有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
愛称 サンドリ
ジャンル バラエティ番組
放送方式 原則生放送
場合により録音放送
放送期間 2010年4月4日 -
放送時間 毎週日曜 20:00 - 21:55(115分)
制作 ジャパンエフエムネットワーク
ネットワーク JFN
パーソナリティ 有吉弘行
ディレクター 辻慎也
公式サイト 公式サイト
特記事項:
20:55 - 21:00に『JFNニュース』を放送
(または別番組を放送)。
局によっては飛び乗り・飛び降り放送があり。
テンプレートを表示

有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(ありよしひろゆきのサンデーナイトドリーマー)は、2010年4月4日からJFN系列で放送されている有吉弘行がパーソナリティのラジオ番組バラエティ番組)。放送時間は毎週日曜 20:00 - 21:55[1]。番組制作はジャパンエフエムネットワーク(JFNC)。通称「サンドリ」。

番組概要[編集]

  • 有吉にとっては、ピン芸人として初めての冠ラジオ番組。また、現在有吉のレギュラー冠番組の中で、最も古くから続いている。
  • 番組名はザブングルがパーソナリティを担当していた前番組『SUNDAY NIGHT FEVER』から引き継いでいる。
  • 番組は有吉と月替わりのアシスタントパーソナリティとのフリートークと、リスナーからのメールや募集しているコーナーへのメール紹介を中心に進行される。不定期にゲストが出演する。
  • 放送は原則生放送だが、有吉やゲストのスケジュール等の関係で年に数回録音放送が行われる。
  • 番組へのメールは投稿フォーム[2]でのみ受け付けているが、農家を営むリスナーからすだちが送られて来たり[3]、拘置所で勾留中のリスナーから検閲が入り黒塗りされたお便りが送られて来ることがある。[4]プリンターの故障等の理由で過去に数回だけFAXでメッセージを募集した事がある。
  • この番組のリスナーのことは「ゲスナー」と呼ばれている。著名人のゲスナーも多く、モデルの髙橋ひかる、ラグビー選手の畠山健介、総合格闘家の長谷川賢、モデルの筧美和子、女優の高橋メアリージュンはこの番組のゲスナーである[5]。ゲスナー同士はSNSを介しての交流が深く、常連ネタ採用者によるオフ会が定期的に開催されていてる。[6]また有吉が「監視」と称してゲスナーのツイッターアカウントを一定期間フォローする事がある。
  • ゲスナーからの投稿の大半が下ネタ、悪口、妄言で構成された内容であり、芸能人への罵詈雑言も多い。しかし、ある特定の芸能人の悪口は禁止されている。[7]
  • 番組内での有吉の発言が度々ネット記事となり、有吉自身が放送中に触れる事がある。有吉は自身の発言をネット記事にする記者を「焼きごて記者」と呼んでいる。[8]
  • 6月最終週もしくは7月1週目の番組冒頭にRNげすざわから送られて来る、上半期の放送内容をまとめたメールを読むのが恒例となっている。
  • 12月には、ゲスナーから年間を通して印象に残った有吉の扮したキャラクターを募集。その中から大賞を決める「サンドリキャラクターまつり」が行われる。
  • 有吉はこの番組のことを「名前を言ってはいけないラジオ」と称している。[9]
  • 番組冒頭には「太田プロの真珠、広島が生んだ快男児、軍人ロックスター、有吉弘行でございます」と自己紹介する。2021年1月10日放送分では有吉自身でそれぞれの肩書きについて以下のように説明した。            
太田プロの真珠」、東洋の真珠と言われたデヴィ夫人。太田プロ内で有吉はデヴィ夫人のような輝きを放っている。
広島が生んだ快男児」、広島県出身の本当に気持ちの良いさっぱりとした、俺の空に出てくるような男らしい男。快活で器がでかい男。 
軍人ロックスター」、軍人のような厳しい規律とロックスターのような自由さを兼ね備えた男。有吉曰く纏めると『情緒不安定な人間』。

アシスタント[編集]

太田プロダクションの所属芸人が週ごとの交代制で担当している。 年末に行われるアシスタント総選挙(人気投票)で優勝すると1~3ヶ月間アシスタントをすることができる(後述)。番組終了後にアシスタントのみでアフタートークの収録を行い、数時間後AuDeeで配信される。

これまでのアシスタント一覧[編集]

出禁[編集]

