最戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
最戸
—  町丁  —
港南郵便局
最戸の位置(横浜市内)
最戸
最戸
最戸の位置(神奈川県内)
最戸
最戸
最戸の位置
座標: 北緯35度24分48.79秒 東経139度35分32.92秒 / 北緯35.4135528度 東経139.5924778度 / 35.4135528; 139.5924778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
港南区
面積[1]
 - 計 0.304km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 5,344人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 233-0008[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

最戸(さいど)は横浜市港南区の町名。現行行政地名は一丁目及び二丁目。住居表示実施済み区域。郵便番号は233-0008[3]

地理[編集]

港南区北部に位置し、北から西にかけて南区別所、南は港南区大久保、東は南区大岡に隣接する。鍵括弧の『「』に似た形をしており、町の北東部が一丁目、西部~南部が二丁目となっている。一丁目は南北に鎌倉街道神奈川県道21号横浜鎌倉線)と京急本線が通る。上大岡駅に近く、住宅と商工地区が混在しており、港南郵便局日揮上大岡オフィスなどがある。二丁目には住宅のほか、神奈川県戦没者慰霊堂がある。

面積[編集]

面積は以下の通りである[1]

丁目 面積(km2
最戸一丁目 0.156
最戸二丁目 0.148
0.304

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、最戸1-20-20の地点で24万3000円/m2となっている。[5]

歴史[編集]

古くは久良岐郡最戸村の一部で、1889年(明治22年)4月1日に久保・別所・中里・弘明寺・上大岡・下大岡・蒔田・堀之内・引越・井土ヶ谷・永田の各村と合併、大岡川村大字最戸となる[6]1936年(昭和11年)10月1日に横浜市に編入、中区最戸町となる。1943年12月1日に分区により南区に編入、1969年10月1日に港南区に編入された。1975年7月28日には最戸町・大久保町の各一部から最戸一・二丁目が新設。住居表示が行われ、最戸町は廃止された[7]

地名の由来[編集]

古くは「宍戸」または「鹿戸」とも書かれた。地名は道祖神を祭った道祖土に由来するとも考えられている[6]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
最戸一丁目 1,409世帯 2,843人
最戸二丁目 1,179世帯 2,501人
2,588世帯 5,344人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
最戸一丁目 全域 横浜市立桜岡小学校 横浜市立港南中学校
最戸二丁目 全域

施設[編集]

脚注・参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ a b 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  7. ^ 横浜市港南区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2010年8月1日閲覧
  8. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998