有限温度への拡張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有限温度への拡張(ゆうげんおんどへのかくちょう):密度汎関数法は、絶対零度を前提とした理論であり、有限温度での電子状態を正しく求める保証はどこにもなかった。これを有限温度まで取り扱えるように拡張させるアプローチが、有限温度への拡張である。最も初期の試みは、マーミンによるものがある[1]。現在も様々な試行が続いているが、確立された理論は出来ていない。

参考文献

[ヘルプ]
  1. ^ N. D. Mermin, Phys. Rev. 137 (1965) A1441.

関連項目