アシスタントは有吉の機嫌を損ねると出禁出入禁止)を通告される事がある[13](一発で出禁を言い渡される場合もあるが「イエローカード」等の発言で警告されることもある)。
ただし、多くの場合出禁は期限付きであり、無期限の出禁となったケースは今のところ内藤正樹(ブラックパイナーSOS)のみ(飲み会での上島竜兵に対しての態度が悪かったから)。

アシスタント選抜総選挙[編集]

2011年1月から11月までは月替わりアシスタント制だったが、同年12月に行われたリスナー投票によるアシスタント総選挙でデンジャラス安田が最多得票を獲得し2012年1月から3月までアシスタントを務めた(投票受付期間中の12月は、過去のアシスタントが週替わりで担当した)。
2012年の総選挙からはこれまでコンビとして出演していた芸人も個人ごとでのエントリーとなった(前年の総選挙で最低得票を得た風藤松原のみコンビ名義でエントリー)。
2017年の総選挙では1ヶ月以上アシスタントを務めた「A1」、それ未満、過去に出演していた、電話のみの出演の「A2」に分割し、初の2部制を実施。
総選挙の中では毎年、20時台の前半の最後に近藤真彦愚か者を流している。
2019年11月24日放送分にて、本家のAKB総選挙が終了したことに伴い、アシスタント総選挙も今年度から行わない(終了)事が有吉の口から発表された。

結果[編集]

コーナー[編集]

ゲスト出演等の都合で行われなかったり順序が前後したりする場合もある。

現在のコーナー[編集]

20時台[編集]

すっきりしないニュース[編集]
先週日曜日から放送日までの1週間にあった芸能ニュースなどを紹介しながらトークを展開する。そこでの有吉の発言が、翌日(月曜日)のスポーツ新聞で取り上げられることも多い。
街の賢者[編集]
「アイツこんなこと言ってました リターンズ」の後継企画。リスナーが街の賢者[14] となり、世間の色んな人に対して説教をする、前コーナー同様芸能人のテレビやSNSなどの発言への悪口が多い。

21時台[編集]

日記[編集]
「弔辞・祝辞」同様世間をあまり知らない有吉がリスナーが書いた日記を紹介するコーナーである。
アガるー!→キュンキュン[編集]
世の中の様々な行為の中でアガる瞬間を募集するコーナー。前にあった「有吉のそれわかるー!」に近いが、有吉が「アガるー!」か「わかるー!」かは最後に判断する。
回を追うごとに過激なネタが増えてきたため、「アガらない」「初心に帰る」という理由で2020年3月15日放送分より「キュンキュン」にリニューアルした。
短歌のコーナー[編集]
リスナーから短歌を募集し、紹介するコーナー。最初は「川柳のコーナー」としてデンジャラスの安田が提案したが、有吉がニュース番組で歌人の萩原慎一郎を知り、短歌の方がいいと言ったため変更した。
よかったぞ![編集]
リスナーがもしとある職業などについていたら、どうなっていたのかを教えるコーナー。2019年9月1日放送で有吉が自分がモデルやシンガーソングライターだったら、むちゃくちゃなことをしていたと発言したことから生まれたコーナーである。
今週の桑田[編集]
2021年2月開始。読売ジャイアンツに桑田真澄がコーチとして復帰したことから、桑田真澄の日々を想像して投稿するコーナー。元木大介が登場するネタが多い。隔週で行っているコーナー。やらない週では珍謀論を行っている。
珍謀論[編集]
2021年2月開始。世の中の珍妙な陰謀論をこじつけにより「自分の好きなものを自由に登場させ」EDMにのせて紹介するコーナー。隔週で行っているコーナー。やらない週では今週の桑田を行っている。

不定期コーナー[編集]

コソトーーク!(子育てトーク )[編集]

アシスタントが平子・新妻ペアの時のみに行われるコーナー。妻子持ちの平子と新妻に子育てに関する質問をリスナーから募集する。コーナーの最初に有吉がコーナータイトルを「コソトーーク!」と呼ぶが、そこを平子が「子育てトーク」と言い直すことがお決まりとなっている。

TOMOHIRO English[編集]

