有田ジェネレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
有田ジェネレーション
別名 有ジェネ
ジャンル バラエティ番組
構成 木南広明、坂田至
演出 岡田純一
司会者 有田哲平くりぃむしちゅー
出演者 小峠英二バイきんぐ)他
ナレーター シオマリアッチ
※以前は有ジェネファミリーのメンバーが交代で担当
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 田村恵里
川澄博雄(MP)
編集 沖野浩平(エスユー
製作 TBSテレビ
放送
放送チャンネル TBSテレビ
映像形式 16:9
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年5月10日 - 放送中
放送分 30分
公式ウェブサイト
月曜深夜時代(第1期)
放送期間 2016年5月10日 - 9月27日
放送時間 火曜 1:58 - 2:28(月曜深夜)
放送分 30分
回数 19
水曜深夜時代(第1期)
放送期間 2016年10月6日 - 2017年3月
放送時間 木曜 1:18 - 1:48(水曜深夜)
放送分 30分
水曜深夜時代(第2期)
放送期間 2017年4月 - 9月27日
放送時間 木曜 0:58 - 1:28(水曜深夜)
放送分 30分
水曜深夜時代(第3期)
放送期間 2017年10月4日 - 2019年3月27日
放送時間 木曜 1:28 - 1:58(水曜深夜)
放送分 30分
月曜深夜時代(第2期)
放送期間 2019年4月22日 -
放送時間 火曜 0:58 - 1:28(月曜深夜)
放送分 30分
番組年表
前作 有田チルドレン
テンプレートを表示

有田ジェネレーション(ありたジェネレーション)は、TBS系列で放送されているバラエティ番組

概要[編集]

2015年9月まで同じくTBS系列で放送されていた『有田チルドレン』の後継番組としてスタート。前身番組の『有田チルドレン』と同じくオーディション形式の番組である。

有田哲平くりぃむしちゅー)が、埋もれているネクストジェネレーションを発掘すべくオーディションを実施し、合格者には「有田ジェネレーション」の称号が与えられる。毎回オーディションテーマがあり、スカウトマンの小峠英二バイきんぐ)が複数の該当芸能人[注 1]を紹介し、出場者は「PPR(ポテンシャルPR)」をする[注 2]

出演者[編集]

御大(MC)
進行
  • 小峠英二バイきんぐ)- 出場者が見るに堪えない程お粗末またはグダグダな芸を披露すると、ネタ中であろうが怒鳴り込みながらステージに上がって激しくツッコむ[注 3]
有ジェネファミリー[注 4](レギュラー)
  • ジェラードン - にしもとの彼女からの相談を受けて、キングオブコントで決勝へ進出できなければ解散することを約束するも、準々決勝で敗退。解散か彼女と別れるかをにしもとが決断できず、有ジェネファミリーのメンバーが代わりの罰を提案するなど何度も話し合いを重ねた結果、当時の有ジェネファミリーに有田・小峠・田中卓志アンガールズ)を加えた全員とそれぞれが得意とするジャンルのクイズで対決することになった。結果勝ち越すことができずクビとなったが桐野安生と下克上で勝利し、レギュラーに復帰した。その後の『センター争奪ガチンコネタバトル』では晴れて勝利、有ジェネファミリーのセンターとなる。
  • ネルソンズ - 『第1回シャッフルネタバトル』にて唯一ピンで出場した岸が勝利。
  • ダニエルズ
  • 納言 - 薄幸が女性ゲストに抱く印象を一言で表すのが恒例。
  • SAKURAI - レギュラー生き残りネタ総選挙で85点未満になり研究生に降格、レギュラー入りからわずか3週間の事だったが『有ジェネ研究生下克上ネタバトル』でシオマリアッチと下克上で勝利し、レギュラーに復帰した。
  • フランスピアノ - ダニエルズとの下克上にて、有田の判定により研究生へ加入が決定。そして『有ジェネ研究生下克上ネタバトル』でTOKYO COOLと下克上で勝利し、レギュラーに昇格した。
  • ユーマ - 「合格だが無期限謹慎」と言い渡されたため出演はしていない。のちに一度、新宿2丁目の仲間であるYASU-CHIN・ぴーちゃんと共にユニット『モンスターシスターズ』を組んで出演するも再び謹慎となった。
有ジェネ研究生(準レギュラー)
  • わらふぢなるお - レギュラー生き残りネタ総選挙で85点未満になり研究生に降格。
  • 桐野安生 - クビになったジェラードンと下克上で敗れ入れ替えでクビとなるも、レギュラー生き残りネタ総選挙に飛び入りで参加して80点を獲得し、レギュラーに復帰した。しかし年末のレギュラー生き残りネタ総選挙で85点未満になり研究生に降格。
  • フカミドリ - レギュラー生き残りネタ総選挙で85点未満になり研究生に降格。
  • シオマリアッチ - ファンキージェネレーションのオーガナイザー。2019年8月26日放送分にて仮レギュラーへと降格され『有ジェネ研究生下克上ネタバトル』でSAKURAIに下克上で敗れ、研究生に入れ替えで降格。
  • TOKYO COOL(元・全力じじぃ)- 『有ジェネ研究生下克上ネタバトル』でフランスピアノに下克上で敗れ、研究生に入れ替えで降格。
  • 鈴木バイダン(オドるキネマ) - りゅうたろうとのコンビ『パンプキンショートケーキ』(元・やわら)として出演し、レギュラー生き残りネタ総選挙で85点未満になり研究生に降格。そして解散によりりゅうたろうがメンバーから外れ、研究生には鈴木のみ残る。
  • ヒコロヒー - ダニエルズとの下克上にて、有田の判定により研究生へ加入が決定。
過去の出演者

