月浦白尾インターチェンジ連絡道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国道159号標識
国道249号標識
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
石川県道56号標識

月浦白尾インターチェンジ連絡道路(つきうらしろおインターチェンジれんらくどうろ)は、国道159号(重複:国道249号津幡バイパス約10.9 kmおよび、石川県道56号七塚宇ノ気線約1.4 kmからなる延長約12.3 kmの石川県金沢市からかほく市へ至る地域高規格道路である。2005年平成17年)12月に全線が開通した。

これにより、国道159号(重複:国道249号)金沢東部環状道路金沢外環状道路)3.4 km(今町 - 月浦)とを合わせ、金沢森本ICと白尾ICをつなぐことで北陸自動車道と、のと里山海道(旧:能登有料道路)が直結することとなった。連絡道路全線には信号機は全くない。

インターチェンジなど[編集]

金沢東部環状道路[編集]

津幡バイパス[編集]

石川県道56号七塚宇ノ気線[編集]

関連項目[編集]