月刊コンプエース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
月刊コンプエース
Comp-Ace
Comp Ace logo.png
愛称・略称 コンプ
刊行頻度 季刊 → 隔月刊 → 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 KADOKAWA
発行人 青柳昌行
編集人 栗原健
刊行期間 2005年3月10日 -
レーベル 角川コミックス・エース
姉妹誌 本文を参照
ウェブサイト コンプエース公式サイト
テンプレートを表示

月刊コンプエース』(げっかんコンプエース、Comp-Ace)は、KADOKAWA発行(角川書店ブランド)の漫画雑誌

2005年3月26日の発刊当初は季刊であったが、同年11月26日発売のVol.4より隔月化し、2006年12月26日発売のVol.10より月刊化。2007年6月26日発売の8月号にて『コンプティーク』増刊号から独立創刊したことに伴い、雑誌名に「月刊」が追加された。

沿革[編集]

月刊少年エース』増刊『エース桃組』の実質的後継誌だが、エースとコンプティークの共同編集により、コンピュータゲーム漫画化作品を中心とするメディアミックス路線が敷かれ、桃組とは異なるコンプティーク増刊の漫画誌として創刊した。

コンプティークより分離した漫画雑誌には、過去に『月刊コミックコンプ』(1988年 - 1994年)が存在したが、「コンプ」の名を冠した漫画雑誌の再登場は、コミックコンプ休刊以来11年ぶりとなる[1]。なお、コンプティーク増刊であったことの名残からか、書店では漫画雑誌のコーナーではなく、ゲーム雑誌やアニメ雑誌と同じ場所に置かれていることもある。

2012年頃まではアダルトゲームの漫画化作品が多数連載されていたが、少年誌の性質上、女性キャラクターのお色気シーンはかなり抑えた表現にされ、ストーリー上も際どい内容は稀である。2014年はTYPE-MOON関連作品と「魔法少女リリカルなのはシリーズ」が連載作品の半数を占めていた。その後は小説や一般ゲームが原作の作品がメインとなっている。

創刊当時は、原則として漢字読み仮名が振られていなかったが、兄弟誌の『月刊少年エース』が少年誌である事を考慮して、現在は全ての漢字に読み仮名が振られている。ただし、連載作品を単行本化する際には、内容の一部を変更した上で、ルビが除去される場合もある[2]。掲載されている作品が一気に終了した場合や休載が多い場合、もしくは箱詰めのスティックポスターなどの付録が付いている場合、本誌ページ数が減少させられることがある。ゆえに号によって、本誌の厚さは大きく変動する。

2010年6月1日第三種郵便物に承認される。『月刊少年エース』や『ヤングエース』、『ケロケロエース』、『月刊Asuka』、『コンプティーク』など、角川書店が発行する漫画雑誌群によって共同主催されている角川漫画新人賞に参加しているが、コンプエースにはコンプティークと共同の特別賞が用意されている。

連載中[編集]

オリジナル作品[編集]

漫画化作品・メディアミックス企画[編集]

連載とは別に、『SHUFFLE!』『.hack//G.U.』『ひぐらしのなく頃に』『Fate/stay night』などといった、ゲームの短編アンソロジーが掲載されることがある。また、既刊のアンソロジー単行本からの再録が行なわれる場合もある。

不定期掲載・中断中[編集]

連載終了[編集]

漫画化作品・メディアミックス企画[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

オリジナル作品[編集]

  • 朱月のアゲハ(桐原小鳥
  • あか☆ぷろ!!! 〜明るい三姉妹プロジェクト〜(キャラクターデザイン:美水かがみ・漫画:あらきかなお)
  • 異議ガール!(脚本:鰐梨・作画:春河もえ・協力:オーガスト、2016年11月号 - 2017年1月号)※集中連載
  • 荊冠(いばら)のアゲハ(漫画:桐原小鳥、2013年6月号 - 2014年3月号)
  • うつうつひでお日記(吾妻ひでお
  • うみねこ通りのペルさん(漫画:新居さとし、2008年11月号 - 2009年5月号)
  • HR(漫画:くろがねぎん、創刊号 - 2008年8月号)
  • がくだん!(原作:竹井10日・作画:坂野杏梨、2015年6月号 - 2016年3月号)
  • KATi KATi(漫画:大富寺航)
  • 教壇のクロア(原作:井上敏樹・漫画:かのえゆうじ)
  • 幻想主義(犬威赤彦
  • 桜とゆ~れい(漫画:てっけんとう
  • しるバ.(漫画:爆天童、創刊号 - 2008年12月号)
  • セカイで君はただ一人(漫画:神楽坂まな、2008年8月号 - 2008年11月号)
  • 男子禁制!!フレーゼ女学院(漫画:あずまゆき、2012年4月号 - 2012年11月号)
  • はとがいる(漫画:てっけんとう、2008年5月号 - 2011年1月号)
    • 代理原稿扱いでの不定期掲載であったが、2008年12月号より定期連載。2009年6月より公式サイトでも同時連載されていた。
  • Battle Cinder-Ella(画:さなづらひろゆき)
  • ヒビキのマホウ(原作:麻枝准・漫画:依澄れい、2006年Vol.006 - 2016年5月号)
    • 月刊少年エースより移籍、不定期掲載作品。
  • ピヨ子と魔界町の姫さま(渡会けいじ、2017年10月号 - 2019年1月号)
  • ファスガ! FAST SONIC GIRLS(長谷見亮・構成・設定協力:ホンダコウイチ、2015年10月号 - 12月号)※短期集中連載
  • 放課後アトリエといろ (華々つぼみ、 - 2013年3月号)
    • コンプティークとの同時連載。
  • ほしをつぐもの (原作:原田宇陀児・漫画:宇佐美渉、2006年Vol.004) 
  • M.A.O.(漫画:大富寺航、2008年9月号 - 2009年3月号)
  • まっしろノート(漫画:凪庵、2009年7月号 - )
  • 宮河家の空腹(漫画:美水かがみ、2009年6月号 - 2013年3月号)
    • コンプH'sより移籍、一時期は『らき☆すた』本編と平行して連載されていた。コンプティークへ移籍。
  • 〜優駿乙女〜 サラブレドール(原作:あかほりさとる・漫画:伊藤大育・キャラクター原案:MATSUDA98、2009年3月号 - 12月号)
  • レンズドロップス(漫画:貴島煉瓦
  • 我らひとしくギャルゲヒロイン(じゅうあみ、 - 2018年2月号)※他作品の代原として不定期連載

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コンプティーク本誌も2003年のリニューアル以降は実質上、漫画雑誌化している。
  2. ^ 「D.C.III 〜ダ・カーポIII〜」など。
  3. ^ 『コンプティーク』にも同じものが掲載されていたが、『コンプティーク』2016年3月号と本誌2016年4月号からはそれぞれ異なるエピソードが連載されるようになった。