以上4組は「公開オーディション in桜美林大学」の結果不合格、卒業となった。

  • せつこ - 下克上で敗れ、クビになる。
  • ザ☆忍者 - 解散により山脇充がメンバーから外れ、たもつ君は有田ジェネレーションズに残ったが脳みそ夫に下克上で敗れ、入れ替えとなった。
  • 鶏あえず - 西原大樹が起こした不祥事により、合格したもののオンエアではカットされた。その後コンビは解散し西原は芸能界を引退するも、相方の渡久山敬士はのちに大原優一(ダンビラムーチョ)・グリフォン國松・しょーこ(元・ブービー☆マドンナ)・太田隆司(いぬ)らと組んだTRFものまねユニット『イージードゥダンサーズ』として出演を果たしている。
  • ジョイマンヒロシ - 2組とも一度合格したものの、ヒロシが「キャンプに行ける時間が少なくなるのでレギュラーにしてくれなくてもいい」と言い出したので「連帯責任」として2組共々合格を取り消された。

「有ジェネ!夏のサバイバルフェス2017 〜クビになるのは誰だ!?灼熱のネタ総選挙〜」の結果、松陰寺太勇・シオマリアッチ・もりせいじゅ・どんぐりたけしがクビとなったがシオマリアッチは敗者復活で脳みそ夫に勝ったため残留、脳みそ夫がクビとなった。

  • ゆにばーす - 企画のひとつであるファンキージェネレーションの内容で番組スタッフと意向が合わず、2018年5月16日の放送を最後に辞退。後日、川瀬名人がツイッターで降板を発表した[1](5月30日よしログにて詳細を語る)。
  • コネオ・インターナショナル(元・川井)- 下克上で敗れ、クビになる。のちに後輩のいかちゃんとコンビを組んで出場するがレギュラーには復帰できず。
  • まんぷくフーフー - レギュラー生き残りネタ総選挙で80点未満になりクビとなった。
  • イヌコネクション - レギュラー生き残りネタ総選挙で80点未満になりクビとなった。
  • ゆーびーむ☆ - レギュラー生き残りネタ総選挙で80点未満になりクビとなった。
  • インディアンス - 2019年10月21日放送の再試合芸人下克上ネタバトルにて全力じじぃに敗れ不合格、卒業となった。

再試合待機中の出場者

2020年8月現在。

地獄のアングラ芸人

放送リスト[編集]