タイムマシーン3号の関太こと、関智大に関する英単語とその訳をリスナーから送ってくるコーナー。必ず関の愛車である「ビッグスクーター」を単語に入れなければいけない。
このコーナーがスタートしたのは2017年5月7日の放送にて、関の愛車であるビッグスクーターを有吉からいじられたことから始まり、その後リスナーからビッグスクーターと英単語をかけたメールが好評だったためレギュラー化した。しかし関がアシスタントを担当する5月限定のコーナーで、コーナーとコーナーの間での箸休め的扱いのミニコーナーともいえる。関がアシスタントとなった、2018年3月に一時的に復活して関が着ていた服である「ブッカ」をイジるアレンジも入れていた。

オタクのコーナー[編集]

リスナーからオタクに関する質問をしてオタクでおなじみの松崎と和賀に答えてもらうコーナー。

サンドリークス[編集]

主にゲストが来た回に行われる。ゲストが今まで言った発言等をリスナーが報告する、いわば「アイツこんなこと言ってました」のゲスト版。コーナー名はウィキリークスのもじり。

不謹慎一恵[編集]

デンジャラス安田考案のコーナー。不謹慎一恵さんが「不謹慎」だと感じていることを募集している。メールの出だしは「『不謹慎だ!』 で始まり、(不謹慎だと思う事)を述べて、シメは『不謹慎!不謹慎!!』」で終了。現在は、有吉の采配で2軍のコーナーとされている。復活の時期は不明。

女子![編集]

アシスタントが安田の時のみに行われるコーナー。女子の気持ちが分からない安田に、女性リスナーから「女子の今」について教えてもらうコーナー。男性のなりすましは厳禁とのことだが、ゲスナーがラジオネームを少し変えて(女子よりによせて、安田が元のラジオネームを言う)投稿してくる。その際、一通り、女子のことを教えた後は、安田の悪口ネタへ転じる(最近では安田が殺されるネタが多い)。かつて2014年2月から7月まで行われていたコーナーであったが、2017年初頭にて復活して、安田がアシスタントを担当する月には番組最後のコーナーとして行っている。

終了したコーナー[編集]

ゲスト一覧放送回[編集]

ノベルティグッズ[編集]

2011年7月から、投稿されたメールの中から有吉が面白いと思ったものや強い感銘を受けたもの、有吉を上機嫌にさせたものなどには「パン」と呼ぶポイントを進呈する制度が導入された。「パン」進呈の多さはその日の有吉の機嫌によるため、多く与えられる日もあれば全く出ない日もある。稀に一通の投稿に2個ないし3個のパンが与えられることもある。パンを進呈する際には有吉が「あげましょう」という旨の発言をして『パンッ』と効果音が鳴らされる。ポイントに応じて、様々なノベルティグッズを貰うことができる。グッズは以下の通り。

  • クマタングッズ(2011年7月〜2015年)
若槻千夏のブランドであるW♥Cのグッズ。パンが10個溜まるとプレゼントされる。「パン」導入直後から4年ほど続いたプレゼントで、現在は終了している。
  • ステッカー(2013年2月〜)
番組特製のステッカー。パンを進呈された人は無条件で貰うことができる。ステッカーは数種類存在するが、有吉が特に気に入った投稿には「エンジェル有ちゃん」という特別なステッカーが送られる。エンジェル有ちゃん進呈時には、特有の効果音が入る。2021年6月13日の放送内でエンジェルのステッカーデザインが変更になる事が発表された。
  • サイン色紙(2015年6月〜)
有吉直筆のサイン色紙。前述の「エンジェル」のステッカーを5枚貯めた人にプレゼントされる。
  • マグカップ(2016年2月〜)
W♥Cのブランドキャラクター「クマタン」と有吉をコラボさせたデザインのマグカップ。有吉がその日、最も印象に残ったメールの投稿者にプレゼントされる。

使用楽曲[編集]

  • オープニング 「1000 Cigarettes」 - MSTRKRFT
  • フリートーク1 「We Are Your Friends」 - Justice vs. Simian
  • フリートーク2 「Zdarlight」 - DIGITALISIM
  • フリートーク3 「Jupiter Room」 - DIGITALISIM
  • フリートーク4 「sundown river (I am Robot and Proud Remix)」 - DE DE MOUSE
  • フリートーク5 「Electric Disco」 - Plump DJs
  • 21時台オープニング 「Red Alert」 - Basement Jaxx
  • ジングル1 「It Ain't Love (feat. Lil' Mo)」 - MSTRKRFT
  • ジングル2 「Magnets」 - DIGITALISIM
  • ジングル3 「Last Chance」 - JET
  • CMフィラー 「Millenium Skyway」 - Kiss The Sky presented by Paul Hardcastle
  • エンディング 「Kerouac」 - SUGIURUMN

