最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)
パスピエシングル
B面 最終電車 featuring 泉まくら(OMSB from SIMI LABのREMIX)
最終電車(original version)
リリース
規格 シングル
ジャンル ロック
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
パスピエ シングル 年表
フィーバー
(2013年)
最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)
(2013年)
とおりゃんせ
(2013年)
テンプレートを表示

最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)」(さいしゅうでんしゃ フィーチャリング いずみまくら(フラグメントのリミックス))は、2013年5月22日にワーナーミュージック・ジャパンよりリリースされたパスピエのメジャー2ndシングル。

概要[編集]

前作「フィーバー」から約2ヶ月ぶりのリリース。

今作に収録されているのは、2ndミニアルバム「ONOMIMONO」収録の「最終電車」がオリジナル。この楽曲の歌詞にインスパイアを受けた泉まくら[1]のラップをフィーチャーしたものを、Fragment[2]とOMSB(SIM LAB)[3]がそれぞれリミックスしたものを収録。加えて、オリジナルバージョンも収録。(計3曲)

ジャケットは大胡田なつきと大島智子[4]のコラボで、パスピエの作品では初の試み。

タワーレコード限定発売・完全限定生産・ワンコインシングル。

収録内容[編集]

規格品番:WPCL-11425

CD[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲
1.「最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)」  
2.「最終電車 featuring 泉まくら(OMSB from SIMI LABのREMIX)」  
3.「最終電車(original version)」  

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 福岡在住の女性ラッパー。
  2. ^ 泉まくらが所属するレーベルの主宰。トラックメイカーデュオ。
  3. ^ パスピエ自主企画【印象A】に出演したことがある。
  4. ^ 泉まくらの作品のジャケットやMV制作に携わっている。