最優秀選手 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

最優秀選手(さいゆうしゅうせんしゅ)とは、日本プロ野球において最も活躍した選手を表彰するものである。MVP(Most Valuable Player)とも言う。NPBではレギュラーシーズン、セ・パ交流戦クライマックスシリーズ日本シリーズオールスターゲームそれぞれでMVPを選出する。

シーズンMVP[編集]

1937年春季より表彰を開始。当初の名称は最高殊勲選手(さいこうしゅくんせんしゅ)[1]1963年より最優秀選手と改称。シーズン中に最も活躍した選手が選ばれる。現在はセントラル・リーグパシフィック・リーグからそれぞれ1名選出されている。

選出は記者投票によって行われる。投票資格を持つ記者は全国の新聞、通信、放送各社に所属しており5年以上プロ野球を担当している者。投票用紙に3名を連記し、1位に5点、2位に3点、3位に1点のポイントが振り分けられ、その合計値が最も高い選手が選出される。

制定当初は選考委員(リーグ関係者と記者)による選考で選ばれていた。1949年に記者投票制を導入し、初年度は5名連記制だったが翌年より単記制になり、1963年から3名連記制となって今日に至っている。

発表時期[編集]

2リーグ分裂後の発表時期は何度かの変遷を経ている。分裂直後の1950年と1951年は日本シリーズ終了数日後の発表であった[注釈 1]が、1952年はセは日本シリーズ開始2日前、パは終了2日後と分かれ、1953年は日本シリーズ中に発表、1954年から1962年まではシーズン中に投票の締め切りが設定され、発表も日本シリーズ開始前でリーグ優勝決定後ながらおおむねシーズン終了前であった(リーグによりシーズン終了後となった年も一部あり)。1956・1957年は各リーグの事務局からの発表となったため、各リーグで別の日に発表されている。1963年から2004年までは日本シリーズ終了の翌々日に行われていたが、2005年以降はNPB AWARDS(旧:プロ野球コンベンション)当日に発表することになっている。

選出傾向[編集]

「最高殊勲選手」として制定された当初から「所属チームの成績に関わりなく最も価値ある選手」か「所属チームの優勝に最も貢献した選手」かで議論があった。初期にはB.ハリス苅田久徳が前者の立場で選ばれていたが、次第に後者の傾向が強まった。阪神の球団史『阪神タイガース 昭和のあゆみ』(1991年)では、1946年に優勝したグレートリング山本一人(打点王)が選考委員の満場一致で選ばれたことが、「優勝チームに限定した選出」の発端という見解が示されている[注釈 2]。同書には「MVPを邦訳した「最高殊勲」にこだわるとどうしても「優勝」に結びついてくる」と記されている。1949年に6位チームから選出された藤村富美男については、この年に導入された5名連記制が有利に作用したと『阪神タイガース 昭和のあゆみ』には記されている。なお、この藤村の選出に関しては井上章一が『阪神タイガースの正体』(太田出版、2001年)の中で、大井廣介の著書『タイガース史』(ベースボール・マガジン社、1958年)にある「毎日新聞系の票が集中的に藤村に投じられた」という記述を紹介し、当時プロ野球再編問題で毎日球団側につくかどうかに疑念のあった阪神を引きとめる一環としてそのようなことがおこなわれた可能性を指摘している(同書P146 - 147)。この年は1位は7点。2位は4点で以下5位まで1点ずつ少なくなる方式であった。藤村と次点の千葉茂とは、1位は同数で2位以下の票数で差がついた。発表時の読売新聞の記事(1949年12月1日)では同僚の藤本英雄川上哲治との間で2・3位の票が分散したことが千葉の敗因としている。この翌年より投票は単記制となり、「優勝チームからの選出」が不文律となっていく[注釈 3]。その後、「原則として優勝チームから選ぶ」という条項が設定され、優勝チームからの選出が続くこととなった[注釈 4]。なお、パ・リーグは最優秀投手の制定後、1953年から1955年までは「最高殊勲選手の対象には投手を含まない」としていた。

1963年に「最優秀選手」に改められた際に上記の条項は削除されたが、その後においてもリーグ最高勝率チームから選ばれることが多い。2位以下のチームに所属する選手は稀有な成績や記録を残した場合に選ばれることがある。レギュラーシーズン優勝チーム以外からMVPが選出された例は、2リーグ制後、セで3度、パで10度。また、レギュラーシーズン最高勝率ではないチームからMVPが選出された例は、2リーグ制後、セで3度、パで8度。BクラスのチームからのMVPは、2リーグ制後、1982年の落合博満(ロッテ)、1988年門田博光南海ホークス)、2008年岩隈久志東北楽天ゴールデンイーグルス)、2013年ウラディミール・バレンティン東京ヤクルトスワローズ)の4度。

パ・リーグで前後期制が採用されていた1973年から1982年に、前期・後期どちらかで最高勝率を記録しながらプレーオフに敗退し優勝を逃した球団からMVPが選出された例はない。

2004年から2006年のパ・リーグでプレーオフが実施されていた時期において、レギュラーシーズン2位以下のチームがプレーオフを勝ち抜いて日本シリーズ出場を果たしたケースで当該チームからMVPが選出された事例はない。2004年の松中信彦(ダイエー)・2005年杉内俊哉(ソフトバンク)と2年連続でシーズン最高勝率を達成しながら当時のプレーオフ制度により優勝を逃したチームから選出された。

2007年以降にクライマックスシリーズが始まって以降は、プレーオフで日本シリーズ出場を逃したとしてもレギュラーシーズンの優勝チームからMVPが選出されやすい傾向にある。

歴代受賞者[編集]

  • 太字はその年のリーグ最高。
  • 投手成績は勝利数、敗戦数、セーブ数(1974年~)、ホールド数(2005年~)、防御率の順に記載。
  • 野手成績は打率、本塁打数、打点、盗塁数の順に記載。

1リーグ時代[編集]

  • 背景が桃地:優勝(最高勝率)チーム以外からの選出

年度 受賞選手 所属球団 成績
1937 沢村栄治 東京巨人軍 24勝4敗 防0.81
1937 ハリス 後楽園イーグルス .310 1本 24点 7盗
1938 苅田久徳 東京セネタース .299 5本 15点 7盗
1938 中島治康 東京巨人軍 .361 1038点 3盗
1939 V.スタルヒン 東京巨人軍 42勝15敗 防1.73
1940 須田博[注釈 5] 東京巨人軍 38勝12敗 防0.97
1941 川上哲治 東京巨人軍 .310 4本 57点 5盗
1942 水原茂 東京巨人軍 .225 0本 16点 2盗
1943 呉昌征 東京巨人軍 .300 2本 20点 54盗
1944 若林忠志 阪神軍 22勝4敗 防1.56
1946 山本一人 グレートリング .314 4本 95点 32盗
1947 若林忠志 大阪タイガース 26勝12敗 防2.09
1948 山本一人 南海ホークス .305 8本 68点 23盗
1949 藤村富美男 大阪タイガース .332 46142点 12盗

2リーグ制後[編集]