最高敬語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

最高敬語(さいこうけいご)とは、日本語における最上級の尊敬表現である。かつては、天皇太上天皇(上皇)太上法皇(法皇)皇族のみならず、摂政関白征夷大将軍等高位の貴人や高僧にも用いられたが、明治時代以降は、主として天皇・皇族に対してのみ用いられるようになった。外交儀礼として外国の君主・皇族・王族についても、天皇・皇族に準じ、又、その他国家元首他顕官について特有の表現を用いることがある。

概要[編集]

新聞ラジオなどのメディアにおいては、大東亜戦争太平洋戦争)の頃まで広く用いられたが、戦後は一般的な敬語のうち最上級の表現に差し替えて報道されるようになった。しかし、公文書をはじめ公的に用いられる表現としては、戦後に使用されなくなった表現がある一方、依然として最高敬語が用いられる。ここには、主な最高敬語と対応する普通語を記載する。

二重・三重敬語から派生した固定表現や、主として漢文に根拠を持つ漢語などがある。古文において特定の語が現れたときに、その語の持つ性質によって、主語がなくとも誰の発言か解ることがある。

敬称[編集]

  • 陛下(天皇、上皇三后(皇后、太皇太后、皇太后(上皇后含む))及び外国の国王[1][2]及び三后[3])、殿下(天皇、三后以外の皇族、王配[4]公国首長国の元首を含む外国の同等の王侯族[1][5])、台下ローマ教皇[1][6])、閣下大統領国家主席など国王以外の元首及び高官など[1])、猊下枢機卿など[1]
    皇室典範第二十三条
      天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする。
    2 前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。
    天皇の退位等に関する皇室典範特例法第三条
    2 上皇の敬称は、陛下とする。
    天皇の退位等に関する皇室典範特例法第四条
    2 上皇后に関しては、皇室典範に定める事項については、皇太后の例による。

副詞[編集]

  • 畏くも(「おそれ多い」の意)

動詞[編集]

  • 遊ばされる(する)
  • 有らせられる(居る 「いらっしゃる」の更に上位表現)
  • おかせられる(於く)
  • 賜う(する、与える 「給う」とも表記)

名詞[編集]

身体に関する語[編集]

  • 宸儀しんぎ(天皇の身体、天皇自身)
  • 玉体・聖体(天皇の身体)
  • 玉音(天皇の声)
  • 玉歩(天皇の歩行)
  • 玉顔・天顔・竜顔(天皇の顔)
  • 宝算・聖寿(天皇の年齢)
  • 叡慮・聖慮・宸慮(天皇の考え、意向)
  • 宸意・宸旨(天皇の意向) 
  • 聖旨(天皇の考え、命令)
  • 令旨・懿旨(三后の命令)
  • 聖断・宸断(天皇の決断)
  • 宸襟・宸念・軫念(天皇の精神状態、気持ち)
  • 大御心おおみこころ(天皇の心、考え)
  • 宸衷(天皇の心の内)
  • 宸憂(天皇の悩み、心配)
  • 不予・不豫(天皇の病気)

言動に関する語[編集]

  • 行幸ぎょうこう(天皇の外出)[7][8]
  • 行啓(皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃の外出)
  • 御幸(上皇の外出)
  • お成り(その他の皇族の外出)
  • 巡幸・宸遊・震遊(天皇の巡遊)
  • 巡啓(皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃の巡遊)
  • 還御・還幸(天皇、上皇が帰還すること)
  • 還啓(皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃が帰還すること)
  • 御親臨・親臨(天皇が自ら出向くこと)
  • 出御しゅつぎょ・渡御(天皇の外出、又は目下の者の前に出向くこと、もしくは天皇、皇后のお出まし)
  • 入御(天皇、皇后がその場から退出すること、天皇、皇后などが内裏に入ること)
  • 臨御(天皇がその場においでになること)
  • 御台臨・台臨(三后、皇族がおいでになること)
  • 進御(天皇が進み出ること、天皇のおでまし)
  • 着御(天皇が到着すること)
  • 通御(天皇・三后がお通りになること)
  • 昇御(天皇、皇后が高御座、御帳台などに昇ること)
  • 御発れん・発輦(天皇が車等で出発すること)
  • 御駐輦・駐輦(天皇が行幸の途中で車を止めること)
  • 鹵簿ろぼ(行幸、行啓の行列のこと)
  • 御親拝・親拝(天皇の神社への直接参拝)
  • 御拝(天皇が拝礼すること)
  • 御親覧・御宸覧・御天覧・御上覧・御叡覧・御宸鑑・御宸鑒(天皇がご覧になること)
  • 御台覧(天皇以外の皇族がご覧になること)
  • 遷御(天皇、上皇が引っ越すこと)
  • 寝御(天皇が寝ること)
  • 渙発(天皇が詔勅を広く国内外に示すこと)
  • 崩御(天皇、上皇、三后[9]並びに外国の国王[10]及び三后の逝去に用いる)
  • 薨御(皇太子の逝去に用いる)
  • 薨去(天皇、上皇、三后、皇太子以外の皇族[11]及び王配を含む外国の王族[12]の逝去に用いる)
  • 降誕こうたん(皇族の出生)[13]

