最上 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最上
軽巡洋艦時代(1935年)
軽巡洋艦時代(1935年)
基本情報
建造所 呉海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
艦種 重巡洋艦
級名 最上型
艦歴
発注 マル1計画
起工 1931年10月27日[1]
進水 1934年3月14日[1]
就役 1935年7月28日[1]
最期 1944年10月25日 レイテ沖海戦で大破、雷撃処分
除籍 1944年12月20日
要目
排水量 基準:11,200トン(新造時)
基準:12,200トン(1943年)
全長 200.6 m
最大幅 20.6m
吃水 6.9 m(新造時)
機関 ロ号艦本缶大型8基、同小型2基
艦本式タービン4基4軸
出力 154,226馬力(新造時公試成績、標準全力)[2]
160,912馬力(全力公試)
速力 35.961 ノット (新造時公試成績)[2]
36.486ノット(全力公試)[2]
34.735ノット(1937年公試成績)
燃料 重油:2,280トン
航続距離 14ノットで8,000海里
乗員 竣工時定員944名[3]
兵装

竣工時
15.5センチ3連装砲塔5基15門
(1939年に20.3センチ連装砲塔5基10門と交換)
12.7センチ連装高角砲4基8門
61センチ3連装魚雷発射管4基12門
25mm連装機銃4基
13mm連装機銃2基

1943年
20.3センチ連装砲塔3基6門
12.7センチ連装高角砲4基8門
61センチ3連装魚雷発射管4基12門
25mm3連装機銃10基
装甲 舷側:100mm 弾薬庫:140mm 甲板:35〜60mm
搭載機 竣工時:3機(カタパルト2基)
1943年:11機(同2基)
テンプレートを表示
アメリカ海軍情報部が作成した最上の識別図

最上(もがみ)は、日本海軍重巡洋艦最上型重巡洋艦の1番艦[4]。日本海軍の艦名としては1908年(明治40年)竣工の通報艦最上に次いで2代目[5]第四艦隊事件後の船体強化、太平洋戦争前の主砲の換装、ミッドウェー海戦後の航空巡洋艦改装と3度の大幅な改修が行われ、戦闘中に二度の衝突事故に見舞われた艦でもある。1944年10月のレイテ沖海戦で西村艦隊の一員としてスリガオ海峡に突入して大破し、雷撃処分された。

艦歴[編集]

建造~太平洋戦争開戦まで[編集]

1922年(大正11年)のワシントン海軍軍縮条約で戦艦や空母に保有制限がかかった結果、日欧米の加盟各国は制限のない条約型巡洋艦の建造を進めた。日本海軍は旧式艦の軽巡龍田天龍球磨多摩を重巡4隻に置換する計画を進めたが[6]、1930年(昭和5年)のロンドン海軍軍縮会議で重巡の保有トン数が制限されたため、主砲を50口径20.3cm連装砲塔から60口径三年式15.5cm3連装砲に変更し、将来的に主砲を換装できる巡洋艦の建造を計画した[7]。これが最上型である。前型の高雄型重巡洋艦に比べて艦橋を小型化し、機関部や61cm三連装魚雷発射管など最新の技術を導入した[2]。同様の経緯および本型に対抗する意味を含め、イギリスはサウサンプトン級軽巡洋艦を、アメリカはブルックリン級軽巡洋艦を建造した[7]

こうして最上は二等巡洋艦として、呉海軍工廠で1931年(昭和6年)10月27日に起工した[1][8]1932年(昭和7年)8月1日、山形・最上川から最上と命名され、艦艇類別等級表の二等巡洋艦に最上型が新設された[9][10]

1934年(昭和9年)3月14日に進水した[1]が、2日前に水雷艇友鶴が転覆する友鶴事件が発生し、友鶴と同じ藤本喜久雄少将が設計した最上型の工事も急遽中断され確認を行った。1935年(昭和10年)3月20日の公試運転で排水量12,669トン、154,266軸馬力で36ノットを発揮するが、推進器附近の外鈑に亀裂が見つかり砲塔が旋回困難となった[11]。最上型は敷設艦八重山や潜水母艦大鯨等の建造で得た電気溶接の技術を艦全体で採用したが技術的に途上の部分があり、砲塔のリングサポート(リングバルクヘッド)を高角砲甲板に直接溶接した結果、船体の歪みが甲板を伝ってリングサポートを変形させたと判明した[12][2]

その後の公試運転では4月10日に66,009馬力で30.868ノット、6月10日に100,403馬力で33.522ノットを記録した。竣工は約2か月遅れて7月28日になり、呉鎮守府籍に編入した。8月10日の公試では128,989馬力で35.036ノットを記録した[2][1]。竣工後、呉警備戦隊の旗艦を重巡加古と交代で務めた。

最上は第四艦隊に所属したが、9月26日に三陸沖での演習で第四艦隊事件に遭遇しカタパルトに固定していた水上機が大破、前部構造物の垂直鋼板がひずんで第二砲塔が旋回不能となった[13][12]。このため竣工からわずか2か月で大改修が必要になった。1936年(昭和11年)3月-4月、呉警備戦隊の旗艦を潜水母艦長鯨と交代で務めた。

1939年(昭和14年)、最上は呉海軍工廠で主砲を50口径20.3cm連装砲塔5基に換装する工事に着手した[14][15]。この工事で性能上は一等巡洋艦(重巡洋艦)になったが、対外的には戦没まで15.5センチ砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)で通した。この換装工事で2番砲塔の砲身が1番砲塔との間に入りきらなくなり、常に軽い仰角をかけることになった[16]1940年(昭和15年)5月1日、第七戦隊に編入された。1941年(昭和16年)に海南島に進出し、仏印進駐作戦を支援した[14]

太平洋戦争緒戦[編集]

太平洋戦争開戦時、熊野、鈴谷、三隈、最上の第七戦隊(栗田健男少将)は第二艦隊(南方部隊、近藤信竹中将)指揮下で南方作戦に投入された[17]南遣艦隊(馬來部隊、小沢治三郎中将)に所属し、マレークチンボルネオ島)、パレンバンなど、マレー作戦蘭印作戦における上陸作戦を支援した。

