月刊ガンガンWING

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月刊ガンガンWING』(げっかんガンガンウイング)は、スクウェア・エニックス2009年まで発行していた日本月刊少年漫画雑誌。毎月26日発売。

概要[編集]

前身は1992年4月に創刊した『月刊少年ガンガン』の季刊増刊誌『フレッシュガンガン』。同誌は1996年に『ガンガンWING』へと誌名変更し、1998年5月に隔月刊化(奇数月26日発売)。1999年5月に『隔月刊ガンガンWING』(奇数月26日発売)へ誌名変更・独立創刊した後、2001年1月より姉妹誌『月刊ステンシル』と共に月刊誌となる。しかし同年秋、いわゆるエニックスお家騒動が勃発、それまで雑誌を支えてきた中心的な作品が次々と休止(事実上の連載終了)となり、「まほらば」「ハイパーレストラン」「ワンダフルワールド」の3作品のみを残して連載作品の8割が一気に終了するという異常事態に陥るが、その後は「まほらば」の人気上昇などもあり誌面の弱体化は解消した。

2006年10月号より誌上・公式サイト上の表記が『月刊ガンガンウイング』となり、それまで『WING』の文字を強調していた雑誌ロゴデザインも『ガンガン』を強調する形に変更。2009年2月26日発売の4月号で「5月号を以てガンガンウイングとしての発行を終了し『月刊ガンガンJOKER』として生まれ変わる」ことが発表され、本誌で連載されていた作品の一部は4月23日創刊のJOKERないしウェブコミック誌ガンガンONLINE』へ移籍した。

新人を発掘する手段として、ガンガンウイング天の翼賞という賞を設けていた。また、2000年から2002年まで『ガンガンWING小説大賞「活字やろうぜ。」』を5回にわたり開催。オリジナルストーリー部門以外に外伝作品部門・漫画原作部門の3部門が設けられたが、入選者は第1回にオリジナルストーリー部門で1名(横井哲正「夢見が丘」)が出たのみで、第2回以降は入選者が出ないまま廃止された。この流れを受けて、2004年より募集が開始されたスクウェア・エニックス小説大賞受賞作の漫画連載を行っていた。

アニメ化された連載作品には「まほらば」(2005年放送、タイトルは「まほらば〜Heartful days」)・「瀬戸の花嫁」(2007年放送)・「夏のあらし!」(2009年放送)がある。

歴代編集長[編集]

連載作品[編集]

★印の付いているものはエニックスお家騒動時に終了した作品である。このうち冬季ねあを除くすべての作者がマッグガーデンに移籍した。

ガンガンJOKERへ移籍[編集]

ガンガンONLINEへ移籍[編集]

ガンガンウイングコミックス[編集]

ガンガンウイングコミックスは『月刊ガンガンウイング』に掲載された作品を主に収録する漫画単行本レーベル1999年2月創刊、2009年7月刊行のタイトルを以てレーベル廃止。略称は「GWC」。

原則としてB6判だが「御意見無用っ!!」(よしむらなつき)など掲載誌の移行に合わせてGag-Oh! コミックスからレーベルが変更された新書判のタイトルもある。2001年のエニックスお家騒動で連載作品の大半を失って以降、しばらく新書判のタイトルは刊行されていなかったが2007年2月に第1巻が発売された「夏のあらし!」(小林尽)が久々に新書判での刊行となった。

本レーベルより刊行されていた作品でJOKERやONLINEへ移籍した作品は、大半が途中の巻より移籍先のレーベルに変更されて刊行を継続している。

ガンガンWINGコミックススペシャル[編集]

当初は月刊Gファンタジー編集部のスーパーコミック劇場と同様、コンピュータゲームを題材にしたA5判のアンソロジー集で「Kanon」「テイルズ オブ エターニア」「スターオーシャン ブルースフィア」などが刊行されたが、2005年頃からは主として連載作品のファンブック(原則としてB6判)に使用された。