有吉の壁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
有吉の壁
ジャンル お笑い番組 / バラエティ番組
企画 橋本和明
構成 そーたに
樅野太紀
谷口マサヒト
ほか
ディレクター 後述
演出 橋本和明(総合演出)
出演者 有吉弘行
佐藤栞里
ほか
ナレーター 桐谷蝶々
製作
プロデューサー 横澤俊之
秋山健一郎(統轄P)
横田崇CP
製作 日本テレビ
放送
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年4月8日 -
放送時間 水曜日 19:00 - 19:56
放送分 56分
公式サイト
特番時代
放送期間 2015年4月7日 - 2020年1月5日
回数 13

特記事項:
レギュラー化初回は2時間SP(19:00 - 20:54)。
テンプレートを表示

有吉の壁』(ありよしのかべ)は、日本テレビ系列で放送されているバラエティ番組である[1]有吉弘行冠番組

2015年4月7日 - 2020年1月5日まで深夜帯を中心に不定期の特別番組として13回放送したのち、2020年4月8日より、毎週水曜日の19:00 - 19:56(JST)でレギュラー放送中。

概要[編集]

「次世代を担う若手お笑い芸人たちが、有吉弘行が用意した『お笑いの壁』に挑戦し、壁を越え芸人として成長する」というコンセプトの番組。

有吉とアシスタントの進行のもと、話題の次世代お笑い芸人たちがお笑い企画にチャレンジする。当初はお笑いの手本『先輩の壁』として中堅芸人も参加していたが[2]お笑い第七世代に代表される若手の台頭もあり、回を追うごとに中堅芸人の登場は少なくなっている。

番組の最後には最多クリア者が発表され(第6弾まで)、その後有吉の独断と偏見で優勝が発表されるが、優勝がレギュラー参加者への卒業フラグになることもある。

当番組は『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』や『内村プロデュース』の流れを汲む若手芸人むちゃブリ番組で、第2弾『有吉の壁II』の放送後、視聴者からネット上で絶賛の声が多数あがっている。また、芸能人の間でも評判が良く三村マサカズさまぁ〜ず)や広瀬すずらが称賛のツイートをしている[3]

好評につき、不定期の特番として年に3回程度放送されるようになり[4]、2016・2017年の年末は『エンタの神様』とのコラボ特番を放送[5]。2017年12月29日放送の第9弾の前日には、本選参加を賭けた超フレッシュな芸人が参加する『有吉の壁・若手予選会』を放送した。2018年は「秋の陣」1回のみ放送だったが、2019年は新春の単独特番として1月2日に放送され、その年の10月2日にはゴールデン2時間SPとして放送された。2020年の1月5日には再び新春の単独特番として放送。

2020年4月改編で水曜19時台でのレギュラー化が決定。以前から行われていた「一般人の壁」「流行語大賞の壁」のコーナーを中心に展開される[6][1]

4月22日〜6月10日の放送分では新型コロナウイルスの影響で「一般人の壁」の収録ができなかった為、前半部分は過去の特番で放送された「一般人の壁」に出演者の解説副音声を新規に収録した再編集版を放送していた[注 1]。なお、「一般人の壁」は7月1日放送予定分より再開する[7][8]

2020年5月6日放送の2時間SPが、5月度ギャラクシー賞月間賞を受賞した[9]

Huluでは『編集の壁』を越えられずカットされた未公開ネタや、出演者の打ち上げの様子といったオフショットも含めたバージョンが配信されている。

放送日・内容[編集]

不定期特番時代[編集]

