最高位戦日本プロ麻雀協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一般社団法人最高位戦日本プロ麻雀協会(さいこういせんにほんプロマージャンきょうかい)は、競技麻雀のプロ団体。略称は「最高位戦」。会長新津潔(2018年8月現在)。

概要[編集]

同協会最高峰のタイトル戦である最高位戦は、1976年に創設されたが、第1期(1976年)から第9期(1984年)までは竹書房発行の麻雀専門誌『近代麻雀』(現在は廃刊。現存する同名の麻雀劇画誌とは別物)によって主催・運営され、同誌の誌上タイトル戦だった。しかし『近代麻雀』が編集方針の変更等の理由により、最高位戦の主催・運営を打ち切ったため、第10期(1985年)から参加選手による自主運営という形で開催されるようになり、これが現在の組織の母体となっている。

日本プロ麻雀連盟麻将連合-μ-日本プロ麻雀協会といった競技団体は、いずれも最高位戦に参加していたプロが袂を分かつ形で設立した団体である。

かつては日本プロ麻雀連盟における「麻雀格闘倶楽部」や「ロン2」、日本プロ麻雀協会における「セガ四人打ち麻雀MJ」のように団体が協力する有力なオンライン麻雀ゲームを未だ持たないため、これまで一般の麻雀ファンとの直接の接点となるメディアへの露出が少なかった。しかし、最近は後発のオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」「雀ナビ四人麻雀オンライン」との提携を行ったり、2017年稼働の「セガNET麻雀 MJ Arcade」に日本プロ麻雀協会所属選手、麻将連合-μ-所属選手、RMU所属選手共々参戦しているほか、麻雀に特化したSNSである「はこてんパラダイス」(2018年にサービス終了)に多くのプロが参加するなど、一般ファンとの接点を拡げる活動を積極的に行っている。また、2013年からニコニコ生放送「スリーアローズチャンネル」で、麻将連合-μ-、日本プロ麻雀協会、RMUの団体と共に、タイトル戦から競馬予想など麻雀とは関係がないバラエティ番組まで多種多様な放送を展開している。

これまで東京本部のみで運営していたが、2013年より関西本部、2014年より北海道本部が発足。さらに2016年より関西本部東海支部、2017年より新潟支部が発足するなど全国展開しつつある。

主な所属選手[編集]

役員

代表

副代表

理事

理事補佐

  • 小山直樹
  • 斎藤真史
  • 坂本大志
  • 竹内朋之
  • 中野慎也
  • 三ヶ島幸助
  • 小池美穂

顧問

男性
  • 伊藤英一郎(特別会員)
  • 立川宏(特別会員)
  • 須藤泰久
  • 石井一馬
  • 大柳誠
  • 近藤誠一
  • 園田賢
  • 佐藤聖誠
  • 曽木達志
  • 平賀聡彦
  • 水巻渉
  • 上野龍一
  • 太田安紀
  • 冨澤直貴
  • 有賀一宏
  • 沖野達矢
  • 田中巌
  • 吉田光太
  • 朝倉康心(ASAPIN 初代・11代天鳳位)
  • 山田独歩(独歩 三代目天鳳位)
女性

主催タイトル戦・主催イベント[編集]

主要タイトル戦[編集]

最高位戦[編集]

1976年創設、全プロ団体でも最古のタイトル戦。 昇降級ありのリーグ戦で実施され、団体最高峰タイトルの位置づけ。

前年度最高位と、最上位であるAリーグの1位~3位が、最高位決定戦を行い、その期の最高位を決定する。

飯田正人杯・最高位戦Classic[編集]

2006年創設。最高位戦で第22期まで使用されていた「一発・裏ドラなし」の、旧最高位戦ルールを採用。

創設当初は自団体プロのみのタイトル戦だったが、第3期より他団体へのプロにも出場資格が開放された。

發王戦[編集]

1992創設、団体内で2番目に古いタイトル戦。同じ面子で規定回数の半荘を打ち、上位2名が勝ち上がっていくトーナメント制を採用。

一般アマチュアや、他団体のプロにも参加資格がある。

新輝戦[編集]

2017年創設、団体内で最も新しいタイトル戦。

自団体所属者のみ参加可能で、現行の「最高位戦ルール」と旧ルール「Classicルール」を併用しているのが特徴。

女流タイトル戦[編集]

女流最高位戦[編集]

2001年創設、自団体所属女流のリーグ。団体の女流であれば、最高位戦・女流最高位戦、両方のリーグに参加も可能。

昇降級ありのリーグ戦で実施されるが、下位リーグでも優勝すれば挑戦者決定プレーオフに出場できるのが特徴で、1期での女流最高位奪取も可能。

女流名人戦[編集]

2000年「月刊プロ麻雀」主催で発足、第15期(2014年)より最高位戦で主催。

一般アマチュアや、他団体のプロにも参加資格がある。

その他タイトル戦[編集]

新人王戦[編集]

2012年(第37期)より新設。第36期までは、最高位戦B1リーグ首位昇級者へ「新人王」の称号が与えられていたが、新たにタイトル戦として争われる。 出場資格については以下の通り。

  1. 「入会5年目かつ35歳未満」「30歳未満」のいずれかを満たすこと
  2. 上記条件を満たしていても「所定のタイトル戦優勝者」「Aリーグ経験者」のいずれかを満たす場合は、出場できない

その他リーグ戦・イベント[編集]

プロアマリーグ[編集]

各本部・支部にて、プロとアマチュアが混在で実施されるリーグ戦。2019年現在、東京・関西・東海・北海道においては、「最高位戦ルール」「Classicルール」の2リーグ。新潟は「最高位戦ルール」の1リーグ。

