會田勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
會田 勝美
(あいづ かつみ)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 水産学
研究機関 東京大学
出身校 東京大学農学部卒業
東京大学大学院
東京大学博士
主な業績 魚類の生殖内分泌の研究
プロジェクト:人物伝

會田 勝美(あいだ かつみ、1944年 - )は、日本水産学者農学博士。元東京大学大学院農学生命科学研究科長・農学部長

人物[編集]

長年にわたり魚類・甲殻類の成熟・産卵の内分泌調節機構に関する研究に取り組む。日本水産学会の理事、評議員、編集委員長を歴任し、2006年度から4年間は同学会の会長を務めた[1]

略歴[編集]

公職[編集]

  • 日本水産学会会長
  • 農学会会長
  • 日本農学アカデミー副会長
  • 草加市教育委員会委員
  • 埼玉県内水面漁場管理委員会会長

著作[編集]

編著[編集]

  • 『Eel Biology』,Springer,2003
  • 『魚類生理学の基礎』,(編著)恒星社厚生閣,2002
  • 『動物生産学概論』,(編著)文永堂出版,1996

脚注[編集]

  1. ^ 平成23年度日本水産学会各賞受賞者の選考結果について

関連項目[編集]