有限温度への拡張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有限温度への拡張(ゆうげんおんどへのかくちょう):密度汎関数法は、絶対零度を前提とした理論であり、有限温度での電子状態を正しく求める保証はどこにもなかった。これを有限温度まで取り扱えるように拡張させるアプローチが、有限温度への拡張である。最も初期の試みは、マーミンによるものがある[1]。現在も様々な試行が続いているが、確立された理論は出来ていない。

参考文献

[ヘルプ]
  1. ^ N. D. Mermin, Phys. Rev. 137 (1965) A1441.

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
超星艦隊セイザーX 乳房縛り 和田正人 松本若菜 愛知県立木曽川高等学校 沖田杏梨 滝沢沙織 熊谷真実 T・レックス 小橋めぐみ 羽生結弦 弘兼憲史 ローマン・ゴンサレス シンディ・クロフォード 春日井建 有賀さつき 市來玲奈 小室哲哉 宇野昌磨 こおろぎさとみ
「有限温度への拡張」のQ&A
1  絶対零度
2  現象学の 本質直観を くわしくおしえてくださ…
3  分配関数は存在する?
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について