2019年(平成31年→令和元年)
放送日
(TBS)
放送内容 ゲスト 備考
129 1月9日 よゐこ濱口激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
濱口優(よゐこ)
<出場者>
ガール座奇天烈オムレツ
たべごろピーチ餅田コシヒカリ駆け抜けて軽トラ
130 1月16日 ジェラードンが負け越したらクビ!
レギュラー生き残りを賭けてガチクイズバトル
田中卓志(アンガールズ)
131 1月23日
132 1月30日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
吉村崇(平成ノブシコブシ)、田本詩織
<出場者>
蛾野正洋、ジェラードン、はまこ・テラこ
133 2月6日 ユニット芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
吉村崇(平成ノブシコブシ)、田本詩織
<出場者>
イージードゥダンサーズ、いかちゃんと川井、
ふとふと(ふとっちょ☆カウボーイ&satomi)、
妖怪客ふやし(あぁ〜しらき&モダンタイムス)
134 2月13日 サンドウィッチマン激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
サンドウィッチマン、水野マーフィー波奈
<出場者>
あぁ~しらき、仲松隆志(ディープインパクト)、
ヤマメ、わらふぢなるお
135 2月20日 ファンキージェネレーション <審査員>
サンドウィッチマン、水野マーフィー波奈
<出場者>
カミナリ
136 2月27日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
陣内智則、水野マーフィー波奈
<出場者>
ジェラードン、ぺこぱ、餅田コシヒカリ(駆け抜けて軽トラ)
審査の結果ジェラードンが勝利し下克上に桐野安生を指名、
その結果ジェラードンがレギュラーに復活し桐野安生は入れ替えでクビ
137 3月6日 実験的トーク企画
ちょっと聞いてもらっていいですか?
永野
138 3月13日 レギュラー生き残りネタ総選挙 <審査員>
田中卓志(アンガールズ)、小森隼&中務裕太GENERATIONS from EXILE TRIBE
<出場者>
いかちゃんと川井、イヌコネクション、インディアンス、桐野安生、
ジェラードン、シオマリアッチ、ダニエルズ、ネルソンズ、
ぺこぱ、まんぷくフーフー、 ゆーびーむ☆、わらふぢなるお
<ナレーター>
ハリウッドザコシショウ
139 3月20日
140 3月27日
141 4月22日 センター争奪
ガチンコネタバトル
<審査員>
陣内智則、秋元真夏乃木坂46
<出場者>
インディアンス、桐野安生、ジェラードン、
シオマリアッチ、ダニエルズ、ネルソンズ
ジェラードンがセンターに決定
142 4月29日 中毒性高め
キャラ強すぎ芸人オーディション
<審査員>
飯尾和樹ずん)、秋元真夏(乃木坂46)
<出場者>
ジャンゴ、電氣ブラン、納言、やわら
納言とやわらが即レギュラー入り
143 5月6日 有ジェネ小会議
メンバーのバラエティ適性能力チェック
陣内智則
144 5月13日 中澤P激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
中澤滋紀(ハリウッドザコシショウ)、
小森隼&中務裕太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
<出場者>
や団、にたりひょん吉、べっこちゃん
審査の結果にたりひょん吉が勝利し、下克上で指名された桐野安生が
元レギュラーのゆーびーむ☆をネタに登場させるという
重大なペナルティを犯した為「再試合」と判定される
145 5月20日 超刺激的ユニット芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
吉村崇(平成ノブシコブシ)、伊原六花
<出場者>
ステゴンダ(牧野ステテコ&リクロジー)、モンスターシスターズ、
BAD×TEN(ツネ(2700)&ウエスP&デッカチャン&
三須友博(元・ガリバートンネル)&赤枝卓(元・オバアチャン)&
三戸キャップ(THE GREATEST HITS))
146 5月27日 ひとクセある音ネタ芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
永野、小森隼&中務裕太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
<出場者>
TEAM近藤スクールゾーン、Groovy Rubbish
147 6月3日 若者に刺さりたいコント芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
コロコロチキチキペッパーズ、西野未姫
<出場者>
青色1号しゃかりきザ・マミィ
148 6月10日 ファンキージェネレーション <審査員>
コロコロチキチキペッパーズ
<出場者>
さらば青春の光
149 6月17日 狩野英孝激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
狩野英孝、西野未姫
<出場者>
モグライダー、スタンダップコーギー、カナメストーン
150 6月24日 新感覚漫才芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
狩野英孝、Dream Ami
<出場者>
ナミダバシ、秀正、ひよしなかよし
151 7月1日 一か八かのぶっ飛びキャラ芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
陣内智則、Dream Ami
<出場者>
ぽんぽこ、ひかるぶんどき、スルメ
152 7月15日 地獄のアングラ芸人
三つ巴ネタバトル
<審査員>
陣内智則、北原里英
<出場者>
スルメ、桐野安生、ビッグボーナスよもぎだ(ジェラードン西本)
153 7月22日 アート芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
飯尾和樹(ずん)、中井りかNGT48
<出場者>
TOKU、蓮華、ヤポンスキーこばやし画伯
154 7月29日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
飯尾和樹(ずん)、中井りか(NGT48)
<出場者>
ザ・マミィ、にたりひょん吉、スタンダップコーギー
にたりひょん吉と桐野安生の試合は「無効試合」と判定される
155 8月5日 古坂大魔王激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
古坂大魔王、北原里英
<出場者>
三遊亭とむオキシジェン、全力じじぃ
156 8月12日 X-GUNさがね激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
さがね正裕(X-GUN)、Dream Ami
<出場者>
スペシャルワンアイドル鳥越ビックボーイズ