その他[編集]

  • 御真影(天皇の写真)
  • ぎょ宇(天皇の治世)
  • りょう駕(天皇が乗車する乗り物)
  • 宸輿しんよ(天皇の乗る輿こし
  • 玉輦(天皇・皇后・皇太后が乗車する乗り物)
  • かく駕(皇太子が乗車する乗り物)
  • けつ・宸闕・宮闕・禁えき・宸掖(天皇の住居)
  • 紫宸(天皇の御殿)
  • 玉座(天皇の座席)
  • 皇謨・聖謨・皇猷・宸謨(天皇のはかりごと、施策)
  • 宸翰・宸筆・宸章(天皇の書いた筆跡)
  • 御製(天皇の詠んだ和歌)[14]
  • 御歌(「みうた」皇后の詠んだ和歌)[14]
  • お歌(その他の皇族の詠んだ和歌)[14]
  • 勅語・優諚・おことば(天皇の声明)
  • 御下(天皇が食べた食事の残り)
  • 宸宴(天皇の催す酒宴)
  • 御遊(天皇などが催す詩歌管弦の遊び)

現代における使用[編集]

この法律は、天皇陛下が、昭和六十四年一月七日の御即位以来二十八年を超える長期にわたり、国事行為のほか、全国各地への御訪問、被災地のお見舞いをはじめとする象徴としての公的な御活動に精励してこられた中、八十三歳と御高齢なられ、今後これらの御活動を天皇として親ら続けられることが困難となることを深く案じておられること、これに対し、国民は、御高齢に至るまでこれらの御活動に精励されている天皇陛下を深く敬愛し、この天皇陛下お気持ちを理解し、これに共感していること、さらに、皇嗣である皇太子殿下には、五十七歳となられ、これまで国事行為の臨時代行等の御公務に長期にわたり精勤されておられることという現下の状況に鑑み(以下略) — 天皇の退位等に関する皇室典範特例法第1条

乗車になられましたら」のような、二重敬語(あるいは三重敬語)は、主に皇室に対してのみ使用されてきたものであるため、世間一般において使用される場合には過剰であると見做される場合がある。「日本語の乱れ」を参照。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 各国の元首名等一覧表”. 外務省. 2020年4月11日閲覧。
  2. ^ ウィレム・アレキサンダー・オランダ王国国王陛下及び同王妃陛下の来日”. 外務省. 2015年2月8日閲覧。
  3. ^ シハモニ国王陛下及びモニニアット皇太后陛下を御弔問」外交青書・要人往来”. 外務省. 2015年2月8日閲覧。
  4. ^ 女王陛下及び王配殿下主催午餐会(英国女王陛下ご即位60周年記念)(ウィンザー城)”. 宮内庁. 2015年2月8日閲覧。
  5. ^ ご昼餐(ヨルダン国王陛下,王弟ファイサル殿下,王妹ラーイヤ殿下及び王族ガーズィ殿下)(御所)”. 宮内庁. 2015年2月8日閲覧。
  6. ^ ローマ法王フランシスコ台下の訪日”. 外務省. 2020年4月11日閲覧。
  7. ^ お出ましに関する用語”. 宮内庁. 2015年2月8日閲覧。
  8. ^ 2011年2月14日 天皇皇后両陛下の行幸啓”. 国立国会図書館. 2015年2月8日閲覧。
  9. ^ 昭和天皇・香淳皇后”. 宮内庁. 2015年2月8日閲覧。
  10. ^ アブドッラー・サウジアラビア王国国王崩御に際しての皇太子殿下及び福田政府特派大使の弔問”. 外務省. 2015年2月8日閲覧。
  11. ^ 平成26年6月8日 内閣総理大臣謹話(桂宮宜仁親王殿下薨去に際し)”. 首相官邸. 2015年2月8日閲覧。
  12. ^ 王太子ナーイフ殿下の薨去に関する野田内閣総理大臣の談話”. 外務省. 2015年2月8日閲覧。
  13. ^ 第125代天皇明仁出生の昭和8年(1934年)に発行された『婦人画報増刊』『婦人倶楽部五月号別冊』のサブタイトルにはいずれも、「御降誕記念奉祝」「御降誕記念」の語が存在する。官公署での用例は昭和天皇の命名(裕仁)を告示した明治34年(1901年)5月5日の『宮内省告示第八號』にある、「四月二十九日午後十時十分降誕アラセラレタル親王御名ヲ裕仁ト命セラレ迪宮ト稱シ奉ル 明治三十四年五月五日 宮内大臣子爵田中光顕」が最後となっている。
  14. ^ a b c 皇室に伝わる文化 歌会始”. 宮内庁. 2021年5月12日閲覧。

関連項目[編集]