スタッフ[編集]

  • 構成:高井均、福田卓也
  • プロデューサー :マスダ
  • ディレクター:辻慎也
  • ミキサー:スズキ
  • アシスタントディレクター:やまかわますみ(有吉からたまに「ズンズラー」と呼ばれている。)
  • アシスタントプロデューサー:カワクボ

ネット局[編集]

  • 以下の情報は2021年7月現在。
  • radikoプレミアム[17]に登録すれば、全国どこからでも聴取可能である。かつてはドコデモFM・WIZ RADIOでも全国からの聴取が可能であった。
  • 番組自体の放送が日曜日にあたることから、局主催のイベントやスポーツ中継(野球・サッカー・マラソンなど)、特別番組放送につき、当番組の前半または後半を、ないしは全編を休止することがある。
  • 全て毎週日曜の放送で、放送時間の早い順から記載。
  • エフエム東京(TOKYO FM)や特別加盟局のInterFM897では一貫して放送していないが、前者については番組中の発言がネットニュースとなる際は、前者の局のネット番組でないにも関わらず、その局が運営するニュースサイト「TOKYO FM+」に記事が投稿される。
  • 20:55の手前に、飛び降り局へ配慮して「一部の地域はお別れです」と言って有吉・アシスタントが名前を言った後「聞ける地域の方は引き続き」と挨拶して締めている。21:00からの飛び乗り局はないが、21時台冒頭にも改めて挨拶を挿入している。

現在[編集]

放送対象地域 放送局名 放送時間 中断 備考
岩手県 エフエム岩手(FM IWATE) 20:00 - 21:55 20:55:JFNニュース [18][19]
秋田県 エフエム秋田(AFM) 20:55:AFMさきがけニュース [20]
山形県 エフエム山形(Rhythm Station) 20:55:西口のレコ屋から
福島県 エフエム福島(ふくしまFM) 20:55:JFNニュース [21]
群馬県 エフエム群馬(FM GUNMA) 20:55:NEWS [22]
栃木県 エフエム栃木(RADIO BERRY)
新潟県 エフエムラジオ新潟(FM-NIIGATA) 20:55:Power Play [23]
長野県 長野エフエム放送(FM長野) 20:55:FM長野ニュース
富山県 富山エフエム放送(FMとやま) 20:55:JFNニュース [24]
福井県 福井エフエム放送(FM FUKUI)
岐阜県 エフエム岐阜(FM GIFU) [25]
三重県 三重エフエム放送(レディオキューブ FM三重) [26]
滋賀県 エフエム滋賀(e-radio) [27]
島根県鳥取県 エフエム山陰(V-air) 20:55:V-airニュース
高知県 エフエム高知(Hi-Six) 20:55:JFNニュース [28]
佐賀県 エフエム佐賀(FMS) 20:55:FM佐賀ニュース
宮崎県 エフエム宮崎(JOY FM) 20:55:JFN NEWS
青森県 エフエム青森(AFB) 20:00 - 20:55 - [29]
石川県 エフエム石川(HELLO FIVE) [30]
徳島県 エフエム徳島(FM TOKUSHIMA) [31]
長崎県 エフエム長崎(FM Nagasaki) [32]
大分県 エフエム大分(Air-Radio FM88) [33]
鹿児島県 エフエム鹿児島(μFM) [34]

過去[編集]

放送対象地域 放送局名 放送終了日
熊本県 エフエム熊本(FMK) 単発放送[35]
大阪府 エフエム大阪(FM大阪) 2012年9月30日
広島県 広島エフエム放送(HFM) 2015年3月29日
山口県 エフエム山口(FMY) 2017年3月26日
香川県 エフエム香川(FM香川) 2017年12月31日
岡山県 岡山エフエム放送(FM OKAYAMA) 2018年9月28日

脚注[編集]