157 8月19日 地獄のアングラ芸人
三つ巴ネタバトル2nd
<審査員>
陣内智則、Dream Ami
<出場者>
スルメ、桐野安生、ビッグボーナスよもぎだ
158 8月26日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
田中卓志(アンガールズ)、須田亜香里SKE48
<出場者>
ザ・マミィ、スタンダップコーギー
159 9月3日 ナイツ激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
ナイツ、須田亜香里(SKE48)
<出場者>
銀兵衛、中津川弦、フカミドリ
審査の結果フカミドリが勝利し下克上にやわらを指名、
その結果「両者合格」となりフカミドリがレギュラー入り
160 9月16日 大阪芸人が殴り込み!
下克上ネタバトル
<審査員>
吉村崇(平成ノブシコブシ)、足立梨花
<出場者>
チェリー大作戦、プードル、天才ピアニスト
161 9月23日 地獄のアングラ芸人
三つ巴ネタバトル3rdインパクト
<審査員>
吉村崇(平成ノブシコブシ)、黒沢かずこ森三中
<出場者>
スルメ、桐野安生、ビッグボーナスよもぎだ
162 10月7日 緊急企画!キングオブコント2019
ファイナリスト芸人ネタバトル
<審査員>
どぶろっく
<出場者>
空気階段、わらふぢなるお、ビスケットブラザーズ、ネルソンズ
審査の結果わらふぢなるおが勝利し即レギュラー入り、
元々レギュラーだったネルソンズは
「やっと軍団からファイナリストが出てきて
夢を見させてくれた」という有田の意向によって残留
162 10月21日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
武井壮、黒沢かずこ(森三中)
<出場者>
全力じじぃ、蓮華
163 10月28日 クロちゃん激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
クロちゃん安田大サーカス)、いとうあさこ
小森隼&中務裕太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
<出場者>
ソノヘンノ女、河邑ミク、ふわふわ
164 11月4日 大阪芸人が殴り込み!
下克上ネタバトル
<審査員>
ケンドーコバヤシ、小森隼&中務裕太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
<出場者>
エンペラー、エルフ、コウテイ
165 11月11日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
ケンドーコバヤシ、久間田琳加
<出場者>
ザ・マミィ、天才ピアニスト
166 11月18日 地獄のアングラ芸人
三つ巴ネタウォーズ EpisodeⅣ
~新たなる希望~
<審査員>
田中卓志(アンガールズ)、谷まりあ
<出場者>
スルメ、桐野安生、ハードパンチャーよしき(ネルソンズ和田)
167 11月25日 敏腕マネージャー激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
向井慧パンサー)、谷まりあ
<出場者>
モンローズ、SAKURAI、田中上野
審査の結果SAKURAIが勝利し下克上にジェラードンを指名、
その結果「両者合格」となりSAKURAIがレギュラー入り
168 12月2日 緊急企画!芸人改名サミット 古谷有美TBSアナウンサー 芸人が改名するか否か、また改名が決まった場合の芸名を合議制によって決める企画。
全力じじぃが「コンビ名がしっくり来ない」という理由で賛成が多数だったため
新たなコンビ名がグループごとに考えられ
ネルソンズ考案の『THE TOKYO COOL』から
“THE”を取った『TOKYO COOL』に、
やわらが「コンビ名を覚えてもらえない」という理由で賛成が過半数を超え
小峠考案の『パンプキンショートケーキ』に改名した。
また、ダニエルズも「トリオ時代からこのグループ名を引きずっている」
という理由で改名を申し出るが賛成が1人だけだったので却下された。
169 12月9日 歳末レギュラー生き残りネタ総選挙 <審査員&見届け人>
池田美優、吉村崇(平成ノブシコブシ)、陣内智則
<出場者>
シオマリアッチ、桐野安生、納言、ジェラードン、
ダニエルズ、SAKURAI、ネルソンズ、TOKYO COOL、
フカミドリ、パンプキンショートケーキ、わらふぢなるお
<ナレーター>
ハリウッドザコシショウ
パンプキンショートケーキとTOKYO COOLは
改名して以降初めてのネタ披露
170 12月16日
2020年(令和2年)
放送日
(TBS)
放送内容 ゲスト 備考
SP 1月1日 1時間SP
有田とマツコがコント師のネタの世界に入ったら…
<見届け人>
マツコ・デラックス
<コント師>
バイきんぐ、ジェラードン、納言、ネルソンズ、
TOKYO COOL、桐野安生、わらふぢなるお
有田とマツコのTBSでの共演は『有田とマツコと男と女』以来6年振り、
小峠の相方西村瑞樹はこの回で初出演
171 1月6日 ファンキージェネレーション <審査員>
コロコロチキチキペッパーズ、北乃きい
<出場者>
プラス・マイナス
172 1月13日 第2回敏腕マネージャー激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
コロコロチキチキペッパーズ、北乃きい
<出場者>
じぐざぐ、ヒコロヒー、ぼる塾
173 1月20日 アングラ芸人2020
下克上ネタバトル
<審査員>
ケンドーコバヤシ、E-girls
<出場者>
ガロイン街裏ぴんく、ムラムラタムラ
審査の結果ムラムラタムラが勝利、下克上にシオマリアッチを指名するも
「アングラと王道の対決をどんな目線で見ればいいのか」と指摘が出た為、
ムラムラタムラはアングラ本選への出場権を獲得、シオマリアッチは残留
174 1月27日 有ジェネ研究生
レギュラー復帰を賭けた下克上ネタバトル
<審査員>
ケンドーコバヤシ、楓(E-girls)
<出場者>
桐野安生、SAKURAI、パンプキンショートケーキ、
フカミドリ、わらふぢなるお
審査の結果SAKURAIが勝利、下克上に最初はジェラードンを指名するも
有田と小峠の説得によってシオマリアッチに変更した結果
SAKURAIがレギュラーに復帰、シオマリアッチは研究生に入れ替えで降格
175 2月3日 金の卵を発掘!
テレビ初出演の養成所芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
ダイアン、久間田琳加
<出場者>
オーラス、おくだん家、サディスファクション渋谷、
紫電、ジョニーヘンドリクス、SLEEZE BLACK、
茶々、ヒゲヅラマンボウ、むげん、夕雲オレンジ
審査の結果有田とゲストの票が一票ずつ割れた為
「該当者なし」と判定されるも、
出場者全員が養成所卒業後に卒業祝いとして再エントリーの資格を得る
176 2月10日 第1回有ジェネファミリー
シャッフルネタバトル
<審査員>
陣内智則、今泉佑唯
<出場者>
朝食いらず(TOKYO COOL・カンカン&納言・安部&SAKURAI)、