1942年(昭和17年)3月1日未明、ジャワ島への上陸作戦を支援するため三隈、駆逐艦敷波とバンタム湾を警戒中、所属する第三護衛隊の軽巡名取が輸送船団に接近する米重巡ヒューストンと豪軽巡パースを発見、各艦に集合を命令した。最上は三隈と共に両艦を捕捉、砲雷撃し撃沈した。この際、最上が発射した魚雷が今村均陸軍中将らが乗る陸軍特殊船神州丸と輸送船2隻に命中し大破、輸送船佐倉丸と第二号掃海艇が沈没した。山本五十六大将は後日、最上と三隈、敷波に感状を贈った[18]

馬来部隊は4月6日、ベンガル湾で通商破壊作戦に従事した。三隈、駆逐艦天霧と共に南方隊を編制、商船5隻を撃沈した。4月22日、呉に帰投した[14]

ミッドウェー海戦[編集]

日本海軍は5月にミッドウェー島攻略作戦を発動し、最上は第二艦隊(攻略部隊・近藤信竹中将)の支援隊(第七戦隊、駆逐艦荒潮朝潮、給油艦日栄丸)に配属された。5月26日にグァム島に到着、28日に出航し、29日に占領部隊(輸送船団、第二水雷戦隊)と合流し、ミッドウェー島へ向かった[19][20]。写真からは1番砲塔の天蓋に日の丸を描いていたのが確認できる。

6月5日のミッドウェー海戦で、日本軍は空母赤城加賀蒼龍飛龍を失った。連合艦隊は夜戦で米機動部隊の撃滅を企図し、ミッドウェー島の航空戦力を夜間のうちに破壊することを第二艦隊に命じ、近藤中将は支援部隊に実行を命じた。第七戦隊は支援隊は最大戦速(35ノット)で進撃し、外洋での高速航行に同行できない荒潮、朝潮は、遅れて追随した[21][22]

だが午後9時15分、山本五十六連合艦隊司令長官は第七戦隊を含む攻略部隊と南雲機動部隊に連合艦隊主力部隊との合流を命じ、午後11時55分にミッドウェー攻略作戦の中止と各艦隊の撤退を命じた。第七戦隊は反転から約1時間20分後、アメリカの潜水艦タンバーと遭遇し、回避運動中に最上と三隈が衝突した(後述)。栗田中将は連合艦隊に『最上前進の見込み立たず、三隈支障なし』と報告し、三隈と最上にトラック島への退避を命じた[23][24][25]

最上は艦首が圧壊したが、猿渡正之運用長らの応急作業で速力14ノット程度で前進可能となった[26][27]。6月6日、ミッドウェー島からB-17爆撃機SB2Uビンジゲーター6機、SBDドーントレス6機が爆撃し、至近弾1発で戦死2名・負傷者数名が出た。7日午前5時、最上と三隈は荒潮朝潮と合流した[28][29][30]

空母ホーネットからF4Fワイルドキャット8機、SBDドーントレス26機、空母エンタープライズからF4F12機、SBD31機が発進した[31]。一連の空襲で三隈が沈没、最上は爆弾5発(資料によっては6発)を被弾した。1発目は五番砲塔に命中し砲員全員が戦死、四番砲塔の砲員18名中無傷は2名だけだった。飛行甲板に命中した一弾は水上偵察機3機を吹き飛ばし、火災を発生させた。内籐力水雷長が飛行甲板下の全魚雷を射出放棄し、誘爆を回避した。最上では乗員91名が死亡している。最上と朝潮、荒潮は三隈の乗員を救助し、8日午前4時に第二艦隊と合流した[32][33][34]

近藤長官は損傷した最上・朝潮・荒潮に、熊野、鈴谷、第18駆逐隊(不知火陽炎)の護衛をつけてトラック泊地回航を命じ、14日朝に到着した。最上は工作艦明石の支援で、仮設艦首を装着するなどの応急修理に入った[35][36]。6月25日、戦隊司令官に西村祥治少将が就いた[37]。8月5日、最上と明石は駆逐艦雪風時津風の護衛で出港、最上は11日に佐世保に到着した[38][39]。最上は25日に第七戦隊を外れ、艦首の修理やレーダー装備の増設などの工事に入った[40][41]

航空巡洋艦への改装[編集]

航空巡洋艦に改装後の最上。あ号作戦に向けサンベルナルジノ海峡を通過中
後部砲塔を撤去して、繋止用航空甲板を設置した後の最上の船体後部、水上機・偵察機が繋止されている

ミッドウェー海戦で主力空母4隻を喪失した日本海軍は12月下旬、最上の航空巡洋艦改造の工事命令を出した。佐世保工廠で後部の四、五番砲塔を撤去し、水上偵察機繋止用航空甲板や航空機用の燃料タンクを増設し、搭載機は瑞雲11機を予定した。発艦はカタパルトで30分以内に全機発進可能な能力を計画していた。水上機待機甲板と発艦甲板に段差があった利根型重巡洋艦と異なり、本型の艦体後部は平坦で、近代の駆逐艦や巡洋艦のヘリ甲板を彷彿させる外観になった。改造にあたって、スウェーデン海軍の航空巡洋艦ゴトランド(1934年竣工)を参考にした可能性がある。また25mm三連装機銃を10機装備(改造前より18挺増備)した[42][43][44]

  • 実際に搭載したのは1944年(昭和19年)中頃までは零式水上偵察機4機、零式水上観測機3機の計7機で、上限の11機を搭載したことはなかったとみられる。マリアナ沖海戦とレイテ沖海戦では5機だった[45][36]
  • 日本海軍は空母不足を補うため、最上型と利根型の空母改装も検討していた。完全改装した場合は飛行甲板195×23.5m、搭載機數約30機、改装予定9か月と試算している。実際には竣工済みの重巡は空母に改装されず、建造中の伊吹が空母に設計変更された[46]

中南太平洋での戦い[編集]

1943年(昭和18年)4月末に工事は完了した。第一艦隊に配属された後、5月1日に佐世保から呉に回航し、17日に第三艦隊第七戦隊に復帰した。アリューシャン方面作戦のため横須賀に移動後、再び内海西部へ戻った。6月8日、柱島泊地で戦艦陸奥の爆沈に遭遇、米潜水艦の奇襲と判断して対潜攻撃を行うが、誤って爆雷2個を投下した[47][14][48]

