最上稲荷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最上稲荷
Saijo Inari 02.JPG
本殿(霊光殿)
所在地 岡山県岡山市北区高松稲荷712
位置 北緯34度42分32.24秒
東経133度50分0.28秒
座標: 北緯34度42分32.24秒 東経133度50分0.28秒
山号 最上稲荷山
宗派 日蓮宗
本尊 久遠実成本師釈迦牟尼仏
最上位経王大菩薩(祈祷本尊)
創建年 (伝)天平勝宝4年(752年
開基 (伝)報恩大師
正式名 最上稲荷山妙教寺
別称 最上稲荷
高松稲荷
文化財 本堂ほか(国の登録有形文化財)
霊應殿(市指定文化財)
公式HP 最上稲荷妙教寺
法人番号 8260005000466 ウィキデータを編集
最上稲荷の位置(岡山県内)
最上稲荷
テンプレートを表示
大鳥居

最上稲荷(さいじょういなり)は、岡山県岡山市北区にある日蓮宗の寺である。正式名称は、最上稲荷山妙教寺。所在地が岡山市高松地区であることから高松稲荷(たかまついなり)と称されることもある。本尊は久遠実成本師釈迦牟尼仏、祈祷本尊は最上位経王大菩薩[1](稲荷大明神)。

歴史のある寺院であるが、第二次大戦後一時日蓮宗より独立(昭和29年(1954年)7月24日)し、最上稲荷教総本山妙教寺となっていたが、平成21年(2009年)7月に日蓮宗に復帰した。

岡山県周辺域においては伏見豊川に並ぶ日本三大稲荷の一つとされることがある[2]

歴史・概要[編集]

岡山県内で唯一、明治初年の廃仏毀釈の被害を逃れた所といわれ、日蓮宗系「神仏習合」の祭祀形態を現在も残す。

本尊[編集]

祈祷本尊は最上位経王大菩薩(稲荷大明神)。最上位経とはすなわち法華経のことである。像容は右手に鎌、左肩に稲束を背負い、白狐にまたがる天女の姿をしており、稲荷神の本地とされる荼枳尼天の像容とその特徴を同じくする。

創建伝承[編集]

寺伝によれば、報恩大師が天平勝宝4年(752年)に孝謙天皇の病気平癒の勅命を受けて、吉備山中の八畳岩で修法し、最上位経王大菩薩を感得、天皇は全快したことに始まるという。

また後に桓武天皇の病気平癒祈願の功徳により、寺院建立の寄進申し出があった。これにより大師が霊地を求めていたある日、最上位経王大菩薩より「備中国、龍王山麓に堂宇を定むるべし」との宣告があり、このことを天皇に進言。天皇はその祈願所としてさっそく龍王山神宮寺を寄進創建した。これが現在の妙教寺であるという。

近世以降[編集]

羽柴秀吉の中国進攻の際に戦火により焼亡するも、江戸時代初期の慶長6年(1601年)この地を治めた旗本花房職之関東地方より日円聖人を招聘し、「稲荷山妙教寺」として再興した。このときに天台宗から日蓮宗へ改宗した。

寛保元年(1741年)に建立された霊応殿本殿(旧本殿)は岡山市重要文化財に指定されている。現在の本殿(霊光殿)は昭和54年 (1979年) に建造された。明治14年(1881年)に建立された根本大堂は老朽化のため、平成18年(2006年)に移転、修復された。2009年、本堂(根本大堂)など33件が国の登録有形文化財に登録された。

なお、昭和26年の宗教法人法の施行に伴い、信徒や有識者の勧めにより、妙教寺の第23世の稲荷日宣の代にして昭和29年7月に、宗教法人・最上稲荷教として日蓮宗から独立、包括法人を組織したが、55年後の平成21年7月24日、26世稲荷日應の判断により、傘下の寺院とともに日蓮宗に復帰した。日蓮宗には一般の寺院として復帰したが、「最上稲荷総本山」の通称は、引き続き使用される。初詣シーズンには毎年岡山県下最大の参拝客(約60万人)で賑わう。

年表[編集]

