月岡野の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
月岡野の戦い
戦争安土桃山時代
年月日天正6年10月(1578年10月)
場所越中国上栄周辺
結果斎藤利治の勝利、河田長親の敗北
交戦勢力
Oda emblem.svg 織田軍 上杉氏竹に雀 上杉軍
指導者・指揮官
斎藤利治
援軍姉小路頼綱

河田長親
椎名小四郎
損害
不明 首級360討取らる
捕捉兵三千人以上

月岡野の戦い(つきおかののたたかい)は、天正6年(1578年)10月4日に越中国月岡野(現、富山市上栄周辺)において織田軍(斎藤利治)と上杉軍(河田長親)が戦い、織田軍が勝利した戦い。

戦いの背景[編集]

1578年3月、上杉謙信が急死し、その後継者争い「御館の乱」が勃発すると、織田信長はこれを好機と捉え、4月には上杉氏勢力下にある越中国を攻略すべく、越中出身で越中守護代家の由緒をもつ神保長住佐々長穐らの兵をつけて飛騨口から侵攻させた。当時北陸侵攻に当たっていた柴田勝家加賀一向一揆に手間取っており、能登も上杉方が保持していた。そこで、飛騨口から越中を攻略することによってこれらの上杉軍と越後との連絡を絶ち、分断撃破する戦略があったと思われる。長住は神保旧臣や国人衆を味方につけて砺波郡の増山城を攻略するなど一定の成果をあげたが、越中国内は依然として上杉氏優勢であり、9月には織田信忠付の重臣(側近斎藤利治率いる濃尾の兵が援軍として越中戦線に送られた。

戦いの経過[編集]

斎藤利治率いる織田軍は姉小路氏三木氏)の支援を受けて越中南部に進出、津毛城を攻略すると、神保勢に守備を任せ、さらに北進して今泉城を攻めた。しかし守りは堅く、夜半になり撤退を開始した。これに対し、河田長親椎名小四郎率いる上杉軍は城を打って出て織田軍を追撃した。しかし戦巧者の利治は地形の複雑な月岡野まで上杉軍を引きつけ、ここで一挙に逆襲に転じ、首級360を討ち取り、三千人以上捕捉し勝利を得た。後から加わった同盟軍・美濃斎藤氏親族である姉小路頼綱飛騨から長棟越えで越中に入り加勢し合流[1]。 その後今泉城も攻略、信長や嫡男信忠は利治に感状と加増を与えてその戦功を称えたとともに、今後も美濃斎藤氏跡取りである利治の信頼は絶大となった[2][3]

戦いの結果[編集]

  • この戦いの結果、日和見の越中国人らが続々と織田氏に帰順し、越中国内の勢力図は塗り替えられ、上杉氏の劣勢が決定的となった。
  • 信長はこの戦果を拡大すべく、信忠付の毛利長秀坂井越中守森長可佐藤秀方らをさらに援軍として送るが[4]、北国越中の厳冬への危惧と、上方で荒木村重の謀反が起こったため撤退を命じ、一気に進展するかにみえた信忠軍による越中平定は頓挫し、上杉氏に立ち直らせる時間を与えることになったが、勝利(大勝)したことで、上杉軍は合戦より、後退を余儀なくされる。
  • 越中斎藤氏が美濃斎藤氏である斎藤利治へ味方したことにより、越中国衆の大半が味方し、加賀国能登国までも影響を及ぼした。
  • さらに越中平定は月岡野の戦いによる影響が後に柴田勝家率いる北陸方面軍へ引き継がれ再興されることになる。

戦後の影響[編集]

  • 月岡野の戦いで織田が上杉に一度でも大勝したことは、のちのちまでも大きな影響を与えた(第三次信長包囲網を崩壊させた)。
  • 京都では織田が勝利したことで、天下に面目を保つことができた。
  • 織田の強さが日本全国に知れ渡ることにもつながった(信長は全国の大名に書状を送った)。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 富山国際大学地域学部紀要 第 8 巻 (2008.3)- 29 -津毛城・桃井直常・黒牧彦など -富山国際大学周辺と歴史と伝説から-About Tsuge Castle, Momonoi Tadatsune, Kuromakihiko and so on ― Some Topics on the History and Legends around Toyama University of International Studies ― 非常勤講師 堀田 裕史HORITA Hiroshi
  2. ^ 富加町上巻史料編 722P「軍記物に斎藤新五が信長・信忠の御供との内容がある。」
  3. ^ 「注進の趣読んだ。去る四日敵の河田豊前や椎名小四郎らが組んで出て来たのを、一戦に及んで切崩し、三千余人を討捕ったとの事、誠にりっぱな働きで比類なき戦功である。感心の至りで、天下の評判である。いよいよこれからも戦功を励むことが大切である。 天正六年十月十一日 斎藤新五殿 信長印」
  4. ^ 「尚久。寒天の分ご苦労の段とお察しする。(中略)尚これから加勢のため毛利河内守につけて森勝蔵・坂井越中守・佐藤左衛門の諸将を派遣する。いずれ重ねてお知らせする。よい注進を待っている。天正六年十月十二日 斎藤新五殿 信忠印」。富加町史編集委員会 1980, p.231-232