6月30日、アメリカ軍はニュージョージア諸島レンドバ島に上陸を始めた。7月8日、第三艦隊(小沢治三郎中将)指揮下の空母4隻(瑞鶴翔鶴瑞鳳沖鷹)、水上機母艦日進、重巡3隻(利根筑摩、最上)、軽巡2隻(大淀阿賀野)、駆逐艦6隻(萩風磯風涼月初月玉波)は内地を出撃、15日にトラック泊地に到着した。このうち玉波を除く駆逐艦と巡洋艦はラバウルに進出したが、萩風と嵐をラバウルに残して他はトラックに戻った[49][50]。以後、最上は主に中部太平洋で行動した。

ブーゲンビル島の戦いを支援するため第二艦隊(栗田健男中将)の指揮する遊撃部隊(重巡愛宕高雄摩耶・鈴谷・最上・筑摩、軽巡能代、駆逐艦藤波早波・玉波)が11月5日にラバウルへ進出したが、直後に米機動部隊(サラトガ、プリンストン)による大規模な空襲を受けた。最上は爆弾1発を1-2番砲塔間の上甲板右舷に被弾し、戦死19名、負傷者37名(または41名[51])を出した[52][53][36]。前部右舷水線付近に破孔が生じたため高速を出すことができず、昼間は12ノット、夜間は10ノットでトラックへと向かった[54]。8日に鈴谷、駆逐艦島風・玉波と共にトラック泊地に戻り、明石の支援で修理を行った[55][14]。12月16日、駆逐艦・玉波と共にトラック泊地を出発。最上と玉波は21日に呉に到着し、最上は22日から呉工廠で修復に入った[56]1944年(昭和19年)1月1日、第七戦隊から外れた。

2月17日に修理が完成し、3月8日に物資を搭載して呉を出港、シンガポールを経て16日にリンガ泊地に到着した[14]。同日、第七戦隊(利根、筑摩、熊野、鈴谷)に復帰し、23日に同戦隊第二小隊4番艦となった[57]。25日、戦隊司令官に白石萬隆少将が就いた[58]

6月中旬のマリアナ沖海戦で最上は小沢機動部隊に配備された(編制はマリアナ沖海戦参照)。24日、呉に帰投した。7月8日に呉を出撃し、20日にリンガ泊地に進出。重巡妙高羽黒と訓練を行った[14][59]

レイテ沖海戦、沈没[編集]

スリガオ海峡海戦で交戦中の最上(上)と扶桑(下)(1944年)

10月中旬以降の捷号作戦は、第一遊撃部隊第三部隊(西村祥治中将)に戦艦山城扶桑、駆逐艦4隻(満潮山雲朝雲時雨)と共に参加した。1944年(昭和19年)10月22日午後3時、第三部隊はブルネイを出撃し、速力18ノットでスリガオ海峡へ向かった[60][61]

24日午前2時と午前7時未明、最上は計3機の水上偵察機を射出した。午前10時前、第三部隊は米機動部隊艦載機約26機の空襲を受け、最上は機銃掃射で戦死傷者8名を出した。最上は水偵の残り2機を発進させ、ミンドロ島に向かわせた。偵察機は正午にレイテ湾で戦艦4、巡洋艦2、駆逐艦2、輸送船80、南部に飛行艇母艦1、飛行艇15、その南方に魚雷艇14、駆逐艦4隻と報告し、ミンドロ島の基地に帰投した[62][36]

同日午後7時、最上は湾口の魚雷艇を掃討するため満潮、山雲、朝雲と共に艦隊を先行。午後11時過ぎに交戦し、魚雷艇を撃退した。この時山城または扶桑から誤射され、戦死者3名を出した。25日未明、艦隊は米魚雷艇等から雷撃を受け、午前3時半までに扶桑と満潮、山雲が沈没、朝雲が大破した。山城と最上、時雨が前進を続けたが、アメリカ軍はジェシー・B・オルデンドルフ提督の戦艦・巡洋艦・駆逐艦がレーダー射撃で迎撃し、山城は沈没、時雨も撤退した。最上は魚雷は回避したが、直撃弾で3番主砲を破壊され、艦中央部は大火災となった[63][64][36]

3時45分、最上は前方の発砲閃光に向けて魚雷4本を発射し、煙幕を張って3時57分に反転、南下退却を始めた。炎上する艦で藤間良艦長は、レイテ島に座礁して乗組員を陸戦隊とする方針を告げた。中野信行航海長は「われわれは、海峡に入口まで来ていると思います。われわれは船乗りです。艦を捨てることはできません」と北上を上申したが、藤間艦長は「そんなこと言っても君、たいまつを背負って(炎上した状態で)突入は無理だ」と諭した。4時2分、艦橋に直撃弾を受け、藤間艦長以下司令部が壊滅した。砲術長の荒上義一少佐が指揮を執ったが、機関が故障して速力が低下し、魚雷や弾丸が誘爆を起こした[65][66]

志摩清英中将の指揮する第二遊撃部隊がスリガオ海峡に到着したが、旗艦の重巡那智が最上と衝突した(後述)。志摩中将は第二遊撃部隊の反転を決断し、駆逐艦を最上の護衛に就けた。最上の通信装置は壊れていたため、曙が通信を代行した。日の出後、両艦は断続的に空襲を受けた。蒸気が噴出して機関科員は退去し、8時30分頃に航行不能、消火の手立てもなくなった。9時以降の空襲で爆弾2発が命中(米軍は魚雷2本も命中と報告)、重油タンクが破壊され前部が炎上。10時30分、総員退去が決まった。曙は危険を冒して最上の左舷後部に接舷、乗組員を移乗させ、午後0時30分に魚雷1本を発射。午後1時7分、最上は左舷から転覆して沈没した[67][66][68][69]

最終的に最上の戦死者は190名、負傷者は125名に達した[70]。10月26日、曙はマニラに到着し、最上生存者は同地に上陸した。その後、最上乗員のうち595名がフィリピンの地上戦に投入された(マニラの戦い[71][72]

11月21日、第七戦隊は解隊された[73]。12月20日、最上は帝国軍艦籍から除籍された[74]

2019年9月9日、海底の最上の残骸が調査船ペトレルにより同年5月8日にスリガオ海峡の海底1450メートル地点にて発見されたことが発表された。

二度の衝突事故[編集]

