最優秀中継ぎ投手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

最優秀中継ぎ投手(さいゆうしゅうなかつぎとうしゅ)は、日本野球機構投手タイトルの一つ。

シーズンを通して、ホールドポイント(HP)数が最も多い選手が表彰される。

概要[編集]

1996年からセントラル・リーグでは、リリーフポイント(RP)数による「最優秀中継ぎ投手」として表彰。パシフィック・リーグでは、旧ホールド数による「最多ホールド投手」として表彰。2002年よりセ・パともにタイトル名称が「最優秀中継ぎ投手」となっている。2005年よりセ・パともに新ホールド+救援勝利のホールドポイント数による選考に統一された。

歴代受賞者[編集]

年度 セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
選手名 所属球団 RP 選手名 所属球団 ホールド
1996 河野博文 読売ジャイアンツ 12.45 島崎毅 日本ハムファイターズ 16
1997 島田直也 横浜ベイスターズ 24.75 橋本武広 西武ライオンズ 25
1998 落合英二 中日ドラゴンズ 19.70 吉田修司 福岡ダイエーホークス 21
1999 岩瀬仁紀 中日ドラゴンズ 28.15 藤井将雄 福岡ダイエーホークス 26
2000 岩瀬仁紀 中日ドラゴンズ 26.20 藤田宗一 千葉ロッテマリーンズ 19
2001 木塚敦志 横浜ベイスターズ 28.40 吉田修司 福岡ダイエーホークス 19
2002 石井弘寿 ヤクルトスワローズ 34.60 森慎二 西武ライオンズ 32
2003 岩瀬仁紀 中日ドラゴンズ 31.15 森慎二 西武ライオンズ 26
2004 岡本真也 中日ドラゴンズ 24.80 建山義紀 北海道日本ハムファイターズ 13
年度 選手名 所属球団 HP 選手名 所属球団 HP
2005 藤川球児 阪神タイガース 53(7勝46H) 菊地原毅 オリックス・バファローズ 36(3勝33H)
2006 藤川球児 阪神タイガース 35(5勝30H) 武田久 北海道日本ハムファイターズ 45(5勝40H)
加藤武治 横浜ベイスターズ 35(8勝27H)
2007 久保田智之 阪神タイガース 55(9勝46H) 薮田安彦 千葉ロッテマリーンズ 38(4勝34H)
2008 久保田智之 阪神タイガース 37(6勝31H) 川崎雄介 千葉ロッテマリーンズ 31(2勝29H)
2009 山口鉄也 読売ジャイアンツ 44(9勝35H) 攝津正 福岡ソフトバンクホークス 39(5勝34H)
2010 浅尾拓也 中日ドラゴンズ 59(12勝47H) B.ファルケンボーグ 福岡ソフトバンクホークス 42(3勝39H)
攝津正 福岡ソフトバンクホークス 42(4勝38H)
2011 浅尾拓也 中日ドラゴンズ 52(7勝45H) 平野佳寿 オリックス・バファローズ 49(6勝43H)
2012 山口鉄也 読売ジャイアンツ 47(3勝44H) 増井浩俊 北海道日本ハムファイターズ 50(5勝45H)
2013 S.マシソン 読売ジャイアンツ 42(2勝40H) 佐藤達也 オリックス・バファローズ 42(2勝40H)
山口鉄也 読売ジャイアンツ 42(4勝38H)
2014 福原忍 阪神タイガース 42(4勝38H) 佐藤達也 オリックス・バファローズ 48(6勝42H)
2015 福原忍 阪神タイガース 39(6勝33H) 増田達至 埼玉西武ライオンズ 42(2勝40H)
2016 S.マシソン 読売ジャイアンツ 49(8勝41H) 宮西尚生 北海道日本ハムファイターズ 42(3勝39H)
2017 桑原謙太朗 阪神タイガース 43(4勝39H) 岩嵜翔 福岡ソフトバンクホークス 46(6勝40H)
M.マテオ 43(7勝36H)
  • 太字は各リーグ記録

関連項目[編集]