有明 (札幌市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 北海道 > 札幌市 > 清田区 > 有明
有明
有明の位置(札幌市内)
有明
有明
有明の位置
有明の位置(北海道内)
有明
有明
有明の位置
北緯42度56分5.3秒 東経141度25分18.6秒 / 北緯42.934806度 東経141.421833度 / 42.934806; 141.421833
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 清田区
町名制定 1944年昭和19年)[1]
面積
 • 合計 32.99386km2 (12.73900mi2)
人口
2017年(平成29年)1月1日現在[WEB 1]
 • 合計 142人
 • 密度 4.3/km2 (11/mi2)
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
004-0821
市外局番 011[WEB 2]
ナンバープレート 札幌
面積は人口統計ラボによる[WEB 3]
地図

有明(ありあけ)は、北海道札幌市清田区にある地名。

地理[編集]

有明は隣接する南区滝野と並んで滝が多い[4]。滝野周辺は約4万年前に支笏湖を形成した火山からの火砕流堆積物が厚く、その一部は溶結凝灰岩となっている[5]。強溶結の部分は堅くて川の下方浸食を受けにくいので、やわらかい火山灰地層との境目で高低差ができ、滝が形成される。その滝が強溶結を削りながら後退していく過程で、川の本流と支流の合流点を越えると、本流に加えて支流にも新たに滝ができる。一帯に滝が多いのはこうした理由によると考えられる[6]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

篠路屯田兵給与地として開拓され、公有地とされていた土地であること、豊平町の東部に位置していることに由来するという[1]

「公有地」の「有」に、「明るい」イメージを加えて命名された[WEB 4]

沿革[編集]

主な施設[編集]

略地図
1
札幌市立有明小学校
2
有明神社
3
札幌ふれあいの森
4
ツキサップゴルフクラブ
  • 札幌市立有明小学校[7]
  • 有明神社[7]
  • 札幌ふれあいの森
  • ツキサップゴルフクラブ

教育[編集]

通学区域

交通[編集]

主要道路[編集]

交通機関[編集]

北海道中央バス福住駅福住バスターミナル)や大谷地駅大谷地バスターミナル)などへ運行。路線詳細は北海道中央バス大曲営業所を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

WEB[編集]

  1. ^ 札幌市 (2017年3月15日). “人口統計” (日本語). 札幌市. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 1. 2015年3月27日閲覧。
  3. ^ 北海道札幌市清田区” (日本語). 人口統計ラボ. 2016年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 札幌市清田区 - 各地区の概況
  5. ^ 北海道教育庁新しい高校づくり推進室 (2014年10月28日). “道立高等学校の通学区域について 別表(第1条関係) (PDF)” (日本語). 北海道教育委員会. 2015年3月27日閲覧。
  6. ^ 札幌市教育委員会生涯学習部学校施設課 (2012年5月17日). “清田区中学校” (日本語). 札幌市. 2015年3月27日閲覧。
  7. ^ 札幌市教育委員会生涯学習部学校施設課 (2013年10月1日). “清田区小学校” (日本語). 札幌市. 2015年3月27日閲覧。

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 1 北海道 上巻』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1987a(日本語)。ISBN 4-04-001011-6。
  • 角川日本地名大辞典 1 北海道 下巻』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1987b(日本語)。ISBN 4-04-001012-4。
  • 前田寿嗣『歩こう!札幌の地形と地質』北海道新聞社、2007年5月10日。ISBN 978-4-89453-410-0。
  • 青木由直『札幌の秘境』北海道新聞社、2009年6月15日。ISBN 978-4-89453-507-7。