アマチュアが優勝や上位入賞で、タイトル戦予選免除や、プロアマリーググランドチャンピオン大会・アマ最高位戦などの出場権が得られる。

また、参加プロが上位入賞した場合は、所属組が上昇する可能性があるなど、プロ側にもメリットを設けている。

最高位戦ペアマッチ[編集]

自団体のプロに加え、他団体のプロ・業界外の著名人・非プロ業界関係者・アマ強豪などを迎え、2人1組のペアで戦う新年イベント。

ベストドレッサー賞も設けられており、コスプレで参加する参加者が多いのも特徴。

歴代タイトルホルダー[編集]

年度 最高位戦 Classic 發王位 新輝戦 女流最高位 女流名人位 新人王 アマ最高位
最高位 優勝者 發王位 新輝 女流最高位 女流名人位 新人王 アマ最高位
1 1976 1 灘麻太郎(順位率部門)

川田隆(得点部門)

2 1977 2 田村光昭
3 1978 3 小島武夫
4 1979 4 小島武夫(2)
5 1980 5 田村光昭(2)
6 1981 6 狩野洋一
7 1982 7 大隈秀夫
8 1983 8 青野滋
9 1984 9 金子正輝
10 1985 10 佐藤孝平
11 1986 11 金子正輝(2)
12 1987 12 金子正輝(3)
13 1988 13 西田秀幾
14 1989 14 飯田正人
15 1990 15 飯田正人(2)
16 1991 16 飯田正人(3)
17 1992 17 飯田正人(4) 1 田中英知(連盟)
18 1993 18 徳久英人 2 新津潔
19 1994 19 井出洋介 3 伊東一
20 1995 20 飯田正人(5) 4 原浩明(麻将)
年度 最高位戦 Classic 發王位 新輝戦 女流最高位 女流名人位 新人王 アマ最高位
最高位 優勝者 發王位 新輝 女流最高位 女流名人位 新人王 アマ最高位
21 1996 21 五十嵐毅 5 原浩明(2)(麻将)
22 1997 22 岩川聖基 6 伊藤優孝(連盟)
23 1998 23 飯田正人(6) 7 伊藤優孝(2)(連盟)
24 1999 24 金子正輝(4) 8 土井泰昭(協会)
25 2000 25 飯田正人(7) 9 佐々木慶太(連盟) 1 杉本勝子
26 2001 26 古久根英孝 10 吉田幸雄(連盟) 1 渡辺洋香 2 天路圭子
27 2002 27 古久根英孝(2) 11 菊池俊幸(101) 2 山口まや 3 梅崎左池子
28 2003 28 飯田正人(8) 12 菊池俊幸(2)(101) 3 山口まや(2) 4 加藤木英子 1 寺本喜一
29 2004 29 尾崎公太 13 藤中慎一郎(連盟) 4 山口まや(3) 5 清水奈津子 2 加藤將
30 2005 30 古久根英孝(3) 14 瀬戸熊直樹(連盟) 5 根本佳織 6 川原玲子 3 上窪晃
31 2006 31 張敏賢 1 立川宏 15 竹内孝之(連盟) 6 根本佳織(2) 7 清水奈津子(2) 4 前田東吾
32 2007 32 張敏賢(2) 2 飯田正人 16 石野豊(協会) 7 根本佳織(3) 8 竹内成子 5 津田一臣
33 2008 33 飯田正人(9) 3 下出和洋(麻将) 17 水巻渉 8 根本佳織(4) 9 小谷ナナ 6 西村健志
34 2009 34 飯田正人(10) 4 坂本大志 18 土井泰昭(協会) 9 根本佳織(5) 10 土井裕美子 7 木村誠
35 2010 35 村上淳 5 村上淳 19 石橋伸洋 10 石井あや 11 近藤加那子 8 木原孝文
36 2011 36 石橋伸洋 6 宇野公介 20 佐藤聖誠 11 茅森早香 12 奥村知美 9 石川貞夫
37 2012 37 近藤誠一 7 松ヶ瀬隆弥(RMU) 21 佐藤聖誠(2) 12 花里まな 13 横井里美 37 坂本宗瞳 10 楢原和人
38 2013 38 新井啓文 8 木原浩一(協会) 22 水巻渉(2) 13 小池美穂 14 北島朋子 38 友添敏之 11 牧野卓人
39 2014 39 村上淳(2) 9 村上淳(2) 23 水巻渉(3) 14 大平亜季 15 眞崎雪菜 39 川村俊平 12 兵頭英昭
40 2015 40 近藤誠一(2) 10 石井一馬 24 中嶋和正 15 大平亜季(2) 16 小池美穂 40 前田和也 13 田澤和也
年度 最高位戦 Classic 發王位 新輝戦 女流最高位 女流名人位 新人王 アマ最高位
最高位 優勝者 發王位 新輝 女流最高位 女流名人位 新人王 アマ最高位
41 2016 41 近藤誠一(3) 11 飯沼雅由 25 松本吉弘(協会) 16 大平亜季(3) 17 真希夏生 41 鈴木隆将 14 小西隆之
42 2017 42 村上淳(3) 12 堀慎吾(協会) 26 石野豊(2)(元協会) 1 今西祐司 17 西嶋千春 18 相楽美佳 42 平野透 15 一方井潤
43 2018 43 近藤誠一(4) 13 長谷川来輝 27 中嶋和正(2) 2 村上淳 18 西嶋千春(2) 19 中月裕子 43 小池諒 16 関谷洋右
44 2019 44 14 28 3 19 20 木崎ゆう 44 17