有屋田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 有屋田町
有屋田町
—  町丁  —
町域内を通る鹿児島県道40号伊集院蒲生溝辺線
有屋田町の位置(鹿児島県内)
有屋田町
有屋田町
座標: 北緯31度40分15.9秒 東経130度27分4.3秒 / 北緯31.671083度 東経130.451194度 / 31.671083; 130.451194
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 郡山地域
人口 (2010年(平成22年)2月末現在)
 - 計 187人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 891-1107

有屋田町(ありやだちょう Ariyada-Chō)は、鹿児島県鹿児島市町名。旧日置郡伊集院郷有屋田村、日置郡下伊集院村大字有屋田、日置郡郡山町有屋田郵便番号は891-1107。人口は187人、世帯数は81世帯(2010年2月末現在)[1]

地理[編集]

鹿児島市の北西端部、神之川上流域に所在する。町域の北方には鹿児島市郡山岳町、南方には日置市伊集院町中川、日置市伊集院町麦生田、西方には日置市伊集院町上神殿、東方には鹿児島市西俣町がそれぞれ接している。

神之川沿いに水田が開け、その付近を南北に鹿児島県道40号伊集院蒲生溝辺線が通っており、その付近に集落が多く所在する[2]

歴史[編集]

下伊集院村における有屋田(紫色)の位置

成立から町村制施行まで[編集]

有屋田という地名は室町期より見え、薩摩国満家院のうちの名田名であった。有屋田を治めることとなった伊集院氏一族の麦生田義久の次男忠房は有屋田氏を名乗った。有屋田氏は慶長5年に日向高岡郷(現在の宮崎市高岡町)に移された[3]

江戸時代は薩摩国日置郡伊集院郷(外城)のうちであった。村高は「天保郷帳」では335石余、「旧高旧領」では289石余であった[3]

町村制施行以後[編集]

1889年(明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、江戸期の伊集院郷の北部の区域より下伊集院村が成立し、それまでの有屋田村は下伊集院村の大字「有屋田」となった。

1956年(昭和31年)には下伊集院村が伊集院町、東市来町、日吉町及び郡山村に分割編入されることとなり、大字有屋田は下伊集院村大字嶽(現在の郡山岳町)と共に郡山村と合併し、郡山町が成立し、大字有屋田は郡山町の大字となった[3]

2004年(平成16年)に郡山町が鹿児島市に編入されたのに伴い、それまでの大字有屋田は鹿児島市の町名「有屋田町」となった[4]

施設[編集]

里岳簡易郵便局
郵便局
  • 里岳簡易郵便局
寺社
  • 南方神社
温泉
  • 神之川温泉

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[5]

町丁 番・番地 小学校 中学校
有屋田町 全域 鹿児島市立郡山小学校 鹿児島市立郡山中学校

交通[編集]

道路[編集]

県道

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 Archived 2010年6月9日, at the Wayback Machine. - 鹿児島市ホームページ。
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.1060 角川書店
  3. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 p.80 角川書店
  4. ^ 『郡山郷土史』 pp.436-437 - 鹿児島市教育委員会 2006年
  5. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年7月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯31度40分15.9秒 東経130度27分4.3秒