有路下橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
有路下橋
基本情報
日本
所在地 福知山市
交差物件 由良川
建設 1955年
構造諸元
形式 沈下橋
材料 鉄筋コンクリート
全長 142m
4.3m
高さ 約3m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

有路下橋(ありじしもばし)は、京都府福知山市大江町二箇下(にかしも)と三河(そうご)間の由良川に架かる。別名は「三河橋(そうごばし)」で京都府道494号綾部大江線に指定され、増水時には橋が水面下に水没する沈下橋(潜没橋)である。平成25年台風第27号による増水で中央部65mが流失し、通行止めの状態となっていたが[1][2]2015年6月2日に復旧開通した[3]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 橋中央65メートル流失 台風27号、福知山・由良川”. 京都新聞 (2013年10月26日). 2013年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 台風27号影響の増水で大江町三河橋が落下 中央部約半分すっぽり”. 両丹日日新聞 (2013年10月26日). 2013年10月26日閲覧。
  3. ^ "流失の有路下橋、復旧開通へ 京都・福知山、構造変え強度アップ". 京都新聞(2015年5月28日)2015年6月14日閲覧。

関連項目[編集]