). 2017年12月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h ビジュアル系演歌歌手 最上川 司さん”. 山形県庁 (2015年11月6日). 2017年12月12日閲覧。
  3. ^ 川崎浩 (2017年5月22日). “歌唱に神経、共感に/歌詞を大切に集中”. 毎日新聞夕刊. https://mainichi.jp/articles/20170522/dde/012/200/003000c 2017年12月12日閲覧。 
  4. ^ a b c 森昌子がワンオクTaka子育てエピソード披露、V系演歌歌手・最上川司の意外な素顔も”. 音楽ナタリー (2015年8月27日). 2017年12月12日閲覧。
  5. ^ a b c d 「最上川司」ビジュアル系演歌歌手ブレイク!山形なまりでハデハデ衣装とメイク”. J-CAST (2015年8月21日). 2017年12月12日閲覧。
  6. ^ a b c “V系演歌歌手”最上川司、異色の両立で飛躍誓う”. オリコン (2015年6月3日). 2017年12月12日閲覧。
  7. ^ 最上川 司、初のディナーショー開催「新しいシーンを作っていきたい」”. BARKS (2017年6月12日). 2017年12月12日閲覧。
  8. ^ 最上川 司、亡き祖父への想いを桜に重ねた新作「ひとひらの桜」リリース”. BARKS (2015年12月28日). 2018年6月14日閲覧。
  9. ^ a b “ビジュアル系演歌歌手”最上川司、地元山形「冷たい肉そば」の開発に着手”. 音楽ナタリー (2018年7月11日). 2018年10月9日閲覧。
  10. ^ “<冷たい肉そば>ご当地音頭でPR 地元出身のビジュアル系演歌歌手・最上川さん” (プレスリリース), 河北新報, (2018年8月18日), https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180818_52002.html 2018年10月9日閲覧。