有機塩基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

有機塩基(ゆうきえんき、Organic base)は、塩基として用いられる有機化合物を指す呼称である。プロトンを受容するブレンステッド塩基を指す場合が一般的。

有機塩基として用いられる化合物の多くは窒素原子を含むアミンあるいは複素環式化合物で、窒素上に容易にプロトンを受容してアンモニウムなどのカチオン(共役酸)となる。ピリジントリエチルアミンなどは反応溶媒を兼ねて用いられることがある。

フォスファゼン誘導体や Verkade塩基など、リンをプロトン受容中心とする有機塩基も用いられる。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
渡辺二郎 麻木久仁子 伊織涼子 高瀬耕造 星野源 五十嵐潤 市原悦子 米津玄師 谷隼人 満島ひかり 横山ノック 松本若菜 桜庭あつこ 羽賀研二 村木厚子 松岡きっこ 梅宮アンナ ドナルド・トランプ 満島真之介 坂下麻衣
「有機塩基」のQ&A
1  有機化学 塩基性の強さについて
2  有機化学の塩基性
3  有機酸の酸性あるいは塩基性(pKa)について…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について