有木林子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有木 林子
出生名 吉国 一己
別名 有己 林子
出身地 日本の旗 日本広島県
ジャンル J-POP
ポピュラー音楽
職業 作詞家
活動期間 1983年 -
共同作業者 崎谷健次郎

有木 林子(ゆうき りんこ、本名:吉国 一己 よしくに かずみ)は、日本の作詞家である。一時期、「有己 林子」と表記していたこともある[1]

来歴[編集]

シンガーソングライター・音楽プロデューサーである崎谷健次郎の高校時代からの知人である。作詞曲の多くが崎谷への提供曲である[2]

提供曲[編集]

「HALF MOON」「St.ELMO's FIRE」「7th.AVE.」「WITH」「THE FLESH」「ラベンダーの中で」「夏の午后」「6月・絵と君と」「水に眠る」「不安定な月」「千の扉」「JewerlyよりもMemory」「I Waana Dance」「Till The End Of Time」「Black Star」「SATELLITE OF LOVE」「Close To Me」「風を抱きしめて」「KISS OF LIFE」「原色の花」
「きよしこの夜」

脚注[編集]

  1. ^ 崎谷がソロデビューする以前に活動していたバンド・VIZIONのアルバム『PSYCHOTIC CUBE』の作詞曲にクレジットされている。
  2. ^ 『Special Comments Of KENJIRO SAKIYA Complete Best"LOVE BALLADS"』「WITH」(moonlighting 2003年3月19日発行)