有限温度への拡張

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有限温度への拡張(ゆうげんおんどへのかくちょう):密度汎関数法は、絶対零度を前提とした理論であり、有限温度での電子状態を正しく求める保証はどこにもなかった。これを有限温度まで取り扱えるように拡張させるアプローチが、有限温度への拡張である。最も初期の試みは、マーミンによるものがある[1]。現在も様々な試行が続いているが、確立された理論は出来ていない。

参考文献

[ヘルプ]
  1. ^ N. D. Mermin, Phys. Rev. 137 (1965) A1441.

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
畠山みどり タイガー・ウッズ スプー 自省録 前澤友作 白鳥美鈴 ヒルトン 副島萌生 異常肢位 沖田杏梨 剛力彩芽 木戸孝允 川田亜子 瀬戸大也 第100回全国高等学校野球選手権記念大会 大日本帝国陸軍師団一覧 松本穂香 深津映見 オジンオズボーン 秋篠宮佳子
「有限温度への拡張」のQ&A
1  絶対零度
2  現象学の 本質直観を くわしくおしえてくださ…
3  分配関数は存在する?
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について