ハピネスーズ(ダニエルズあさひ&ジェラードン海野&納言・薄幸)、
ベストフレンド(ジェラードンかみちぃ&ネルソンズ和田)、
劇団グッピー(TOKYO COOL・前すすむ&ダニエルズ望月&
ネルソンズ青山&ジェラードン西本)、
ニック冨永(ネルソンズ岸)
177 2月17日 地獄のアングラ芸人
ネタウォーズ EpisodeⅤ
~りーもこの逆襲~
<審査員>
陣内智則、今泉佑唯
<出場者>
スルメ、桐野安生、ムラムラタムラ
178 2月24日 めざせ!地獄のアングラ芸人
ニューカマーオーディション
<審査員>
ダイアン、久間田琳加
<出場者>
けんじ・あいどんのう(パンプキンショートケーキ鈴木)、
滝沢コブラ(わらふぢなるお・ふぢわら)、
部屋の中せまし(フカミドリ矢巻)、
ドヴォルザーク小宮山(シオマリアッチ)
審査の結果滝沢コブラが合格しアングラ本選への出場権を獲得、
ドヴォルザーク小宮山はネタの途中で音が飛び強制終了となった
179 3月2日 緊急企画!今、売れかけている
SAKURAI&ムラムラタムラのことを
もっと知ってみよう!
<プレゼンター>
桐野安生
<見届け人>
カズレーザー(メイプル超合金)、堀田茜
<出場者>
SAKURAI、ムラムラタムラ
終盤、ムラムラタムラの勢いに終始押されながらも
ジェラードンにしもとが入籍を発表
180 3月9日 カズレーザー激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
カズレーザー(メイプル超合金)、鈴木奈々
<出場者>
三日月マンハッタンキュウ、フランスピアノ
審査の結果フランスピアノが勝利し下克上にダニエルズを指名、
その結果フランスピアノは研究生入りが決定、ダニエルズは残留
181 3月16日 色んな賞レースチャンプ芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
カズレーザー(メイプル超合金)、丸山桂里奈
<出場者>
金魚番長ランジャタイエイトブリッジ
182 3月23日 有ジェネ研究生
レギュラー復帰を賭けた下克上ネタバトル2nd
<審査員>
小沢一敬(スピードワゴン)、村重杏奈HKT48
<出場者>
桐野安生、パンプキンショートケーキ、
フカミドリ、わらふぢなるお、シオマリアッチ
183 3月30日 アングラ芸人総出演
地獄度ランキングベスト10
<出場者>
ビッグボーナスよもぎだ、けんじ・あいどんのう、
ドヴォルザーク小宮山、部屋の中せまし、
ハードパンチャーよしき、滝沢コブラ、
ニック冨永、桐野安生、スルメ、
ムラムラタムラ
184 4月13日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
小沢一敬(スピードワゴン)、野崎萌香
<出場者>
コウテイ、スタンダップコーギー
二組とも下克上にダニエルズを指名し三つ巴となった結果、
「この三組のまま再試合」と判定された
185 4月20日 有ジェネファミリーのことをもっと知って
今度こそムラムラタムラのことを知ってみよう!
<プレゼンター>
桐野安生
<見届け人>
ケンドーコバヤシ、楓(E-girls)
<出場者>
安部紀克(納言)、ムラムラタムラ
本来ならジェラードン海野がプレゼンターの予定だった
186 4月27日 第3回!有ジェネ研究生
レギュラー復帰を賭けた下克上ネタバトル
<審査員>
ケンドーコバヤシ、楓(E-girls)
<出場者>
桐野安生、パンプキンショートケーキ、フカミドリ、
わらふぢなるお、フランスピアノ、シオマリアッチ
187 5月4日 売れっ子芸人
有ジェネ出てたよねSP
<出場者>
ぺこぱ、ハナコ、ガンバレルーヤ、3時のヒロイン、
ANZEN漫才、りんごちゃん、おかずクラブ、メイプル超合金
後半の4組は有田チルドレンからの初出演
188 5月11日 ファンキージェネレーション
ベストバウトSP
<出場者>
霜降り明星、ダイアン
189 5月18日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
小沢一敬(スピードワゴン)、野崎萌香
<出場者>
ランジャタイ、ジェラードン
有田と小沢が審査を放棄、野崎による審査の結果
「再試験」の判定が下された
190 5月25日 問題児芸人大集合!
愛と怒りの小峠劇場SP
<出場者>
ランディー・ヲ様、ルミか、ドリュー・バリネコ、かんちゃま、
ジェラードン、松陰寺太勇(ぺこぱ)、スルメ、桐野安生
番組初のお蔵入りになった桐野安生の密着ドキュメントも放送
191 6月2日 ミュータントアングラ芸人
リモート生態調査
<審査員>
田中卓志(アンガールズ)
<出場者>
ミツコ(ジェラードンかみちぃ)、
ミノル(SAKURAI)、暗井夜子(納言・薄幸)、
ビッグバーン!館(TOKYO COOL・前すすむ)、
ダニー斎藤(ダニエルズあさひ)、
コンボイ(ジェラードンにしもと)
審査の結果、ミツコがアングラ本選への出場権を獲得
192 6月8日 地獄のアングラ芸人
オールスター大集合SP
<審査員>
田中卓志(アンガールズ)
<出場者>
滝沢コブラ、ニック冨永、桐野安生、スルメ、ムラムラタムラ
193 6月15日 第4回有ジェネ研究生
レギュラー復帰を賭けた下克上ネタバトル
<審査員>
かまいたち神部美咲
<出場者>
桐野安生、フカミドリ、わらふぢなるお、フランスピアノ、シオマリアッチ
194 6月22日 かまいたち激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
かまいたち、伊原六花
<出場者>
アイロンヘッド蛙亭
195 6月29日 再試合芸人下克上ネタバトル
&お笑い筆記試験
<審査員>
小沢一敬(スピードワゴン)、野崎萌香
<出場者>
ヒコロヒー、ダニエルズ、ランジャタイ、ジェラードン
196 7月13日 第2回ミュータントアングラ芸人
リモート生態調査
<審査員>
小沢一敬(スピードワゴン)、河合郁人A.B.C-Z
<出場者>
鈴子(鈴木バイダン)、アイムソーリー小林(ネルソンズ和田)、
なんでやねんおじ産(TOKYO COOL・カンカン)、
ジャスティン・ガガ(ふとっちょ☆カウボーイ)、
なかよしこよし(ジェラードンにしもと)、愛吉(納言・安部)
審査の結果、鈴子がアングラ本選への出場権を獲得
愛吉は最後までネタを披露できず辞退となる
197 7月20日 再試合芸人
下克上ネタバトル
<審査員>
田中卓志(アンガールズ)、堀田茜
<出場者>
ダニエルズ、コウテイ、スタンダップコーギー
198 7月27日 冠企画争奪
プレゼンバトル
<審査員>
田中卓志(アンガールズ)、北村優衣
<出場者>
フランスピアノ(ラジオ最初トーク選手権)、
ジェラードン(スタッフアンケートクイズ)
199 8月3日 第2回かまいたち激推し芸人!
下克上ネタバトル
<審査員>
かまいたち、河合郁人(A.B.C-Z)
<出場者>
蛙亭、クロスバー直撃
200 8月10日 第3回ミュータントアングラ芸人
リモート生態調査
<審査員>
濱家隆一(かまいたち)、堀田茜
<出場者>
ポルコ寺内、富士額子、石川さ油淋鶏、
ルモス羅偉、喧嘩っぱや男、挑戦者クスノキ