  • 1950年(昭和25年) - この年、山火事が発生し、仁王門を焼失[3]
  • 1958年(昭和33年) - この年、仁王門を再建[3]
  • 1972年(昭和47年) - この年、岡山市高松[注 1]大鳥居(高さ 27.5 m 、柱の直径 4.6 m 、重さ 2800 t)を建立[4]
  • 1985年(昭和60年) - この年、大鳥居の塗り直しが行われる[4]
  • 2009年(平成21年) - 4月1日、岡山市が政令指定都市に移行。これに伴い、所在地の地名が岡山市高松稲荷から岡山市北区高松稲荷になる。
  • 2013年(平成25年) - 12月3日、老朽化した仁王門の改修工事が終了、記念式典[3]
  • 2014年(平成26年)

文化財[編集]

岡山市指定重要文化財[編集]

  • 霊応殿本殿

国の登録有形文化財[編集]

  • 山門
  • 仁王門 … 高さ 11 m 、幅 12 m、奥行き 12m の石造り[5]
  • 本堂
  • 客殿および庫裏
  • 寒松軒
  • 太鼓楼および渡廊下
  • 宝光閣
  • 御厩舎
  • 御水舎
  • 鐘楼
  • 清正公堂
  • 霊応殿前殿
  • 霊応殿拝殿
  • 霊応殿経王殿
  • 五社天王社
  • 朝日天王社
  • 日車天王社
  • 荒熊天王社
  • 秀義天王社
  • 末廣天王社
  • 信受・照両天王社
  • 羽弥御崎天王社
  • 大乗天王社
  • 縁引天王社
  • 妙正天王社
  • 夜守天王社
  • 三光天王社
  • 六社天王社一富天王社
  • 六社天王社大元鬼天王社
  • 六社天王社白糸天王社
  • 六社天王社福恵天王社
  • 六社天王社福崎天王社
  • 六社天王社夜守天王社

旧末寺[編集]

  • 真如山妙福寺(函館市元町)
  • 蓮華院(相模原市緑区三井)
  • 法華山示現寺(藤沢市用田)
  • 清寿山立徳寺(名古屋市緑区梅里)
  • 釜戸信友教会(瑞浪市釜戸町)
  • 大祥寺(桑名市東方船着町)
  • 桜妙山蓮岳寺(赤穂市塩屋)
  • 龍昌院(西脇市和田町)
  • 陽田山経王寺(米子市陽田町)
  • 太生山一心寺(岡山市南区妹尾)
  • 蓮照院(津山市福渡町)
  • 三原教会(三原市中之町)
  • 府中教会(広島県府中市高木町)
  • 明照庵(福山市道三町)
  • 龍華院(嬉野市塩田町五町田甲)

周辺施設[編集]

交通アクセス[編集]

公共交通機関[編集]

自家用車利用[編集]

※大型駐車場有り(有料・値段は季節等によって異なる)。なお、初詣および節分などのシーズンにおいては周辺道路が非常に渋滞するので、最上稲荷の公式ホームページ[参 1]お正月の交通規制についてを参照のうえ迂回するのが望ましい。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 岡山市北区高松の当時の地名。
  2. ^ かつては天満屋バスステーションからの路線バスが運行されていたが、2018年9月1日から運行休止となった。この路線は最上稲荷周辺の交通規制のため正月三が日は運休となり、前述の備中高松駅からの臨時バスが路線バスの代替となっていた。

参照[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『吉備の国寺社巡り 2011年版』 山陽新聞社/発行 2011年 6ページ
  2. ^ 三大稲荷の選定には諸説あり一定していない。伏見稲荷大社では、「三大稲荷は地域により異なる」として、三大稲荷の三社を限定することはしていない。豊川では他の2箇所を「伏見祐徳」としているが、一方で豊川が3大のひとつとしている祐徳では他の2か所を「伏見・最上」としている。[要出典]
  3. ^ a b c “最上稲荷仁王門の改修終了 関係者ら式典、通り初め”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2013年12月3日). オリジナルの2013年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131205083602/http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013120311535272/ 2014年6月7日閲覧。 
  4. ^ a b c “岡山・最上稲荷の大鳥居化粧直し 塗装終了、荘厳な赤銅色再び”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2014年9月24日). http://www.sanyonews.jp/article/72820/1/?rct=okayama1 2014年9月28日閲覧。 
  5. ^ a b “ドーム屋根、仁王門よみがえる 岡山・最上稲荷で落慶法要”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2014年4月12日). http://www.sanyonews.jp/article/2192/1/ 2014年6月7日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『吉備の国寺社巡り 2011年版』 山陽新聞社/発行 2011年