有馬徳純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
有馬 徳純
時代 江戸時代後期
生誕 文化元年5月1日1804年6月8日
死没 天保8年9月22日1837年10月21日
改名 格次郎(幼名)→蔵人、政裕→徳純
諡号 悠禅
戒名 勇譲院殿咸説宗教大居士
墓所 福井県坂井市丸岡町篠岡の高岳寺
東京都台東区上野の本覚院
官位 従五位下、左衛門佐
幕府 江戸幕府
越前丸岡藩
氏族 榊原氏有馬氏
父母 父:榊原政敦、養父:有馬誉純
兄弟 榊原政令、石河貞大、徳純
正室:修敬院有馬誉純の四女)
側室:今川氏、柴田氏
三浦朗次、鉄之助、男、
幸姫(有馬温純室)[要出典]、娘、娘、
養子:温純

有馬 徳純(ありま のりずみ)は、越前丸岡藩の第6代藩主。晴信系有馬家9代。

文化元年(1804年)5月1日、越後高田藩榊原政敦の四男として生まれる。文政3年(1820年)3月21日、丸岡藩第5代藩主有馬誉純の養子となる。前年、養父誉純は養子一純(実父島津重豪)を離縁していた。同年6月1日、将軍徳川家斉にお目見えする。文政4年12月16日、従五位下左衛門佐に叙任する。文政13年(1830年)4月23日、養父誉純の隠居で跡を継いだ。

天保8年(1837年)9月22日に死去した。享年34。跡を婿養子の温純が継いだ。