  1. ^ ただし、20:55 - 21:00は『JFNニュース』(放送局によっては5分枠の扱いは異なる)を放送。ネット局でも放送局が個別に特別番組枠を設ける場合があり、その場合、時間短縮または放送休止となる。
  2. ^ メールフォームの送信画面|JFN”. ssl2.jfn.co.jp. 2021年6月1日閲覧。
  3. ^ https://twitter.com/ariyoshihiroiki/status/1284857824527265792” (日本語). Twitter. 2021年6月6日閲覧。
  4. ^ 有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER|2021.4.11” (日本語). AuDee(オーディー). 2021年6月7日閲覧。
  5. ^ “高橋ひかる、熱すぎる“ラジオ愛”を告白 パンサー向井「度肝抜かれる」”. マイナビニュース (株式会社マイナビ). (2020年7月17日). https://news.mynavi.jp/article/20200717-1159059/ 2021年2月2日閲覧。 
  6. ^ https://twitter.com/gesges_snd/status/1110549196761788416” (日本語). Twitter. 2021年6月6日閲覧。
  7. ^ 有吉弘行、三谷幸喜と中村獅童は『サンドリ』を聴いているため「悪口禁止」となっていると改めて明言「このラジオのルール」” (日本語). ラジサマリー (2019年10月6日). 2021年6月6日閲覧。
  8. ^ この呼び方には「焼きごてを当てられながら仕方なく記事を書いている」という皮肉が込められてる。
  9. ^ 有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER|2021.2.14” (日本語). AuDee(オーディー). 2021年6月1日閲覧。
  10. ^ その時、おかもとはスタジオ外から度々参加していた。
  11. ^ 2011.03.13
  12. ^ 別名:「マテ茶ボーイ」、「とっとり三郎」、「からだ元気」 などがある。
  13. ^ 指原莉乃HKT48移籍問題により3ヶ月の出禁となっている(2012年6月17日放送分)
  14. ^ ブルーシーター、ダンボーラー、ワンカッパーと呼ばれている
  15. ^ 番組内では「ヒップホッパー」と呼称する場合もあった。
  16. ^ 2021.1.3
  17. ^ 2020年9月以降は、全てのネット局において、radikoでの聴取が可能になった。
  18. ^ 2010年10月に放送開始。「長渕剛 RUN FOR TOMORROW 〜明日に向かって〜」の放送に伴い2011年4月 - 9月、2012年7月 - 2013年3月にそれぞれ休止していた。他にも特別番組編成で休止の日が多い。
  19. ^ 2015年10月からフルネットへ移行。
  20. ^ 2017年12月31日に一旦打ち切っていたが、2020年4月5日に放送再開。
  21. ^ 「長渕剛 RUN FOR TOMORROW 〜明日に向かって〜」の放送に伴い2011年4月 - 9月、2013年4月 - 2014年3月はそれぞれ休止していた。
  22. ^ 2013年4月からフルネットへ移行。
  23. ^ 2014年4月に放送開始。かつては20:30 - 21:55→21:00 - 21:55に放送していた。2018年10月よりフルネットで放送。
  24. ^ 2020年4月に放送開始。
  25. ^ 2017年12月31日に一旦打ち切っていたが、2020年4月5日に放送再開。2021年3月までは20:00 - 20:55に放送していた。
  26. ^ 放送開始 - 2010年9月は20時台のみネット、同年10月 - 12月は20:00 - 21:30の放送だった。不定期に20:30あるいは21:00からの放送になる。
  27. ^ 2017年12月まではフルネットで放送。
  28. ^ 2011年4月 - 9月は放送休止していた。
  29. ^ 「長渕剛 RUN FOR TOMORROW 〜明日に向かって〜」の放送に伴い2011年4月 - 9月は休止していた。2015年1月4日からは21時台も21:30 - 21:55で放送開始。2018年1月より現在の放送時間。
  30. ^ 2010年4月 - 2011年3月はフルネットで放送していたが、同年4月 - 2013年3月は放送休止していた。
  31. ^ 半年限定の開局記念番組の放送に伴い2012年10月 - 2013年3月は放送休止していた。
  32. ^ 2014年3月30日に一旦打ち切っていたが、2020年10月4日に放送再開。
  33. ^ 放送開始 - 2012年3月は20時台のみネット、2012年3月 - 2017年12月はフルネット。
  34. ^ 2016年以降6月 - 8月は自社制作番組『JACKKKK HOUR!』放送により放送休止。2013年4月 - 2016年5月はフルネットでの放送だった。
  35. ^ 2011年4月3日のみ放送した。
JFN系列 日曜 20:00 - 21:55
前番組 番組名 次番組
SUNDAY NIGHT FEVER
(2008.10.5 - 2010.3.28)
有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
(2010.4.4 - )
-