番組名 サブタイトル 放送日 放送時間(JST) 放送内容
有吉の壁 有吉VS25人の芸人!熱海で有吉を笑わせろ! 2015年4月7日(火曜日) 23:59 - 翌0:54[10]
  • 季節の壁」を越えろ! 真夏のビーチ選手権
  • 商店街の壁」を越えろ! おもしろ街の人選手権
  • ごちそうの壁」を越えろ! 鍋の具材争奪おもしろ選手権
有吉の壁II 総勢27名の芸人が有吉を笑わせる! 2015年8月3日(月曜日) 23:59 - 翌0:54[10]
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ遊園地の人選手権
  • モザイクの壁」を越えろ! オモシロさんが転んだ選手権
  • ごちそうの壁」を越えろ! 鍋の具材争奪おもしろ選手権
有吉の壁III 総勢29人の芸人が有吉を笑わせる! 2015年12月28日(月曜日) 23:20 - 翌0:25
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ遊園地の人選手権
  • 季節の壁」を越えろ! 極寒の雪上で裸の男達が超過酷リアクション選手権
  • ごちそうの壁」を越えろ! お寿司争奪おもしろ大喜利選手権
有吉の壁IV 総勢28人の芸人が有吉を笑わせる! 2016年3月28日(月曜日) 23:59 - 翌0:54[10]
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろキャンパスの人選手権
  • 季節の壁」を越えろ! ミッションアツアツポッシブル選手権
  • ごちそうの壁」を越えろ! お寿司争奪おもしろ大喜利選手権
有吉の壁V 総勢33名の芸人が激闘!
江戸の町に潜んで有吉を笑わせろ!
2016年7月3日(日曜日) 23:00 - 23:55
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ江戸の人選手権
  • ドキュメンタリーの壁」を越えろ! カベフェッショナル〜仕事の流儀〜
  • なりきりの壁」を越えろ! 有名人しか入れないお寿司屋さん選手権
有吉の壁VI エンタの神様&有吉の壁
クリスマスイブは爆笑パーティーで
盛り上がろう!SP・第2部
2016年12月24日(土曜日) 21:45 - 23:34[注 2]
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ遊園地の人選手権
  • 季節の壁」を越えろ! サンタさんが転んだ選手権
  • なりきりの壁」を越えろ! なりきりすたぁツアーズ選手権
  • クリスマスの壁」を越えろ! プレゼント争奪おもしろ選手権
有吉の壁VII 有吉VS総勢32人の芸人が本気でオモシロ対決! 2017年4月16日(日曜日) 23:00 - 23:55
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ箱根の人選手権
  • リアクションの壁」を越えろ! ビリビリ・アツアツ運動会
  • なりきりの壁」を越えろ! 有名人が集まるスナック選手権
有吉の壁VIII 有吉VS芸人37人が本気でオモシロ対決! 2017年6月24日(土曜日) 22:00 - 23:24
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろハワイアンリゾートの人選手権
  • なりきりの壁」を越えろ! 有名人が集まるハワイアンバー選手権
  • 余興の壁」を越えろ! おもしろ披露宴の人選手権
有吉の壁
第1回
若手予選会
本戦出場をかけて14組
総勢31人の若手がバトル!
2017年12月28日(木曜日) 0:59 - 1:29
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ熱海の商店街の人選手権
有吉の壁IX エンタの神様&有吉の壁
年末は爆笑パーティーで
盛り上がろう!SP・第2部
2017年12月29日(金曜日) 19:00 - 23:24[注 3]
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ富士急ハイランドの人選手権
  • なりきりの壁」を越えろ! 有名人しか乗れないVIP(ビップ)電車
  • リアクションの壁」を越えろ! おもしろ爆破フリーキック
  • ごちそうの壁」を越えろ! 寿司ネタ争奪! おもしろ選手権
有吉の壁10 2018秋の陣SP 2018年9月23日(日曜日) 23:00 - 23:55
  • アーティストの壁」を越えろ! とけこみ選手権
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろキャンパスの人選手権
  • 流行語大賞の壁」を越えろ! ブレイク芸人選手権2018
有吉の壁11 新春早々45人の芸人が挑む
初笑い!初出し!初なりきり祭り!
2019年1月2日(水曜日) 23:00 - 翌0:25
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろテレビ局の人選手権
  • なりきりの壁」を越えろ! 有名人になって勝手におもしろ隠し芸選手権
  • 流行語大賞の壁」を越えろ! ブレイク芸人選手権
有吉の壁
第2回
若手予選会
ゴールデンの壁を越えろ! 若手予選会 2019年10月1日(火曜日) 1:39 - 2:09
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろショッピングモールの人選手権
有吉の壁12 次世代笑いの新星は誰だ!?
爆笑新企画も続々…最強お笑い祭り!
2019年10月2日(水曜日) 21:00 - 22:54
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろスカイツリーの人選手権
  • なりきりの壁」を越えろ! ご本人登場選手権
  • 笑点』の壁」を越えろ! 笑電!!
  • 流行語大賞の壁」を越えろ! ブレイク芸人選手権2019
有吉の壁13 新春SP 2020年1月5日(日曜日) 22:30 - 23:25
  • 一般人の壁」を越えろ! おもしろ東京ドームシティの人選手権
  • 伝説のネタの壁」を越えろ! 令和バージョンアップ選手権