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2016年5月10日 - 火曜0:58 - 1:28(月曜深夜)[8] 制作局
愛媛県 あいテレビ(itv) 火曜0:58 - 1:28 (月曜深夜) 同時ネット
福岡県 RKB毎日放送(RKB) 2016年7月27日 - 水曜 1:55 - 2:25(火曜深夜) 遅れネット
広島県 中国放送(RCC) 2016年8月9日 - 火曜 1:20 - 1:50(月曜深夜)
近畿広域圏 毎日放送(MBS) 2018年1月12日 - 月曜1:25 - 1:55(日曜深夜)
富山県 チューリップテレビ(TUT) 2019年4月 - 金曜 1:40 - 2:10(木曜深夜)
岡山県・香川県 RSK山陽放送[9]
(RSK)
2019年7月6日 - 土曜(金曜深夜) 0:50 - 1:20[10]
中京広域圏 CBCテレビ(CBC) 2020年4月12日 - 土曜0:20 - 0:50(金曜深夜)[11]

過去のネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 備考
宮城県 東北放送(TBC) TBS系列 2016年7月15日 - 2017年9月29日 金曜 1:00 - 1:30(木曜深夜)
静岡県 静岡放送(SBS) 2016年10月6日 - 2017年3月23日 木曜 2:08 - 2:38(水曜深夜) [12]
熊本県 熊本放送(RKK) 2019年4月8日 - 2020年3月30日 月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜) [13][14]

主なスタッフ[編集]

  • 構成:木南広明、坂田至、狩野考彦
  • ナレーション:※有田ジェネレーションズのメンバーが交代で担当
  • TM:森和哉
  • TD:大蔵聡
  • カメラ:横田研一
  • VE:對間敏文
  • 音声:池田千廣
  • 照明:加藤由美子(ティ・エル・シー
  • 編集:沖野浩平(エスユー
  • CG:大森清一郎
  • MA:中村裕子(エスユー)
  • 音効:藤代広太
  • 美術プロデューサー:木村真梨子
  • 美術制作:鈴木康裕(ジーケン・アート
  • メイク:西村紘美
  • 宣伝:中島聡
  • デスク:堀江知里
  • 編成:寺田裕樹
  • AD:谷口尚輝、市川就人、大谷茉由
  • AP:市川舞子、古舘由美子
  • ディレクター:松村耕平、吉田真人、益田洋平、松本健人
  • 演出:岡田純一
  • 協力プロデューサー:麻生邦浩(以前はプロデューサー)
  • MP:川澄博雄
  • プロデューサー:田村恵里
  • 制作協力:クラフト
  • 制作:TBSテレビ制作局制作2部
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:イタル
  • ナレーション:UZI[15]
  • TM:榎芳栄
  • カメラ:磯野伸吾(極東電視台)、北林良一(T-TEX
  • VE:松橋利行(極東電視台)、田口健太郎(T-TEX)
  • 照明:木戸昭彦(ティ・エル・シー)
  • MA:渡辺佳己(巳)(エスユー)、市川徹
  • 美術プロデューサー:菅原崇
  • メーク:大岩乃里子
  • 協力:cafe ATLANTIS
  • 宣伝:國井応起
  • 編成:田口健介、辻有一、上田淳也
  • AD:白川里菜、菊池桃花、芝隆一
  • AP:森川千理
  • ディレクター:高岡猛、川島優子、武田良一、柳瀬寿明
  • 協力プロデューサー:首藤光典(極東電視台)、中村恵(極東電視台)、坂田栄治
  • MP:酒井祐輔
  • 制作協力:極東電視台

