有輪条虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有輪条虫 Raillietina cesticillus
分類
: 動物界 Animalia
: 扁形動物門 Platyhelminthes
: 条虫綱 Cestoda
亜綱 : 真性条虫亜綱 Eucestoda
: 円葉目 Cyclophyllidea
: ダベン条虫科 Davaineidae
亜科 : ダベン条虫亜科 Davaineinae
: Raillietina
亜属 : Skrjabinia
: 有輪条虫 R. cesticillus
学名
Raillietina cesticillus (Molin, 1858) Fuhrmann, 1924[1]
和名
有輪条虫

有輪条虫(ゆうりんじょうちゅう、学名Raillietina (Skrjabinia) cesticillus)は、ニワトリウズラシチメンチョウなどの回腸に寄生する条虫の1種。体長は90-160×1.5-2.5mm、中間宿主は糞食性甲虫類であり、濃厚感染例では宿主に下痢や発育障害を引き起こす。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279