艦首を損傷した最上。

最上は太平洋戦争中、二度の衝突事故に見舞われた。1度目はミッドウェー海戦で第七戦隊で行動中だった。先頭の旗艦熊野が右45度前方にアメリカの潜水艦タンバーを発見、左45度一斉回頭を命令。回頭後に再び潜水艦を発見し、二度目の左45度緊急回頭を命じた。しかし、後続艦が2度目の回答が新規命令か1度目の命令の確認かで混乱し、後続の鈴谷は45度、熊野と3番手の三隈は90度転針した。隊列が乱れ、三隈の左舷中央部に最上の艦首が衝突した[24][23]

2度目はレイテ沖海戦で、スリガオ海峡に到着した志摩艦隊が午前4時15分、炎上する最上を発見した。志摩艦隊の那智は、最上が停止していると誤認し、面舵を取って前を通過しようとしたが、最上は8ノットで前進しており、那智の左舷に艦首が接触した。衝突は那智の誤射が原因という証言もある。当時、那智艦内で『敵の戦艦らしき艦影、左前方大火災。止めをさす』という放送があり、那智は右に回頭しつつ魚雷8本を発射、最上が魚雷を回避するため面舵に転舵し衝突したという[75][76][77]。最上は羅針盤を応急修理する間、志摩艦隊とも離れてしまった。発令所長は「陸戦隊にはなれない。海軍軍人は艦に乗ってこそ役に立つ人々であり、艦を乗り換えて奉公したい」と上申し、荒上砲術長も同意して南進を続けた[66]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』114-117頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 鮫島具重 大佐:1934年3月14日[78] - 1935年2月1日[79]

艦長[編集]

  1. 鮫島具重 大佐:1935年2月1日[79] - 11月15日[80]
  2. 伊藤整一 大佐:1935年11月15日[80] - 1936年4月15日[81]
  3. 小林徹理 大佐:1936年4月15日[81] - 12月1日[82]
  4. 高塚省吾 大佐:1936年12月1日[82] - 1938年4月20日[83]
  5. 千葉慶蔵 大佐:1938年4月20日[83] - 1939年11月15日[84]
  6. 伊崎俊二 大佐:1939年11月15日[84] - 1941年1月8日[85]
  7. 有賀武夫 大佐:1941年1月8日[85] - 1941年9月10日[86]
  8. 曽爾章 大佐:1941年9月10日[86] - 1942年11月10日[87]
  9. 佐々木静吾 大佐:1942年11月10日[87] - 1943年4月14日[88]
  10. 相徳一郎 大佐:1943年4月14日[88] - 1944年4月10日[89]
  11. 藤間良 大佐:1944年4月10日[89] - 1944年10月25日(戦死、海軍少将)[90][91]

