有限温度への拡張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有限温度への拡張(ゆうげんおんどへのかくちょう):密度汎関数法は、絶対零度を前提とした理論であり、有限温度での電子状態を正しく求める保証はどこにもなかった。これを有限温度まで取り扱えるように拡張させるアプローチが、有限温度への拡張である。最も初期の試みは、マーミンによるものがある[1]。現在も様々な試行が続いているが、確立された理論は出来ていない。

参考文献

[ヘルプ]
  1. ^ N. D. Mermin, Phys. Rev. 137 (1965) A1441.

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
陸軍省 (イギリス) アメリカ合衆国国防長官 佳那晃子 武尊 中田敦彦 宮崎あおい 志村けん 安東弘樹 坂下麻衣 ムロツヨシ 田中信夫 小室みつ子 安藤サクラ 平尾誠二 中村獅童 (2代目) 米津玄師 松坂慶子 穂積隆信 新庄剛志 川上麻衣子
「有限温度への拡張」のQ&A
1  無から有が生まれるのか、生まれないのか?(生…
2  絶対零度
3  現象学の 本質直観を くわしくおしえてくださ…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について