最高のクレーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
木曜バラエティ道場
最高のクレーム
ジャンル トークバラエティ番組
放送時間 木曜 25:51 - 26:21(30分)
放送期間 2013年4月4日 - 2013年5月23日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
ViViA
演出 渡辺修
プロデューサー 寺田伸也
粟井誠司
出演者 土田晃之
武内絵美
ほか
ナレーター 真行寺君枝
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

最高のクレーム』(さいこうのクレーム)は、2013年4月4日から同年5月23日までテレビ朝日で放送されていたトークバラエティ番組。全8回。

出演者たちが各業界のサービス内容についてトークをし、業界のサービス向上を促すためのクレームを提案していた深夜番組。最高のクレームと認められた改善策には「ゴールデンクレーム」の称号が与えられた。『ネオバラ2』木曜バラエティ道場の第1弾として、2か月間限定でレギュラー放送された。

出演者[編集]

MC[編集]

  • 土田晃之 - クレーム審議委員長を担当。
  • 武内絵美(テレビ朝日アナウンサー) - 進行を担当。

クレーム審議委員[編集]

ナレーター[編集]

議論された業界・ゴールデンクレーム[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:中野俊成、寺田智和、須平敦宣
  • スタジオ収録
    • TM:大島秀一(テレビ朝日)
    • TD:清水美保
    • カメラ:外川真一
    • 音声:安藤佳代子
    • VE:永洞栄子
    • 照明:西川知里
    • 美術:小山晃弘(テレビ朝日)
    • デザイン:小谷知輝(テレビ朝日)
    • 美術進行:判田浩
    • 大道具:小暮匠
    • メイク:関口裕子、段久美子
  • イラスト:グレートインターナショナル
  • CG:Style-0
  • オフライン編集:高原淳
  • 編集:中西祐介、宮島洋介
  • 音効:高田智彰
  • MA:渕野あゆみ
  • 編成:池田佐和子(テレビ朝日)
  • 宣伝:中嶋哲也(テレビ朝日)
  • TK:上原美華
  • リサーチ:金田佑馬
  • AD:設楽康之、岩永美和子
  • 進行:原恵美子
  • ディレクター:鈴木朗、細田和也、宮森英生、木下太輔、国玉靖仁、櫛田健太郎
  • AP:武藤一成(テレビ朝日)、中村哲
  • 演出:渡辺修
  • プロデューサー:寺田伸也(テレビ朝日)、粟井誠司(ViViA)
  • 制作:テレビ朝日、ViViA

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 備考
関東広域圏 テレビ朝日 (EX) テレビ朝日系列 木曜 25:51 - 26:21 2013年4月4日 製作局
大分県 大分朝日放送 (OAB) 火曜 25:15 - 25:45 2013年4月16日 12日遅れ
日本全域 テレ朝チャンネル1 CSチャンネル 水曜 18:00 - 18:30 2013年5月8日 34日遅れ
リピート放送あり
近畿広域圏 朝日放送 (ABC) テレビ朝日系列 日曜 26:28 - 27:03[1] 2013年6月2日 59日遅れ[2]

注釈[編集]

  1. ^ニチバラ!』枠第2部。番組表上では『タモリ倶楽部』とのセットになっていた。
  2. ^第2回は未放送。
テレビ朝日 木曜25:51枠(『ネオバラ2』木曜)
前番組 番組名 次番組
大人のバナナ
(2012年10月4日 - 2013年3月28日)
木曜バラエティ道場
最高のクレーム
(2013年4月4日 - 2013年5月23日)
木曜バラエティ道場
クイズ逆転階段
(2013年5月30日 - 2013年8月8日)