最優秀選手 (NFL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AP通信NFL最優秀選手賞を最多の5度受賞しているペイトン・マニング(QB)

NFL最優秀選手賞(エヌエフエルさいゆうしゅうせんしゅしょう、英語: National Football League Most Valuable Player Award、略称: NFL MVP)は、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)において、レギュラーシーズン中に最も活躍したとみなされたアメリカンフットボール選手に、様々な団体が表彰するものである。現在、NFL最優秀選手賞を授与している団体は、AP通信、プロフットボール記者協会(PFWA)、スポーティングニュースである。最初に制定された最優秀選手賞は、1938年から1946年までNFLが授与した「ジョー・F・カー・トロフィー」である。現在、AP通信によるNFL最優秀選手賞が、事実上の公式NFL最優秀選手賞とされている。 2011年シーズン以降、NFLは毎年、AP通信NFL最優秀選手賞受賞者を表彰する「NFLオナーズセレモニー」を開催している。

NFL最優秀選手賞一覧[編集]

今までNFL最優秀選手賞とみなされた賞は以下のとおり。

名称 主催 期間 備考
AP通信NFL最優秀選手賞 AP通信 1957年 - 現在 事実上の公式NFL最優秀選手賞
プロフットボール記者協会NFL最優秀選手賞 プロフットボール記者協会 (PFWA) 1975年 - 現在
スポーティングニュースNFL最優秀選手賞 スポーティングニュース 1954年 - 現在
ニュースペーパー・エンタープライズ協会
NFL最優秀選手賞
ニュースペーパー・エンタープライズ協会
(NEA)
1955年 - 2008年
ジョー・F・カー・トロフィー NFL 1938年 - 1946年 名前はNFLコミッショナーのジョセフ・カーから
UPI通信社NFL最優秀選手賞 UPI通信社 1948年 - 1969年
  • 太字は現在も表彰している賞

AP通信NFL最優秀選手賞[編集]

AP通信NFL最優秀選手賞
Current event 2019年のNFL
概要
スポーツ アメリカンフットボール
選考会 NFL
受賞対象 最も活躍したとみなされた選手
英語名 AP NFL MVP Award
愛称 NFL MVP
歴史
初回 1957年
初回受賞 ジム・ブラウン
最多受賞 ペイトン・マニング(5回)
最新受賞 ラマー・ジャクソン2019年

AP通信NFL最優秀選手賞(エーピーつうしんエヌエフエルさいゆうしゅうせんしゅしょう、英語: Associated Press NFL Most Valuable Player Award)は、毎年AP通信が表彰しているNFLの最優秀選手賞である。過去にも多くのNFL最優秀選手賞の選考者がいたが、現在ではAP通信のものが事実上の公式となっており、最も権威のある賞とされている。 2011年以降毎年、NFLではAP通信NFL最優秀選手賞受賞者を表彰する「NFLオナーズセレモニー」を開催しており、NFL最優秀攻撃選手賞やNFL最優秀守備選手賞やなど、他のAP通信賞とともに受賞者を表彰している。

