有地亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有地 亨(ありち とおる、1928年(昭和3年)8月9日 - 2006年(平成18年)7月22日)は、日本民法学者。専門は家族法九州大学名誉教授。聖心女子大学名誉教授。法学博士弁護士鳥取県鳥取市出身。

略歴[編集]

学会・社会的活動[編集]

日本法社会学会理事、比較家族史学会副会長、日本家族(法と社会)学会理事、福岡家庭裁判所家事調停委員、同参与員、九州地方鉱業協議会委員、RKB番組審議会委員長、福岡国税局土地評価審議会委員、九州大学出版会常任理事等を歴任。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『家族制度研究序説――フランスの家族観念と史的展開』(法律文化社〈学術選書〉、1966年)
  • 『婦人の地位と現代社会』(法律文化社、1971年)
  • 『近代日本の家族観 明治篇』(弘文堂、1977年)
  • 『フランスの親子・日本の親子』(日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1981年)
  • 『家族法の判決・審判案内』(弘文堂、1982年)
  • 『日本の親子二百年』(新潮社〈新潮選書〉、1986年)
  • 『離婚!?――する幸せ・できない不幸せ』(有斐閣〈有斐閣選書〉、1987年)
  • 『家族法概論』(法律文化社、1990年/改訂版、1994年/新版、2003年/新版補訂版、2005年)
  • 『家族は変わったか』(有斐閣〈有斐閣選書〉、1993年)
  • 『新家族法の判決・審判案内』(弘文堂、1995年)
  • 『日本人のしつけ――家庭教育と学校教育の変遷と交錯』(法律文化社、2000年)

編著[編集]

  • 『家族関係学講義』(弘文堂、1978年/新版補正版、1995年)
  • 『現代家族の機能障害とその対策――少年非行・離婚・老人問題の実態調査と分析』(ミネルヴァ書房、1989年)
  • 『現代家族法の諸問題』(弘文堂、1990年)

共著[編集]

  • (植木とみ子)『日本の家族――身の上相談に見る夫婦、百年の変遷』(海鳥社、2008年)

共編著[編集]

  • (老川寛)『離婚の比較社会史』(三省堂、1992年)

論文[編集]

判例評釈[編集]

書評[編集]