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • 飯尾憲士『艦と人 海軍造船官八百名の死闘』集英社、1983年7月。ISBN 4-08-772441-7。
  • 板倉光馬『どん亀艦長青春記 伊号不沈潜水艦長の記録』光人社NF文庫、1995年2月。ISBN 4-7698-2075-5。 1935年7月から最上勤務。
  • 大内健二「第3章 航空巡洋艦」『航空戦艦「伊勢」「日向」 航空母艦と戦艦を一体化させた恐るべき軍艦 付・航空巡洋艦』光人社NF文庫、2014年6月。ISBN 978-4-7698-2834-1。
  • 奥宮正武『太平洋戦争と十人の提督(上)』朝日ソノラマ、1983年8月。ISBN 4-257-17030-1。
  • 奥宮正武「9 栗田健男中将 ― 終始前線で苦闘した海の武将 ―」『太平洋戦争と十人の提督(下)』朝日ソノラマ、1983年8月。ISBN 4-257-17031-X。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 亀井宏『ミッドウェー戦記 さきもりの歌』光人社、1995年2月。ISBN 4-7698-2074-7。
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年。
  • 古村啓蔵ほか『重巡十八隻 軍縮条約が生んだ最先端テクノロジーの結晶』潮書房光人社、2015年4月。ISBN 978-4-7698-1590-7。
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9。
  • 竹本定男『海軍下士官兵 重巡・那智』R出版、1971年11月。
  • 永井喜之・木俣滋郎「第2部 第二次世界大戦/日本編 第12章 日本重巡洋艦「最上」」『新戦史シリーズ撃沈戦記・PARTII』朝日ソノラマ、1988年10月。ISBN 4-257-17223-1。
  • 庭田尚三「1.巡洋艦の巻」『元海軍技術中将 庭田尚三述 建艦秘話』船舶技術協会、1965年9月。
  • 福田幸弘『連合艦隊 サイパン・レイテ海戦記』時事通信社、1981年7月。ISBN 4-7887-8116-6。
  • 藤田千代吉ほか『証言 昭和の戦争*リバイバル戦記コレクション6 ミッドウェーの海に鋼鉄の浮城が燃えている』光人社、1990年7月。ISBN 4-7698-0504-7。
    • 連合艦隊の守護神・第八駆逐隊「朝潮」艦橋からの血戦レポート-藤田千代吉(測距員)「ミッドウェーの海に鋼鉄の浮城が燃えている」
  • ゴードン・ウィリアム・プランゲ著、千早正隆訳『ミッドウェーの奇跡 上巻』原書房、2005年。ISBN 4-562-03874-8。
  • ゴードン・ウィリアム・プランゲ著、千早正隆訳『ミッドウェーの奇跡 下巻』原書房、2005年。ISBN 4-562-03875-6。
  • 文藝春秋編『完本・太平洋戦争(下)』文藝春秋、1991年12月。ISBN 4-16-345930-8。
    • 吉田俊雄『レイテ沖海戦の全貌』/江崎寿人(海軍主計大尉、山城主計長)『戦艦・山城の生存者わずか十名なり』/西川昭美(最上通信兵)『重巡最上血染めの戦闘詳報』
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 ミッドウェー海戦』第43巻、朝雲新聞社、1971年3月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書88 海軍戦備(2) 開戦以後』朝雲新聞社、1975年10月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』朝雲新聞社、1976年8月。
  • 雑誌「丸」編集部『丸スペシャルNo122 重巡最上型/利根型』(潮書房、1987年)
  • 『写真 日本の軍艦 重巡Ⅲ 最上・三隈・鈴谷・熊野・利根・筑摩・海防艦』第7巻、雑誌『』編集部/編、光人社、1990年2月。ISBN 4-7698-0457-1。
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集12 重巡 最上・三隈・鈴谷・熊野・利根・筑摩』雑誌『』編集部/編、光人社、1997年5月。ISBN 4-7698-0782-1。
    • 宮崎良純「夜戦の雄 "重巡三隈" バタビア沖の勝鬨 敵巡洋艦二隻に砲撃と雷撃の乱打を浴びせた"バタビア沖"勝利の海戦記!
    • 川井哲夫「スリガオ海峡の悲劇 "最上"の死闘 暗夜のスリガオ海峡に轟く砲戦の爆発のたけり ――壮烈、鬼神も哭く"最上"始末記
  • 丸編集部編『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6。
    • 元最上航海長・海軍大佐山内正規『七戦隊三隈と最上の衝突 ミッドウェー海戦もうひとつの悲劇
    • 元「最上」高角砲指揮官・海軍大尉輿石辯『西村部隊「最上」スリガオ海峡の死闘』
  • 「丸」編集部編「曾爾章 重巡最上出撃せよミッドウエー」『巡洋艦戦記 重巡最上出撃せよ』光人社、2011年8月(原著1990年)。ISBN 978-4-7698-2700-9。
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.38 最上型重巡』(学習研究社、2002年) ISBN 4-05-602880-X
  • 雨倉孝之「ラバウル空襲 栗田艦隊の災厄」『丸別冊 太平洋戦争証言シリーズ1 空白の戦記 中・北部ソロモンの攻防戦』潮書房、1985年、313-321ページページ
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和9年度海軍予算査定資料』。Ref.A09050137200。
    • 『第3501号 6.10.27』。Ref.C05110623200。
    • 『官房第575号 9.2.8呉海軍工厰に於て建造の軍艦最上進水の件』。Ref.C05034228200。
    • 『第1001号 10.4.13最上三隈船体部補強工事に伴ひ工事予定変更に関する件』。Ref.C05034228500。
    • 『昭和17年8月10日.昭和20年7月13日 内令及び海軍公報(軍極秘)/内令昭和19年10月~12月(4)』。Ref.C12070203800。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030046200。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030046300。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030046400。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030046500。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030046600。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030046700。
    • 『昭和16年12月13日~昭和17年3月26日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030046800。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウエー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030040400。
    • 『昭和17年6月1日〜昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030040100。 表題は『あ号作戦』だが昭和17年6月二水戦日誌収録。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年8月31日 呉鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030325100。
    • 『昭和17年5月1日〜昭和17年8月31日 呉鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030325200。
