有仍氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

有仍氏(ゆうにょうし、ゆうじょうし、拼音: yǒuréng shì)は、中国の歴史書に見えるの時代の氏族。主な出身人物はの后である緡や玄妻

有仍氏は有任氏、或いは有扔氏と書かれる事もあるが、それは上古の時代、「仍」と「任」と「扔」が通仮字であった事が原因である。

有仍氏の伏羲を祖とする風姓で、その本貫は古代の兗州任城亢父に相当する現在の山東省済寧市金郷県任城区であるとされる。

荘子』には「任公子」という釣り人の話がある。

戦国時代に滅ぼされたとされるが、その原因は不明である。

中国の代に生きた沈既済は、妖狐が任氏の美女に変化して鄭六という人物の妻になるという『任氏伝(じんしでん)』を書いた。

参考文献[編集]