最勝寺 (江戸川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
目黄不動 牛寶山最勝寺
Meki Fudo-son 01.jpg
目黄不動
所在地 東京都江戸川区平井1-25-32
位置 北緯35度42分14.1秒 東経139度51分3.7秒 / 北緯35.703917度 東経139.851028度 / 35.703917; 139.851028 (最勝寺 本堂)座標: 北緯35度42分14.1秒 東経139度51分3.7秒 / 北緯35.703917度 東経139.851028度 / 35.703917; 139.851028 (最勝寺 本堂)
山号 牛寶山
牛宝山
院号 明王院
宗旨 天台宗
本尊 釈迦如来
創建年 (伝)元慶元年(877年
開山 良本
開基 慈覚大師円仁
正式名 牛寶山明王院最勝寺
別称 目黄不動尊、目黄不動明王、目黄不動
札所等 江戸五色不動
関東三十六不動尊霊場19番
文化財 目黄不動明王像 他
法人番号 4011705000081
テンプレートを表示
最勝寺 本堂

最勝寺(さいしょうじ)は東京都江戸川区平井にある天台宗の寺院。通称「目黄不動尊」、正式名称は「牛宝山(ごほうざん)明王院最勝寺」である。

本尊[編集]

歴史[編集]

寺伝によれば、貞観2年(860年)、円仁(慈覚大師)により隅田川畔(現在の墨田区東駒形)に草創され、元慶元年(877年)、円仁の高弟良本阿闍梨により開山されたという。

近世には牛島神社(牛嶋神社、牛御前社、牛ノ御前、墨田区向島一丁目)の別当寺を務めた。なお、牛島神社も貞観2年、円仁の草創伝承をもっている。

明治初年、神仏分離により別当をつとめていた牛島神社の本地仏であった大日如来像が最勝寺に遷座された。

大正2年(1912年)、寺は駒形橋の架橋工事による区画整理で本所表町の旧地から南葛飾郡下平井(現在地)へ移転した。

所在地[編集]

札所等[編集]

交通アクセス[編集]

  • バス
    • 都営バス平23「小松川区民館前」下車8分(約575m)※平井駅から約5分、葛西駅から約30分
    • 都営バス平28「小松川区民館前」下車8分(約575m)※東大島駅前から約10分
    • 都営バス錦25「小松川三丁目」下車9分(約670m)※船堀駅から約15分、葛西駅から約30分、錦糸町駅から15分
    • 都営バス亀26「小松川三丁目」下車9分(約670m)※一之江駅から約18分、亀戸駅から約10分
    • 都営バス錦27「小松川三丁目」下車9分(約670m)※小岩駅から約25分、亀戸駅前から約10分、両国駅から25分

関連項目[編集]