    • 『昭和17年8月1日〜昭和17年8月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030337800。
    • 『昭和17年10月1日〜昭和17年10月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(4)』。Ref.C08030339400。
    • 『昭和17年12月1日〜昭和17年12月31日 佐世保鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030340900。
    • 『昭和18年4月1日〜昭和18年4月30日 佐世保鎮守府戦時日誌(5)』。Ref.C08030344100。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030047200。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030047300。
    • 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030047400。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030767200。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030767300。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030767400。
    • 『昭和17年7月1日~昭和17年10月5日 第7戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030767500。
    • 『昭和17年9月11日~昭和18年7月22日 軍艦日進戦闘詳報(2)』。Ref.C08030586800。
    • 『昭和18年9月1日〜昭和19年3月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030085800。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030101400。
    • 『昭和18年12月1日〜昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101800。
    • 『昭和18年9月1日~昭和18年9月30日 佐伯防備隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030408700。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年4月30日 軍艦熊野戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030572000。
    • 『昭和19年10月18日~昭和19年10月25日 軍艦最上戦闘詳報』。Ref.C08030575400。
    • 『第1表/2.1944年10月18日以降増援兵力』。Ref.C14061098700。
    • 『昭和15年12月25日現在10版内令提要追録第8号原稿/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13071993800。
    • 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071974300。
    • 『昭和16年6月30日現在10版内令提要追録第9号(上)原稿:巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071997700。
    • 『昭和15年12月25日現在10版内令提要追録第8号原稿/ 巻1/第6類機密保護』。Ref.C13071993000。
    • 『昭和17年8月10日. 昭和20年7月13日 内令及び海軍公報(軍極秘)/昭和20年1月』。Ref.C12070204000。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『最上|二等巡洋艦|190.50|18.20|4.50|8,500|33.0節|9|昭和6-10-27|9-3-14|10-7-28|15.5c/m…15 12.7c/m高角8|發射管12|探照燈3(機関略)』
  2. ^ a b c d e f #庭田、建艦秘話29-31頁
  3. ^ 昭和10年1月30日付 海軍内令 第29号改正、海軍定員令「第50表ノ2 二等巡洋艦定員表 其ノ5」。この数字は飛行科要員を含み特修兵を含まない。
  4. ^ #艦艇類別等級表(昭和15年12月25日)p.2『艦艇類別等級表|軍艦|巡洋艦|二等|最上型|最上、三隈、鈴谷、熊野』
  5. ^ 幕末以降帝国軍艦写真と史実p.92『最上(もがみ)【初代】 艦種 通報艦 一檣(信號用) 艦名考 川名に採る、最上川は羽前の大河にして南置賜郡吾妻山の大日嶽に發源し、上流にては松川と云ひ、下流海口に近づき酒田川と呼ばる。艦歴 明治40年3月3日三菱長崎造船所に於て起工、同年9月16日竣工、大正元年一等砲艦に編入(中略)昭和3年4月1日除籍。』
  6. ^ #昭和9年度海軍予算査定資料p.15『昭和六年補充計畫被代艦調』
  7. ^ a b #撃沈戦記II152頁
  8. ^ #第3501号p.3『六、一〇、二七(宛略)第一中型巡洋艦 本日 呉工廠ニ於テ起工セリ 二十七日』
  9. ^ #達昭和7年8月p.7『達第百五號 艦艇製造費ヲ以テ昭和六年度ニ於テ建造ニ着手ノ二等巡洋艦二隻ニ左ノ通命名セラル|昭和七年八月一日 海軍大臣岡田啓介|呉海軍工廠ニ於テ建造 八千五百噸級巡洋艦 最上モガミ|三菱長崎造船所ニ於テ建造 八千五百噸級巡洋艦 三隈ミクマ』
  10. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.68『昭和七年八月一日(内令二四五)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 軍艦、巡洋艦、二等ノ部中夕張ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |最上型|最上、三隈』
  11. ^ #ハンディ判艦艇写真集12p.9(昭和10年3月20日寫眞)
  12. ^ a b #艦と人100-102頁
  13. ^ #どん亀艦長青春記77頁
  14. ^ a b c d e f g #ハンディ判艦艇写真集12p.34(重巡洋艦『最上』行動年表)
  15. ^ 写真日本の軍艦第七巻38-39頁
  16. ^ #ハンディ判艦艇写真集12p.15(昭和18年4月、最上正面寫眞)
  17. ^ #十人提督(下)304-305頁
  18. ^ 昭和18年1月27日(水)海軍公報(部内限定)第4301号 pp.13-14』 アジア歴史資料センター Ref.C12070429400 『○感状 蘭印部隊 第三護衛隊 第七戰隊第二小隊及敷波 昭和十七年二月爪哇攻略作戰ニ際シ第十六軍主力ノ乗船セル船團ヲ上陸點爪哇島西部地區ニ護衛スルニ當リ各部隊ハ周到ナル計畫ト緊密適切ナル協同ノ下ニ屡來襲スル敵潜水艦飛行機ヲ撃攘シ特ニ三月一日未明船團泊地進入直後之ヲ奇襲セントシテ侵入シ來レル米豪巡洋艦二隻及驅逐艦二隻ヲ發見スルヤ各隊協力善戰奮闘シ遂ニ敵ヲ殲滅シテ克ク護衛ノ任ヲ全ウセルハ其ノ功績顕著ナリト認ム 仍テ茲ニ感状ヲ授與ス 昭和十七年十二月八日 聯合艦隊司令長官 山本五十六』
  19. ^ ミッドウエイ作戦43頁
  20. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦179-180,266-271頁、付図第二
  21. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦443-444、465-467頁、ミッドウエイ作戦40頁
  22. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、116頁
  23. ^ a b 戦史叢書ミッドウェー海戦 449-450、471-478、489-490頁
  24. ^ a b プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、149頁