最多受賞者はペイトン・マニングの5度、続いてジム・ブラウンジョニー・ユナイタスブレット・ファーヴトム・ブレイディの各3度である。

年度 選手 ポジション 所属チーム 備考
1957 ジム・ブラウン ランニングバック クリーブランド・ブラウンズ
1958 ジム・ブラウン ランニングバック クリーブランド・ブラウンズ 2度目の受賞
ジノ・マルケッティ英語版 ディフェンシブエンド ボルティモア・コルツ
1959 ジョニー・ユナイタス クォーターバック ボルティモア・コルツ
チャーリー・コナーリー英語版 クォーターバック ニューヨーク・ジャイアンツ
1960 ノーム・バンブロックリン英語版 クォーターバック フィラデルフィア・イーグルス
ジョー・シュミット ラインバッカー デトロイト・ライオンズ
1961 ポール・ホーナング英語版 ランニングバック グリーンベイ・パッカーズ
1962 ジム・テイラー英語版 ランニングバック グリーンベイ・パッカーズ
1963 Y・A・ティトル英語版 クォーターバック ニューヨーク・ジャイアンツ
1964 ジョニー・ユナイタス クォーターバック ボルティモア・コルツ 2度目の受賞
1965 ジム・ブラウン ランニングバック クリーブランド・ブラウンズ 3度目の受賞
1966 バート・スター クォーターバック グリーンベイ・パッカーズ
1967 ジョニー・ユナイタス クォーターバック ボルティモア・コルツ 3度目の受賞
1968 アール・モラル英語版 クォーターバック ボルティモア・コルツ
1969 ロマン・ゲイブリエル英語版 クォーターバック ロサンゼルス・ラムズ
1970 ジョン・ブロディ英語版 クォーターバック サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
1971 アラン・ペイジ ディフェンシブタックル ミネソタ・バイキングス
1972 ラリー・ブラウン英語版 ランニングバック ワシントン・レッドスキンズ
1973 O・J・シンプソン ランニングバック バッファロー・ビルズ
1974 ケン・ステイブラー クォーターバック オークランド・レイダース
1975 フラン・ターケントン英語版 クォーターバック ミネソタ・バイキングス
1976 バート・ジョーンズ英語版 クォーターバック ボルチモア・コルツ
1977 ウォルター・ペイトン ランニングバック シカゴ・ベアーズ
1978 テリー・ブラッドショー クォーターバック ピッツバーグ・スティーラーズ
1979 アール・キャンベル ランニングバック ヒューストン・オイラーズ
1980 ブライアン・サイプ英語版 クォーターバック クリーブランド・ブラウンズ
1981 ケン・アンダーソン英語版 クォーターバック シンシナティ・ベンガルズ
1982 マーク・モーズリー英語版 キッカー ワシントン・レッドスキンズ
1983 ジョー・サイズマン英語版 クォーターバック ワシントン・レッドスキンズ
1984 ダン・マリーノ クォーターバック マイアミ・ドルフィンズ
1985 マーカス・アレン ランニングバック ロサンゼルス・レイダース
1986 ローレンス・テイラー ラインバッカー ニューヨーク・ジャイアンツ
1987 ジョン・エルウェイ クォーターバック デンバー・ブロンコス
1988 ブーマー・アサイアソン クォーターバック シンシナティ・ベンガルズ
1989 ジョー・モンタナ クォーターバック サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
1990 ジョー・モンタナ クォーターバック サンフランシスコ・フォーティナイナーズ 2度目の受賞
1991 サーマン・トーマス ランニングバック バッファロー・ビルズ
1992 スティーブ・ヤング クォーターバック サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
1993 エミット・スミス ランニングバック ダラス・カウボーイズ
1994 スティーブ・ヤング クォーターバック サンフランシスコ・フォーティナイナーズ 2度目の受賞
1995 ブレット・ファーヴ クォーターバック グリーンベイ・パッカーズ
1996 ブレット・ファーヴ クォーターバック グリーンベイ・パッカーズ 2度目の受賞
1997 ブレット・ファーヴ クォーターバック グリーンベイ・パッカーズ 3度目の受賞
バリー・サンダース ランニングバック デトロイト・ライオンズ
1998 テレル・デービス ランニングバック デンバー・ブロンコス
1999 カート・ワーナー クォーターバック セントルイス・ラムズ
2000 マーシャル・フォーク ランニングバック セントルイス・ラムズ
2001 カート・ワーナー クォーターバック セントルイス・ラムズ 2度目の受賞
2002 リッチ・ギャノン クォーターバック オークランド・レイダース
2003 ペイトン・マニング クォーターバック インディアナポリス・コルツ
スティーブ・マクネア クォーターバック テネシー・タイタンズ
2004 ペイトン・マニング クォーターバック インディアナポリス・コルツ 2度目の受賞
2005 ショーン・アレクサンダー ランニングバック シアトル・シーホークス
2006 ラダニアン・トムリンソン ランニングバック サンディエゴ・チャージャーズ
2007 トム・ブレイディ クォーターバック ニューイングランド・ペイトリオッツ
2008 ペイトン・マニング クォーターバック インディアナポリス・コルツ 3度目の受賞
2009 ペイトン・マニング クォーターバック インディアナポリス・コルツ 4度目の受賞
2010 トム・ブレイディ クォーターバック ニューイングランド・ペイトリオッツ 2度目の受賞
2011 アーロン・ロジャース クォーターバック グリーンベイ・パッカーズ
2012 エイドリアン・ピーターソン ランニングバック ミネソタ・バイキングス
2013 ペイトン・マニング クォーターバック デンバー・ブロンコス 5度目の受賞
2014 アーロン・ロジャース クォーターバック グリーンベイ・パッカーズ 2度目の受賞
2015 キャム・ニュートン クォーターバック カロライナ・パンサーズ
2016 マット・ライアン クォーターバック アトランタ・ファルコンズ
2017 トム・ブレイディ クォーターバック ニューイングランド・ペイトリオッツ 3度目の受賞
2018 パトリック・マホームズ クォーターバック カンザスシティ・チーフス
2019 ラマー・ジャクソン クォーターバック ボルチモア・レイブンズ

その他各賞受賞者[編集]

プロフットボール記者協会NFL最優秀選手賞[編集]

スポーティングニュースNFL最優秀選手賞[編集]

ニュースペーパー・エンタープライズ協会NFL最優秀選手賞[編集]

ジョー・F・カー・トロフィー[編集]

  • 1938年 メル・ハイン
  • 1939年 パーカー・ホール
  • 1940年 エース・パーカー
  • 1941年 ドン・ハトソン
  • 1942年 ドン・ハトソン
  • 1943年 シド・ラックマン
  • 1944年 フランク・シンクウィッチ
  • 1945年 ボブ・ウォーターフィールド
  • 1946年 ビル・ダドリー

UPI通信NFL最優秀選手賞[編集]

1948年から1969年に表彰を行った。1970年からはAFCNFC最優秀選手賞、1975年からはAFC、NFCの最優秀守備選手賞を表彰している。

  • 1948年 パット・ハーダー
  • 1949年 選出せず
  • 1950年 選出せず
  • 1951年 オットー・グレアム
  • 1952年 選出せず
  • 1953年 オットー・グレアム
  • 1954年 ジョー・ペリー
  • 1955年 オットー・グレアム
  • 1956年 フランク・ギフォード
  • 1957年 Y・A・ティトル
  • 1958年 ジム・ブラウン
  • 1959年 ジョニー・ユナイタス
  • 1960年 ノーム・バン・ブルックリン
  • 1961年 ポール・ホーナング
  • 1962年 Y・A・ティトル
  • 1963年 ジム・ブラウン
  • 1964年 ジョニー・ユナイタス
  • 1965年 ジム・ブラウン
  • 1966年 バート・スター
  • 1967年 ジョニー・ユナイタス
  • 1968年 アール・モラル
  • 1969年 ロマン・ゲブリエル

関連項目[編集]