最福寺 (東金市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本堂

最福寺(さいふくじ)は、千葉県東金市にある単立寺院で、古くは顕本法華宗に属していた。山号は安国山。本尊は大曼荼羅

歴史[編集]

この寺の創建年代については不詳であるが、元は天台宗に属しており、一説によれば日本天台宗の祖最澄により創建されたという。1479年文明11年)当時の住職が法華宗妙満寺派に改宗し、上総国土気城酒井定隆の援助により中興したという。江戸時代には江戸幕府から朱印状が与えられ、妙満寺派(現在の顕本法華宗)本山輪番上総十ヶ寺の一つであった。

1941年3月、顕本法華宗は日蓮宗、本門宗と合同し(新)日蓮宗となる。戦後、顕本法華宗再独立派は日蓮宗より独立し(新)顕本法華宗となり身延残留派は日蓮宗に残存、その他は単立寺院となる。

当寺は1954年に単立寺院となり現在に至る。

2011年に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で本堂が傾いたため、2013年1月現在金剛組による修繕工事が行われている。そのため現在本堂内部を見ることはできない。

文化財[編集]

  • 東金市指定文化財
    • 釈迦入滅涅槃図
    • 大黒天像
    • 智者大師画像
    • 鰐口
  • 東金市指定天然記念物
    • 多羅葉樹

所在地[編集]

  • 千葉県東金市東金1693

関連項目[編集]