  25. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』556-557頁
  26. ^ #ハンディ判艦艇写真集12p.12(日栄丸洋上補給中最上艦首寫眞)
  27. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』557-560頁
  28. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、152頁
  29. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦491-492頁
  30. ^ #重巡洋艦戦記67-72頁
  31. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、169-170頁
  32. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦499,517-518頁、ミッドウエイ作戦43-44頁『(チ)六月七日〇六四五以後「ミツドウエイ」の西方約五〇〇浬に於て三隈最上及8dgは敵艦上機の連續攻撃を受け三隈は直撃彈數發を蒙り遂に沈没し最上は直撃彈六發を蒙り航行困難となつた、8dg各艦も夫々命中彈を蒙つたが戰闘航海には支障はなかつた(リ)最上は被害甚大であつたが應急處置適切に行はれ危機を脱し六月八日〇四〇〇救援の爲急行した攻略部隊主力に収容せられた其の後8dg護衛の下に「トラツク」に回航應急修理の上内地に回航した』
  33. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』575-578,590頁
  34. ^ #ハンディ判艦艇写真集12 pp.12-13
  35. ^ 戦史叢書ミッドウェー海戦526,537頁、#あ号作戦日誌(4) p.19、ミッドウエイ作戦57頁
  36. ^ a b c d e #撃沈戦記II154-160頁
  37. ^ 昭和17年6月25日(発令6月25日付)海軍辞令公報(部内限)第889号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085900 
  38. ^ #戦史叢書(62)74頁
  39. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』596頁
  40. ^ #S1704七戦隊日誌(3)p.33『(二)第二小隊(最上) 八月五日應急修理完成一二〇〇佐世保ニ向ケ「トラック」発 八月十一日〇九〇〇佐世保着修理ニ従事 八月二十五日第七戰隊ヨリ除カル』
  41. ^ #S1708佐鎮日誌(1)p.14『(一)作戰地ヨリ入港セル左記艦船ニ對スル整備工事ヲ實施セリ 彌生、瑞鳳、神川丸、睦月、文月、荒潮、伊良湖、掃十一( )最上、水無月、呂六十五、六十七潜、伊一六八潜』、#S1710佐鎮日誌(4)pp.21-22『二十八日海軍大臣(宛略)官房機密第一三四〇五號 軍艦羽黒、最上對空見張所光學兵器新設ノ件訓令』
  42. ^ #戦史叢書海軍戦備(2)102頁
  43. ^ #S1712佐鎮日誌(5) pp.14-15『二十四日海軍大臣(宛略)官房機密第一五七九七號(略) (イ)砲煩關係(一)四、五番二十糎砲塔及同彈藥關聯装置撤去/(二)豫備射撃指揮所撤去/(三)十三粍二聯装機銃二基ヲ二十五粍二聯装機銃二基ト換装/(四)二十五粍三聯装機銃四基増備/(五)二十五粍機銃射撃装置二基増備/(六)二十五粍機銃○彈藥○置三組増加|(ロ)水雷關係 發射豫備指揮所位置變更|(ハ)電氣關係 兵装艤装改装ニ伴フ整備及改善工事|(二)無線關係 (一)電波探信儀新設(二)方位測定機移装|(ホ)航海及光學關係(一)後部轉輪羅針儀室位置變更/(二)氣象作戰室新設/(三)後部見張所位置變更|(ヘ)航空關係(位置)現装ノ水偵四機及飛行機操作甲板ノ軌道等撤去/(二)十四試水偵十一機搭載竝ニ同操作軌道装備|(ト)船體關係(位置)飛行機操作甲板ノ増設(以下略)』p.63『二十九(天候略)(略)一.左記工事施行方受領(イ)最上改装(官房機密第一五七九七號)(以下略)』
  44. ^ #ハンディ判艦艇写真集12pp.30-31
  45. ^ 『軍艦メカ3 日本の重巡』133頁
  46. ^ #戦史叢書海軍戦備(2)22頁、戦史叢書ミッドウェー海戦636-637頁
  47. ^ #S1804佐鎮日誌(5)pp.6-7『十九日大海参第一部長(宛略) (略)二.四月三十日附(追加)最上ヲ第一艦隊ニ附属ス(六月一日附第七戰隊ニ編入ノ豫定)』
  48. ^ #佐藤 艦長続編(文庫)347-349頁
  49. ^ #S1701八戦隊日誌(6)p.18『…翌十日機動部隊指揮官指揮ノ下ニ第八戦隊ヲ率ヰ0600同地發1230沖ノ島出撃「トラック」ニ回航15日着急速補給ヲ完了機動部隊第一部隊(8S 61dg)及第三部隊(日進)ヲ率ヰ14S(那珂)ヲ併セ指揮シ16日早朝「トラック」發ニテ搭載人員ヲ「ミレ」方面ニ輸送ノ予定ナシリ所…』p.40『…出撃前日(23日附)4dg南東方面部隊編入ノGF電令ニ接シタルヲ以テ不取敢第一部隊ヨリ除キ第十戦隊司令官所定ニ依リ磯風ノ魚雷弾薬等ヲ同隊ニ移載ノ上第一部隊ハ24日0915「ラバウル」ヲ出撃セリ…』
  50. ^ #木俣空母486-488頁
  51. ^ ラバウル空襲、320ページ
  52. ^ #内南洋群島方面海軍作戦(1)p.26『又前進部隊も南東方面に於いて我航空部隊の挙げた戦果に策應して敵艦隊に打撃を與へる目的を以て十一月三日トラツク發五日ラボールに進出したが其の進出直後敵機動部隊の攻撃を受け愛宕、高雄、摩耶、筑摩、最上、阿賀野、能代及び藤波は夫々直撃彈又は至近彈に依り相當の損害を被り即時ラボールを出港トラツクに帰投したがこれ等の損害の爲海上部隊自体も當分戦斗不可能の状態に陥った。』
  53. ^ #叢書96ガ島撤収後382,396-401頁
  54. ^ ラバウル空襲、321ページ
  55. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.45『八日1325(司令官)7SYB(宛略)7S機密第081325番電 7S(熊野欠)島風玉波ヲ率ヰ「トラツク」着』
  56. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.14『(3)32dg(玉波)十六日YB電令第一七號ニ依リ修理ノ爲最上ト共ニ「トラック」発二十一日呉着待機修理ニ從事』p.47『二一日一一五〇最上(宛略)最上、玉波、呉着』、#S1809一水戦日誌(3)p.8『二.九驅(霞)ハ前月末二四航戰司令官ノ指揮ヲ受ケ二八一空ノ輸送ニ協力中GF電令作第二一八號北方部隊信令第四四〇號一水戰機密第一四〇六三〇番電ニ依リ最上艦長ノ指揮ヲ受ケ一六日以降同艦ノ護送ニ任ジタル後二一日同任務ヲ終リ水雷部隊ニ復帰ス』p.40『二二(天候略)一.〇八三〇 九駆(霞)舞鶴着/二.〇九三〇21dgハ2sfヲ護衛「トラック」着』
  57. ^ #S1812熊野日誌(3)p.25
  58. ^ 昭和19年3月25日(発令3月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1388号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096900 
  59. ^ #レイテ最上詳報pp.6-7『十月十八日捷一號作戰發動セラレ1YBハ二十日「ブルネイ」泊地着二十一日第三部隊ヲ前項ノ如ク編制セラレタリ 2Sハ十月上旬「リンガ」泊地進出、最上ハ5Sノ指揮下ニ、4dgハ10Sトシテ「あ」號作戰以降「リンガ」泊地ニ在リテ訓練ヲ行ヒツヽアリタルモノニシテ、第三部隊トシテノ総合訓練ノ機會皆無情況ニ於テ戰場ニ臨ミタリ』
  60. ^ #レイテ最上詳報p.7『1YB主力ハ二十二日〇八〇〇ブルネイ出撃、第三部隊ハ同日一五三〇同泊地ヲ出撃、主力ト別動シ「バラバック」水道通過スルー海、ミンダナオ海ヲ經テ二十五日〇一〇〇スリガオ水道通過〇三五〇ドラッグ沖ニ突入セリ同航速力概ネ一八節 二十二日及二十三日特ニ「バラバック」水道通過時ハ基地航空隊ノ厳重ナル對潜對空直衛ノ掩護モアリ敵潜敵機ニ遭遇スルコトナク無事航行セリ』
  61. ^ #完本太平洋戦争下91頁
