有機塩基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

有機塩基(ゆうきえんき、Organic base)は、塩基として用いられる有機化合物を指す呼称である。プロトンを受容するブレンステッド塩基を指す場合が一般的。

有機塩基として用いられる化合物の多くは窒素原子を含むアミンあるいは複素環式化合物で、窒素上に容易にプロトンを受容してアンモニウムなどのカチオン(共役酸)となる。ピリジントリエチルアミンなどは反応溶媒を兼ねて用いられることがある。

フォスファゼン誘導体や Verkade塩基など、リンをプロトン受容中心とする有機塩基も用いられる。

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
伊藤綾子 竹田恆和 三宅弘城 羽賀研二 烈車戦隊トッキュウジャー ピエール瀧 竹財輝之助 深田恭子 西野カナ 田中みな実 仮面ライダーフォーゼ 浦えりか 高杉晋作 永山絢斗 松原智恵子 佐藤みき 坂下麻衣 セイン・カミュ 中村倫也 横浜流星
「有機塩基」のQ&A
1  有機化学 塩基性の強さについて
2  有機化学の塩基性
3  有機酸の酸性あるいは塩基性(pKa)について…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について