有木宗一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
有木 宗一郎
マルクス経済学
生誕 1929年 (84–85歳)
中華人民共和国の旗 中国大連市
研究機関 下関市立大学
國學院大學
下関商業短期大学
母校 神戸大学
テンプレートを表示

有木 宗一郎(ありき そういちろう、1929年 - )は、日本の経済学者

来歴[編集]

大連生まれ。1947年広島県福山市へ引き揚げ。1954年神戸大学経済学部卒、同助手、1972年『ソ連経済の研究』で一橋大学社会学博士下関商業短期大学助教授、1962年國學院大學経済学部助教授、教授、下関市立大学教授、96年定年退官。

著書[編集]

  • 『社会主義経済計画論』日本評論社 1965
  • 『ソ連経済の研究 1917-1969年』三一書房 1972
  • 『戦後日本経済の発展 歴史的背景,構造と展望』三嶺書房 1988
  • 『革新の開発経済学』大学教育出版 2002
共著
  • 『経済計画論』尾上悦三共著 世界書院 経済学叢書 1980

翻訳[編集]

  • A.J.メレット, G.バンノック『経営と統計 経営計画・需要予測・市場調査』ダイヤモンド社 1964
  • O.ランゲ『最適決定論 プログラミングの原理』岩田昌征共訳 合同出版 1970

参考[編集]

  • 有木宗一郎先生略歴・業績目録 下関市立大学論集 1996-01
  • 『戦後日本経済の発展』著書紹介