月の錯視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
満月

月の錯視(つきのさくし、英語: Moon illusion)は、地平線に近いがより高く昇った月より大きく見える錯視である 。 古くから知られていて、様々な文明で記録されている。この錯覚についての説明は未だ議論されている[1][2][3]

錯覚の証明[編集]

紀元前4世紀にアリストテレスが主張した地球の大気による光の屈折によるものとする説が有名である。 しかし、実際は大きいように見えるだけで拡大されて見えているわけではない[4] 。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hershenson, Maurice (1989). The Moon illusion. ISBN 0-8058-0121-9. https://books.google.com/books?id=x1qcL4CTwlIC 
  2. ^ 「地平の月はなぜ大きいか―心理学的空間論」 苧阪良二 1985 講談社, ISBN 4-0611-8194-7
  3. ^ Finally! Why the Moon Looks Big at the Horizon and Smaller When Higher Up”. Psychology Department, University of Wisconsin-Whitewater (2004年11月10日). 2015年12月2日閲覧。
  4. ^ “See a huge moon illusion”. USA Today. (2008年6月17日). https://www.usatoday.com/tech/science/space/2008-06-17-moon-illusion_N.htm