注釈[編集]

  1. ^ 大多数がお笑い芸人だが、芸人ではないアイドルグループが出場したこともある
  2. ^ ネタ披露でウケてもPPRで滑ったことが審査に影響し敗れる出場者が度々いる為、拒否も可
  3. ^ この時に流れるBGMはPRIDEのテーマ
  4. ^ 別名、有田ジェネレーションズ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ゆにばーす 川瀬名人 [@pankshitendayo] (2018年5月27日). "考えるところありまして出演辞退させてもらいました。 ゆえにもう出てません。 あしからず。" (ツイート). Twitterより2018年8月7日閲覧
  2. ^ 0:10 - 0:12に『リオ五輪バレーボール世界最終予選まであと4日』を放送のため、2分繰り下げて放送(2:00 - 2:30)。
  3. ^ 0:10 - 0:12に『リオ五輪バレーボール最終予選 女子熱戦放送中!』を放送のため、2分繰り下げて放送(2:00 - 2:30)。
  4. ^ 0:10 - 0:12に『28日男子開幕!リオ五輪バレーボール最終予選 日本×ベネズエラ』を放送のため、2分繰り下げて放送(2:00 - 2:30)。
  5. ^ 0:10 - 0:12に『今夜7時!リオ五輪バレーボール最終予選 男子 日本×ポーランド』を放送のため、2分繰り下げて放送(2:00 - 2:30)。
  6. ^ NEWS23』が0:20まで時間拡大のため、10分繰り下げて放送(2:08 - 2:38)。
  7. ^ 「有ジェネSP」レギュラー生き残り総選挙、ネタ面白くなければクビ.笑いナタリー
  8. ^ 2016年5月から9月までは、火曜 1:58 - 2:28(月曜深夜)に放送。2016年10月から2017年3月までは、木曜 1:18 - 1:48 (水曜深夜) に放送。2017年4月から9月までは、木曜 0:58 - 1:28 (水曜深夜) に放送。
  9. ^ 2019年3月までは、認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、社名は山陽放送。
  10. ^ 2019年7月6日からネット再開。ネット開始(2017年8月28日)から2018年1月14日までは月曜(日曜深夜) 0:50 - 1:20で放送。
  11. ^ 2020年4月12日 - 4月26日は日曜2:13 - 2:43(土曜深夜)で放送。2020年5月29日 - は現行の時間で放送されている。第172回(TBSテレビ2020年1月6日放送分)よりネット開始。
  12. ^ 第19回から放送。
  13. ^ 第106回(TBSテレビ2018年7月25日放送分)よりネット開始。
  14. ^ 第183回(TBSテレビ2020年3月23日放送分)をもってネット打ち切り。
  15. ^ 2018年1月11日(10日深夜)放送分まで担当。自身の不祥事により降板したため、1月18日(17日深夜)放送分はCORE-BOYが代役を務めた。
TBSテレビ 火曜1:58 - 2:28(月曜深夜)
前番組 番組名 次番組
Boot!・カイモノラボ
※1:58 - 3:50
  • 当番組開始後は30分短縮
有田ジェネレーション
イベントGO!
※1:58 - 2:05
カイモノラボ
※2:05 - 3:50
TBSテレビ 木曜1:18 - 1:28(水曜深夜)
恋んトス(シーズン4)
※1:18 - 1:48
有田ジェネレーション
ふるさとの夢
※0:58 - 1:28
  • 月曜0:50 - 1:20(日曜深夜)から移動
TBSテレビ 木曜1:28 - 1:48(水曜深夜)
恋んトス(シーズン4)
有田ジェネレーション
タビフク。
※1:28 - 1:58
  • 1:53 - 2:23から繰り上げ
TBSテレビ 木曜0:58 - 1:18
有田ジェネレーション
ふるさとの夢
TBSテレビ 木曜1:28 - 1:58(水曜深夜)
タビフク。
  • 30分繰り下げて継続
有田ジェネレーション
TBSテレビ 火曜0:58 - 1:28(月曜深夜)
-
有田ジェネレーション
-