最高の片想い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
最高の片想い WHITE LOVE STORY
ジャンル テレビドラマ
脚本 野依美幸
演出 河毛俊作
樋口徹
緒方幸夫
出演者 本木雅弘
深津絵里
オープニング 福山雅治HELLO
製作
プロデューサー 喜多麗子
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1995年1月11日 - 3月22日
放送時間 水曜 21:00 - 21:54
放送枠 水曜劇場
放送分 54分
回数 10
テンプレートを表示

最高の片想い WHITE LOVE STORY』(さいこうのかたおもい)は、フジテレビ系列で1995年平成7年)1月11日から3月22日にかけて「水曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。放送時間は、水曜日21:00 - 21:54。主演は、本木雅弘深津絵里。全11回。

ストーリー[編集]

大学時代、スキー部(種目は滑降)の仲間だった青木公介(本木雅弘)、麻生竜平(杉本哲太)、関本法子(有森也実)は、8年ぶりに再会し、北海道へスキーに行くことになった。途中で、仲間とはぐれた加藤くるみ(深津絵里)という女性を拾い、一緒に宿に到着した。実は、くるみと公介の出会いはこれが最初ではなかった。通勤電車の中で公介に一目ぼれしたくるみは、たまたまそのスキー計画を知ってここまで来たのだ。しかし、公介は、学生時代に片想いに終わっていた法子を忘れられないでいた。純白のゲレンデとスタイリッシュな都会を舞台に、ヒロインの片想いのてん末をロマンチックに描く。

キャスト[編集]

青木公介:本木雅弘
30歳、東京の大手総合商社勤務。基本的に自分よりも周りのことを大切にする。学生時代に好きだった後輩の法子を忘れられずにいる。
加藤くるみ:深津絵里
21歳、大手旅行会社に勤務。通勤電車で公介に一目惚れし、片想いとなる。公介からは「うさぎ」と呼ばれる。
麻生竜平:杉本哲太
30歳、大手建設会社に勤務。公介の親友であり、法子一筋。
町田元:大浦龍宇一
公介の会社の後輩。くるみに惚れるが、酒の勢いで桂子と関係を持つようになってしまう。
麻生哲:長瀬智也TOKIO
竜平の弟。公介のことを尊敬している。くるみに惚れるが、彼女の恋を応援している。
柴田操:井上晴美
くるみの同僚。公介に好意を抱いている。
立川桂子:西尾まり
くるみの同僚。ひょんなことから町田と付き合うことに。
関本法子:有森也実
公介の大学時代の2年後輩。終盤、竜平と婚約することになる。
上尾敏典:春田純一
加藤佐和子:風吹ジュン
川畑安男:山路和弘
三島健一:隆大介
関本秀子:あめくみちこ
麻生千次:大塚周夫
麻生美代子:大森暁美
ペンションのおばさん:片岡富枝
中井大介:崎本大海
杉浦さと子:深浦加奈子
法子の同僚:広田恵子
浅野和之
海和俊宏(最終回に特別出演)

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1995年1月11日 ゲレンデで会おう 15.8%
第2話 1995年1月18日 泣くなよ、ウサギ 16.5%
第3話 1995年1月25日 この恋は負けない 17.6%
第4話 1995年2月1日 今夜、最低の告白 13.6%
第5話 1995年2月8日 奇跡のキス 14.0%
第6話 1995年2月15日 恋が止まらない 15.3%
第7話 1995年2月22日 ごめん、ウサギ 17.4%
第8話 1995年3月1日 傷だらけの恋人達 16.8%
第9話 1995年3月8日 お前を許さない 17.9%
第10話 1995年3月15日 さよなら、ウサギ 16.7%
最終話 1995年3月22日 最高の片想い 18.1%
平均視聴率16.3%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)

備考[編集]

  • 深津絵里はこれが連続ドラマ初主演作であり、「若者のすべて」に続き2クール連続で水曜劇場枠のドラマに出演する事となった。
フジテレビ 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
若者のすべて
(1994.10.19 - 1994.12.21)
最高の片想い
(1995.1.11 - 1995.3.22)
王様のレストラン
(1995.4.19 - 1995.7.5)