レギュラー版[編集]

放送日時はスペシャル回を除いて、毎週水曜日 19:00 - 19:56。

出演者[編集]

MC
アシスタント
ナレーター

過去の出演者[編集]

アシスタント

ゲスト[編集]

五十音順。名前の後の()数字は特番での出演回、[]数字はレギュラー放送での出演回、(予)は「若手予選会」を示す。「次世代芸人・先輩の壁」の呼称は特番時代のもの。太字はレギュラー芸人[注 4][注 5]

次世代芸人

若手予選会(本選合格者は次世代芸人の項目)

先輩の壁

ゲスト(芸人以外)

ネット局[編集]

『有吉の壁』(レギュラー放送)ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 水曜 19:00 - 19:56 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[12]
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) フジテレビ系列 不定期放送 遅れネット

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • 企画・総合演出:橋本和明
  • 構成:鮫島雄一郎水島昆袖ヶ浦正三[13]中村元樹、斉川宜希
  • ナレーター:桐谷蝶々
  • TM:佐藤勝義
  • SW:松嶋賢一、早川智晃
  • カメラ:早川智晃、遠山眞史、海野亮、荻野高康、髙野信彦、千葉譲司
  • AUD:宮川康一、藤岡絵里子、安楽修平
  • 照明:藤山真緒、千葉雄、井口弘一郎
  • VE:川平貴之
  • モニター:ジャパンテレビ
  • 美術プロデューサー:葛西剛太、櫻場千尋
  • デザイン:熊崎真知子、松尾実可子
  • 美術協力:日本テレビアート
  • CGデザイン:藤井彩人
  • CG:安田朝実(NiTRO
  • 編集:木村有宏
  • MA:櫻井伸二
  • 技術協力:NiTRO、Zeta、エスユー
  • 音効:今野直秀、鈴木信行
  • 協力:太田プロダクション
  • デスク:小原麻美
  • TK:竹島祐子
  • AD:安藤翔太、加賀南海、原ー紀、石澤弘希、渡邊岬、中野嵐、大岡美由奈、大久保薫子、清野翔太郎
  • AP:加藤和恵、増田沙織、高橋久直、加納成人、長沼大貴、濱本理子
  • ディレクター:大井章生、鈴木大二郎、干場備前、小澤雄一、新目美菜海、三谷三四郎、松本健人、永井ひとみ、鈴木政裕、仁科健人、神野正義、佐伯直哉、熊田周平、五島孝、渡井祐貴、石川由佳、岸秀徳、丸谷敬典
  • 演出:本田拓也、千葉博史、森田隆行、田中雄大、前田大輔
  • プロデューサー:横澤俊之/河野安治、牛山亜紀子、佐藤友美、須藤大介、渡辺紘子、石原由季子、竜円徹、磯見美佐子
  • 統括プロデューサー:秋山健一郎
  • チーフプロデューサー:横田崇
  • 制作協力:日企極東電視台テレバイダーZION
  • 製作著作:日本テレビ

特番時代[編集]

第13回時点
  • 企画・演出:橋本和明(以前は企画・監修)
  • 構成:そーたに、樅野太紀、谷口マサヒト
  • ナレーター:桐谷蝶々
  • TM:佐藤勝義
  • SW:松嶋賢一
  • VE:池田祐一郎
  • カメラ:千葉譲司、早川智晃、荻野高康
  • AUD:宮川康一、藤岡絵里子、三石敏生
  • 照明:井口弘一郎
  • モニター:ジャパンテレビ
  • 美術プロデューサー:葛西剛太
  • デザイン:熊崎真知子
  • 美術協力:日本テレビアート
  • CGデザイン:藤井彩人
  • CG:安田朝実(NiTRO)
  • 編集:木村有宏
  • MA:櫻井伸二
  • 技術協力:NiTRO、Zeta、エスユー
  • 音効:今野直秀、鈴木信行
  • 協力:太田プロダクション
  • デスク:近藤由衣
  • TK:竹島祐子
  • AD:安藤翔太、岡本真樹、細谷優帆、吉田雅彦、竹内遥香
  • AP:加藤和恵、加納成人
  • ディレクター:本田拓也、千葉博史、干場備前、小澤雄一、山外翼、大井章生、森田隆行
  • プロデューサー:横澤俊之/河野安治、佐藤友美、須藤大介(以前はAP)
  • 統括プロデューサー:秋山健一郎
  • チーフプロデューサー:横田崇
  • 制作協力:日企、極東電視台
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ・特番時代[編集]