  62. ^ #レイテ最上詳報p.7『二十四日「スルー」海中部ニ於テ〇八五〇敵潜望鏡ヲ發見續イテ敵艦上機二七機ノ來襲(爆撃竝ニ機銃掃射)ヲ受ケタルモ扶桑後部ニ爆彈一命中観測機一機炎上後部ニ破口ヲ生ジタル外大ナル被害ナシ敵ハ観測機竝ニ偵察機ノ破壊ヲ企圖セリト認メラルヽ節アリ(最上ハ飛行甲板ニ機銃掃射ヲ受ケタリ)』p.13『〇二〇〇|第三部隊命令ニ依ル第一偵察機一機發進「レイテ」灣内敵情黎明偵察』『〇七〇〇|飛行機二機射出發艦 2F基地(サンホセ)ニ向フ』p.14『〇九四〇|敵機近迫降爆竝ニ機銃掃射實施/(一)至近弾団發ヲ認メタル外命中彈ナシ/(二)機銃掃射ニ依リ戰死二、負傷六/(三)敵TBF一機撃墜確認(單独砲火)/(四)扶桑艦尾ニ爆彈命中 fk×1炎上、艦尾ニ破口ヲ生ゼルヲ認ム』『〇九五〇|飛行機二機射出發艦 2F基地(サンホセ)ニ向ハシム(二三〇〇發艦豫定ノ觸接機)』『一二〇〇|第一偵察機上空皈着 最上及(旗艦)山城ニ左ノ要旨ノ報告球投下後2F基地ニ向フ 「レイテ」灣内T×80 B×4 C×2 d×2 「ドラッグ」南方約二〇浬ニ(飛行艇)×15 水上機母艦一 更二南方二〇浬魚雷艇14 d×4』p.24『第一偵察機|二四日一二〇〇最上 (旗艦)山城|レイテ灣敵情(略図)|報告球』
  63. ^ #レイテ最上詳報 p.8『一九〇〇最上及d×3先行、ソコト灣内魚雷艇掃蕩ニ向ヒタル處、二三一五魚雷艇三隻前方一〇〇〇〇米ニ待機中ナルヲ發見、交戰セリ』p.9『〇三三〇迄ノ間扶桑及d×3(山雲朝雲満潮)被雷 扶桑及朝雲ハ航行停止セリ、山雲情況不明ナルモ直チニ沈没セルモノノ如シ 満潮ハ山雲ノ側衛トシテ尚航行ヲ續ケタリ 最上ハ魚雷艇一隻ヲ撃破セリ』p.16『〇三四〇|二〇糎砲彈ト思ハルルモノ三番砲及中部附近ニ命中中部大火災 爾後應急員及関係者ヲ以テ消火ニ努ム』pp.51-56『別紙第一 船體兵器機關主要被害ノ經過』
  64. ^ #完本太平洋戦争下96-99頁
  65. ^ #レイテ最上詳報 p.9『〇三四五發砲ノ閃光ニ對シ發射(四本)反轉煙幕ヲ展張南下ス』p.10『南下中、被彈ノ爲艦長以下多數戰死、左内軸ノ他運轉不能、左内軸亦在室不能ノ儘同轉ヲ續ケ約十八節ニテ航行セルモ次第ニ速力低下セリ、中部ニテ魚雷五本爆發、機銃彈、高角砲彈誘爆ス』p.17『〇四〇二|艦橋被彈 艦長 副長 航海長 通信長 水雷長 其ノ他艦橋竝ニ防空指揮所人員大部戰死』pp.51-56『別紙第一 船體兵器機關主要被害ノ經過』
  66. ^ a b c #重巡洋艦戦記223-232頁
  67. ^ #レイテ最上詳報p.11-12『灣口ニテ2YBヲ發見(旗艦)那智ヨリ曙ヲ護衛艦トシテ派遣セラル』『〇八三〇全ク航行停止復舊ノ見込ナシ此ノ頃消防ポンプ「ビルヂポンプ」等總テ使用不能中部火災消火シ得ズ』『〇九〇二敵艦爆一七機ノ急降下爆撃ヲ受ク残存砲火ヲ以テ撃退ニ努メタルモ舟首及舟尾ニ各一彈命中セリ 舟首(一番砲塔右舷外側ヨリ侵入)ノ一彈ハ重油「タンク」ヲ破砕大火災トナレリ、一番火藥庫ハ甲板ノ屈曲ト合シ破損ノ爲注水不能、手動「ポンプ」ヲ以テ注水シアリタルモ注水量尠ク危機切迫セリ 護衛艦曙(七駆司令乗艦)ハ四周ヲ警戒シアリ且最上送信機故障ノ爲情況ハ逐一曙ヨリ1YB 2YB長官宛報告シアリタルモ一〇三〇總員退去ノ已ムナキニ到リ、機密圖書ヲ處分ス 曙ハ危険ヲ冒シ最上ノ左舷後部ニ横付乗員ヲ収容セリ 一二一五 七駆司令ヨリ最上航行不能大火災總員退去處分スベキ旨GF長官外各部ニ報告一二三〇魚雷一本ヲ以テ處分一三〇七沈没セリ』p.19『一二三〇|曙魚雷發射(一本)左舷中部ニ命中 前甲板水面ニ達スル頃前部爆發甲板屈曲シ左舷ニ轉覆シツツ前部ヨリ海中ニ没入ス』
  68. ^ #撃沈戦記II161-164頁
  69. ^ #サイパン・レイテ海戦記226頁
  70. ^ #レイテ最上詳報pp.32-34『二.被害(イ)人員』
  71. ^ #レイテ最上詳報p.12『爾後乗員ハ曙ニテ二六日二四〇〇「キャビテ」ニ揚陸』
  72. ^ #10月18日以降増援兵力p.1『(方面)北比|(地區)マニラ|(所轄)最上|(進出期日)(編制期日)一九四四.一〇.二五|(員數)五九五』
  73. ^ 昭和19年11月29日(発令11月21日付)海軍辞令公報(甲)第1655号 p.53』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102000 
  74. ^ #内令昭和19年10月〜12月(4)p.33
  75. ^ #海軍下士官兵204-206頁
  76. ^ #重巡十八隻186-188頁
  77. ^ #レイテ最上詳報p.10『〇四一五2YBノ突入ヲ認ム、那智ハ最上ヲ炎上停止セルモノト認メ北方ニ向ケ發射後面舵反轉最上ノ前方ヲ脱過セントセルニ最上ノ右舷前部ニ同航對勢ニテ觸觸セリ(直ニ離ル)觸衝ノ寸前、最上先任将校砲術長ハ艦長、副長、航海長以下幹部多數戰死セルヲ知レルモ、砲戰中ナルガ爲取敢ズ操舵長ニ操舵續行ヲ命ジ、士官室士官生存者ヲ調査セシメアリシ處那智ノ觸衝ヲ受ケタリ、此ノ頃敵ノ砲撃已ミ近傍ニ敵ナキヲ認メ艦橋ニ到リ操艦ニ任ゼリ』p.17『〇四一五|味方妙高級巡洋艦右舷ヲ反航スルヲ認ム』-『〇四二〇|右巡洋艦右舟首ニ追突シ直ニ離ル〔右ハ那智ナリ〕外舷少シク屈曲船體ニ激動ヲ感ゼルモ航行状態ニ著變ナシ(浸水状況不明)地点「ヒブリン」島(189)ノ二二六度一〇七浬』
  78. ^ 昭和9年3月15日(木)官報第2159号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ6
  79. ^ a b 昭和10年2月2日(土)官報第2424号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ6
  80. ^ a b 昭和10年11月16日(土)官報第2663号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ8
  81. ^ a b 昭和11年4月16日(木)官報第2784号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ6
  82. ^ a b 昭和11年12月2日(水)官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ20-21
  83. ^ a b 昭和13年4月20日(発令4月20日付)海軍辞令公報(部内限)号外第171号 p.32』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073700 
  84. ^ a b 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.22三川補職、p.24千葉免職、p.30伊崎補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  85. ^ a b 昭和16年1月8日(発令1月8日付)海軍辞令公報(部内限)第579号 p.9』 アジア歴史資料センター Ref.C13072080200 
  86. ^ a b 昭和16年9月10日(発令9月10日付)海軍辞令公報(部内限)第708号 p.21』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082000 
  87. ^ a b 昭和17年11月10日(発令11月10日付)海軍辞令公報(部内限)第982号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088000 
  88. ^ a b 昭和18年4月15日(発令4月14日付)海軍辞令公報(部内限)第1093号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090500 
  89. ^ a b 昭和18年4月10日(発令4月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1418号 p.20』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097200 
  90. ^ 昭和20年3月13日(発令10月25日)海軍辞令公報(甲)第1744号 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.C13072103800 
  91. ^ 海軍少将藤間良外十三名叙位の件 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.A12090746500 

関連項目[編集]