月城かなと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

月城 かなと(つきしろ かなと、12月31日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する男役。月組3番手スター[2]

神奈川県横浜市[1]田園調布学園高等部出身[1]。身長172㎝[1]。愛称は「れいこ」[1]

来歴[編集]

2007年4月、宝塚音楽学校入学。

2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は17番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台。その後、雪組に配属。

2013年、「Shall we ダンス?」で、新人公演初主演。以降、3回に渡って新人公演主演を務める。

2015年4月、エアウィーヴのCMキャラクターに永久輝せあ星南のぞみ有沙瞳らと起用される[3]。同年、「銀二貫」で、バウホール初主演。

2016年、ショー「Greatest HITS!」で、初のエトワールを務める。

2017年、「New Wave!-雪-」(バウホール公演)で、永久輝せあとバウW主演を務める。同年2月20日付で月組へと組替え。

2018年、「THE LAST PARTY」(日本青年館・シアタードラマシティ公演)で、東上公演初主演[2]。続く「エリザベート -愛と死の輪舞-」では、過去に演じた男役の多くが後にトップに就いた出世役の暗殺者ルキーニ役に抜擢[4]

人物[編集]

憧れの上級生は元雪組トップスターの朝海ひかる[5]

宝塚に入りたいと思ったきっかけは、朝海主演の『Romance de Paris』。両親を説得し「一回だけなら応援するけど、だめだったら諦めなさい」と条件付きで音楽学校を受験し見事合格した[5]

出演したかった作品は「心中・恋の大和路」で、演じたい役は与平とインタビューで語っており、2014年の同作再演にて念願の与平を演じた[5]

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2009年4~5月、宙組『薔薇に降る雨/Amour それは…』(宝塚大劇場のみ)

雪組時代[編集]

  • 2009年7月 - 10月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-/RIO DE BRAVO!!』新人公演:パヴェル・ウソツキー(本役:紫友みれい)
  • 2009年11月 - 12月、『雪景色』(バウホール・日本青年館)
  • 2010年2月 - 4月、『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢』新人公演:ヘルディー(本役:奏乃はると
  • 2010年6月 - 9月、『ロジェ/ロック・オン!』新人公演:アイザック(本役:大湖せしる
  • 2011年1月 - 3月、『ロミオとジュリエット
  • 2011年4月 - 5月、『黒い瞳/ロック・オン!』(全国ツアー)トマーノフ
  • 2011年7月、『灼熱の彼方』(バウホール)スプリウス
  • 2011年9月 - 11月、『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』新人公演:ルイ13世(本役:透真かずき
  • 2011年12月 - 2012年1月、『Samourai』(ドラマシティ・日本青年館)シモン
  • 2012年3月 - 5月、『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』ハイメ、新人公演:異端審問長官(本役:奏乃はると)
  • 2012年7月 - 8月、『双曲線上のカルテ』(バウホール・日本青年館)ダンテ
  • 2012年10月 - 12月、『JIN-仁-/GOLD SPARK!-この一瞬を永遠に-』城月鉋之助、新人公演:中岡慎太郎(本役:蓮城まこと
  • 2013年2月、『若き日の唄は忘れじ/Shining Rhythm!』(中日劇場)犬飼兵馬
  • 2013年4月 - 7月、『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』農民、新人公演:ベルナール(本役:彩凪翔早霧せいな
  • 2013年8月 - 9月、『若き日の唄は忘れじ/ナルシス・ノアールII』(全国ツアー)山根清次郎
  • 2013年11月 - 2014年2月、『Shall we ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!』ダンサー[男]、新人公演:ヘイリー・ハーツ(本役:壮一帆*新人公演初主演
  • 2014年3月 - 4月、『心中・恋の大和路』(ドラマシティ・日本青年館)手代・与平
  • 2014年6月 - 8月、『一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA』庄司甚内、新人公演:前田慶次(本役:壮一帆)*新人公演主演
  • 2014年10月 - 11月、『パルムの僧院 ―美しき愛の囚人―』(バウホール)フェランテ・パッラ
  • 2015年1月 - 3月、『ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-/ファンシー・ガイ!』レトー・ド・ラ・ヴィレット、新人公演:カリオストロ伯爵(本役:望海風斗
  • 2015年5月 - 6月、『アル・カポネ ―スカーフェイスに秘められた真実―』(ドラマシティ・赤坂ACTシアター)エリオット・ネス
  • 2015年7月 - 10月、『星逢一夜/La Esmeralda』 細川慶勝、新人公演:天野晴興(本役:早霧せいな) *新人公演主演
  • 2015年11月、『銀二貫』(バウホール)松吉 *バウ初主演
  • 2016年2月 - 5月、『るろうに剣心』四乃森蒼紫
  • 2016年6月 - 8月、『ローマの休日』マリオ・デ・ラーニ/アーヴィング・ラドビッチ(彩凪翔との役替わり)
  • 2016年10月、『私立探偵ケイレブ・ハント』/『Greatest HITS!』マクシミリアン *初エトワール
  • 2017年2月、『New Wave! -雪-』(バウホール) *バウW主演

月組時代[編集]

  • 2017年4月~5月、『瑠璃色の刻』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)ジャック
  • 2017年7月~10月、『All for One〜ダルタニアンと太陽王〜』ベルナルド
  • 2017年11月~12月、『鳳凰伝-カラフとトゥーランドット-/CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』(全国ツアー)バラク
  • 2018年2月~5月、『カンパニー -努力、情熱、そして仲間たち-/BADDY-悪党は月からやって来る-』水上那由多、ポッキー巡査
  • 2018年6月~7月『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』(日本青年館・シアタードラマシティ)TSUKISHIRO/スコット・フィッツジェラルド *東上初主演
  • 2018年8月~11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』ルイジ・ルキーニ、フランツ・ヨーゼフ(代役[6]
  • 2019年1月、『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』(バウホール)アレクセイ・カレーニン
  • 2019年3月〜6月、『無限無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クルンテープ 天使の都』本位田又八

CM出演[編集]

  • 2015年4~9月、エアウィーヴ

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、52頁。ISBN 978-4-86649-049-6。
  2. ^ a b 宝塚月組スター・月城かなと 初東上作開幕スポーツ報知
  3. ^ ~最高の舞台はいい眠りから~株式会社エアウィーヴホールディングス。
  4. ^ 男役10年、満を持しての東京初主演/月城かなと日刊スポーツ
  5. ^ a b c “『宝塚歌劇の日本物を次代に伝える。美しき若手スター』”. ウィズたからづか. (2014年7月号). http://www.with-takarazuka.com/fairy/2014/07/ 
  6. ^ 美弥るりか休演に伴い9月22日から26日まで代役を務めた