  • 演出:水嶋陽、森山琢哉
  • 構成:板倉輝
  • ナレーター:小林俊夫
  • TM:望月達史
  • SW:渡辺滋雄
  • VE:飯島友美、岩原正明、鈴木裕美
  • カメラ:神尾淳、西阪康史、遠山眞史
  • 音声:石川由紗
  • AUD:寺田恭子
  • 照明:江川斉、下平好実
  • 編集:今田隆之、伊藤和幸
  • 技術協力:ヴイ・ビジョンスタジオスウィッシュ・ジャパンザ・チューブ
  • AD:伊藤洋平、松本貴嗣、岡庭麻里、松本尚也、寺下和貴、浅井康史、土屋友貴、岸まみこ、鶴田彩奈恵、田中美奈、稲垣恵美理、高野俊樹、小林早希
  • AP:高橋沙里、海老澤友美子、小室良太、竹内美妃、徳永勝也、二瓶朱美
  • ディレクター:韮澤隆人、蔭山志歩、加藤哲也、吉原千絵、花田康平、貝瀬芳和、高木悟、永井ひとみ、満冨洋隆、元木秀和、清田知宏、大石正通、森屋聖司、高木梨奈、加藤昌之、三村正典、尾籠美佳、西山嘉昭、新目美菜海、山井貴超、藤野賢宏、鈴木大二郎、小倉卓、板倉裕樹、藤山志歩、田野辺陽平(以前はAD)
  • プロデューサー:町尻具宗、宮太一/江尻直孝、水口智就、柳川剛
  • チーフプロデューサー:遠藤正累

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 回によっては特番時代にカットされたシーンが地上波で初放送されている。
  2. ^ 第2部の途中(22:05)から『有吉の壁VI』を放送。第1部(19:00 - 21:42)の全編と第2部の途中(22:05)までは『エンタの神様』を放送。
  3. ^ 21:45から『有吉の壁IX』を放送。21:45までは『エンタの神様』を放送。
  4. ^ 『有吉の壁』公式サイト、またはhulu限定コンテンツ『有吉の壁に耳あり』でのスタッフの発言より
  5. ^ 『懐かしの壁』の副音声出演も含む
  6. ^ a b c ジャニーズ事務所所属のためHulu版では出演部分カット
  7. ^ a b 諸事情によりHulu版では出演部分カット

出典[編集]

  1. ^ a b "日テレ「有吉の壁」水曜19時でレギュラー化 「衝撃のアノ人に…」は終了". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2020-03-06. 2020年3月6日閲覧
  2. ^ むちゃブリ、アドリブ、大喜利「有吉の壁」を越えられるか』お笑いナタリー、2015年4月6日
  3. ^ 腹筋崩壊!「有吉の壁」好評、深夜帯も視聴率6%』日刊スポーツ、2015年8月4日
  4. ^ 「有吉の壁」第4弾放送決定!シソンヌ、ゆりやんレトリィバァ、永野ら初登場』お笑いナタリー、2016年3月15日
  5. ^ チョコプラ松尾、IKKOモノマネに自信「憑依してる」』オリコン、2016年12月23日
  6. ^ 「有吉の壁」レギュラー化決定!毎週30人以上が参加、常連組も新鋭も』お笑いナタリー、2020年2月8日
  7. ^ a b 『有吉の壁』名物ロケ企画が3ヶ月ぶり復活 安村も充実感「ほとんどスベリましたが」”. ORICON NEWS. 2020年6月23日閲覧。
  8. ^ a b Inc, Natasha. “「有吉の壁」SPで久々の外ロケ、安村「ほとんどスベりましたが楽しかったです!」” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月23日閲覧。
  9. ^ a b PRESS RELEASE「発表!2020年5月度ギャラクシー賞月間賞」”. 放送批評懇談会. 20200622閲覧。
  10. ^ a b c 『プラチナイト』放送。
  11. ^ 当番組直後に放送される『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』にもアシスタントとして兼任している。
  12. ^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局でもあるが、テレビ朝日系列の一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビの公式ウェブサイト上でも単独ネット扱い。
  13. ^ 裏番組を担当してる為、別名義でクレジットされている。
日本テレビ系列 水曜日 19:00 - 19:56
前番組 番組名 次番組
有吉の壁
(2020年4月8日 - )
-